アーベル (ゲーム会社)

ゲーム会社

株式会社アーベル(Abel Inc.)は、東京都北区に事業所を構えるゲーム制作会社である。1997年12月設立。

株式会社アーベル
Abel Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
114-0013
東京都北区東田端一丁目13番10号
ツインビル田端A3階
設立 1997年平成9年)12月
業種 情報・通信業
法人番号 2011501000097
事業内容 家庭用ゲーム機向けソフトウェアの企画・制作および販売
代表者 代表取締役社長:菅野洋紀
外部リンク 株式会社アーベル 公式サイト (日本語)
テンプレートを表示


目次

概要編集

ゲームクリエイターの菅野ひろゆきが設立した会社である[1]1997年12月に株式会社エルフの取締役を経て、独立した。ブランドAbelより、主にコンシューマゲームソフトの開発・製造・販売を行っている。デビュー作はPlayStation(PS)の「エクソダスギルティー」であり、その後ドリームキャスト(DC)やPlayStation 2(PS2)、PlayStation Portable(PSP)などの様々な家庭用ゲーム機のソフト開発を行っている他、最近は「ミステリートMOBILE」など携帯電話向けコンテンツもリリース。

デジアニメ・コーポレイションと友好関係にありアーベル・グループを構成している[2]。デジアニメ・コーポレイションで開発・発売したタイトルは、株式会社アーベルによってコンシューマゲームへ移植されている。

なお、株式会社アーベルではアダルトコンテンツの開発・販売は行っていない。

作品一覧編集

一般作品・コンシューマーゲーム編集

株式会社アーベル(ブランド:Abel)リリース作品

主な原画スタッフ編集

  • 三鈴めい
  • CARNELIAN
  • bomi
  • 相河大誠
  • 龍牙翔
  • すぎやま現象

備考編集

「ミステリート」、「十次元立方体 サイファー」等、推理系の謎解きが目的のゲームでは「攻略規制ガイドライン」と称し、攻略方法を載せているサイトに「ゲームの核心を突く(ネタバレ)記述(犯人明記)」等をしないように呼びかけている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集