アービング・G・タルバーグ賞

アービング・G・タルバーグ賞Irving G. Thalberg Memorial Award)は、アカデミー賞の賞の一つ。

1930年初頭に現在のハリウッドを牽引し、現在のアメリカにおける映画製作システムを確立しながら、1936年に若くして病没したMGMの辣腕プロデューサー、アーヴィング・タルバーグの業績を記念して、第10回1937年)から授与が始まった特別賞で、映画業界に顕著な証跡を挙げたプロデューサーを対象に受賞者が選考される[1]

MGMのルイス・メイヤーはタルバーグを高く評価し、同時に深く嫉妬していた。その彼がタルバーグを祭り上げたのは、映画会社が求めつづける憧れであると同時に、メイヤーのみならずメジャーに君臨する帝王たちの悪評に対して"聖人"を生み出す必要があったからとされる。

選ぶ側も、見る側も期待をしない特別賞であり、ショーとしても盛り上らない[要出典]。そこでマネー・メイカーのクリント・イーストウッドに映画の宣伝を兼ねさせ受賞させたこともある。

スティーヴン・スピルバーグジョージ・ルーカス、フランシス・コッポラなど、監督兼プロデューサーの受賞が多い。

受賞者にはオスカー像ではなく、タルバーグの頭部を形取った彫像ブロンズ像)が贈られる[1]

受賞者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b IRVING G. THALBERG MEMORIAL AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2022年7月7日閲覧。

外部リンク編集