メインメニューを開く

アーリントンパーク競馬場

アーリントンパーク競馬場(アーリントンパークけいばじょう , Arlington Park Race Track)は、アメリカ合衆国イリノイ州アーリントンハイツにある競馬場アーリントンミリオンステークスを開催する競馬場として知られる。

概要と歴史編集

アーリントンパーク競馬場があるアーリントンハイツは、イリノイ州の大都市シカゴから近く、またシカゴ・オヘア国際空港にも近いことからシカゴの観光地のひとつとして親しまれている。

1927年の開設以来、積極的に新しい設備の導入を行っている競馬場でもある。電子式のオッズ掲示板拡声器による実況中継写真判定用カメラやゲート式発馬機などを初めて取り入れたのもアーリントンパークであった。また、1981年に世界初の「100万ドル競走」となったバドワイザーミリオンステークス(現在のアーリントンミリオンステークス)を創設した。

1985年、小規模の火災が起こり、メインスタンドとクラブハウスを完全に破壊した。しかしその後に再建されたスタンドは、とても素晴らしいと好評を得た。[1]

しかし、競馬人気の低迷やスタンドの火災事故などもあって、競馬場は何度か所有者を転々とすることになり、1998年1999年の2年間は開催を休止している。その後チャーチルダウンズ社の所有となって、2000年より開催は再開されている。

2002年にはブリーダーズカップを開催している。

コース編集

楕円形の左回りコース。直線は約313.3メートル。

2007年から、ダートコースに全天候型馬場用素材を導入している。

  • ダートコース(外周)
1周1マイル1ハロン(9ハロン・約1800メートル)
  • 芝コース(内周)
1周 7 1/2ハロン(7.5ハロン・約1508メートル)

主な競走編集

G1
G2
  • ワシントンパークハンデキャップ
G3
  • アメリカンダービー
  • アーリントンハンデキャップ
  • アーリントンメイトロンハンデキャップ
  • アーリントンオークス
  • アーリントンワシントンラッシーステークス
  • シカゴブリーダーズカップ
  • 阪神カップ(姉妹競馬場の日本・阪神から)
  • モデスティハンデキャップ
  • パッカーアップステークス
  • スターズアンドストライプスターフハンデキャップ
G外

姉妹提携競馬場編集

脚注編集

  1. ^ ディック・フランシス著「決着」の解説文
  2. ^ Blue Grass, Wood Memorial Downgradedbloodhorse.com、2017年2月6日閲覧
  3. ^ アーリントンクラシックステークス歴代勝ち馬–equibase、2015年7月7日閲覧

外部リンク編集