メインメニューを開く

アービング・G・タルバーグ賞Irving G. Thalberg Memorial Award)は、アカデミー賞の賞の一つ。

1930年初頭に現在のハリウッドを牽引し、現在のアメリカにおける映画製作システムを確立しながら、1936年に若くして病没したMGMの辣腕プロデューサー、アーヴィング・タルバーグの業績を記念して、第10回(1937年)から授与が始まった特別賞で、映画業界に顕著な証跡を挙げたプロデューサーを対象に受賞者が選考される。

MGM のルイス・メイヤーはタルバーグを高く評価し、同時に深く嫉妬していた。その彼がタルバーグを祭り上げたのは、映画会社が求めつづける憧れであると同時に、メイヤーのみならずメジャーに君臨する帝王たちの悪評に対して"聖人"を生み出す必要があったからとされる。

選ぶ側も、見る側も期待をしない特別賞であり、ショーとしても盛り上らない。そこでマネー・メイカーのクリント・イーストウッドに映画の宣伝を兼ねさせ受賞させることもある。

スティーヴン・スピルバーグジョージ・ルーカスなど、長年に渡り娯楽性に優れた作品を数多く発表し、また興行的にも優れた業績を残しながらも、アカデミー賞とは縁遠かった映画監督に贈られるようになり、一種の残念賞的な意味合いが強くなっていった。

受賞者編集

出典および外部リンク編集