メインメニューを開く
アーリータイムズ イエローラベル

アーリー・タイムズ英語: Early Times)は、バーボン・ウイスキー銘柄である。最初に蒸留製造されたのは、1860年にアーリータイムズ・ステーションと呼ばれる村である。しかし、アメリカ国内では、現在はバーボンではなく、ケンタッキー・ウイスキーとして販売されている。ただし、輸出用製品は現在でもバーボン・ウイスキーである。

目次

概説編集

アーリータイムズのブランドは現在「ブラウン=フォーマン社」が所有しており、ケンタッキー州ルイビルEN)のダウンタウン蒸留製造所で製造されている。

この銘柄は、1920年代を通じて広く知られるようになった。アメリカ合衆国の禁酒法時代の期間、このウイスキーは、「医療用ウイスキー」の表示を行うことで、法律の適用が免除された。

アメリカ国内用編集

今日、アメリカで販売されているアーリー・タイムズは、再利用の焦がしオーク樽(チャード・オーク)で熟成したウイスキーが20%を占めるため、バーボン・ウイスキーではなく、ラベルには「ケンタッキー・ウイスキー」と表示されている。

輸出用編集

逆に国外マーケットで販売されている輸出向けアーリー・タイムズは、焦がしオークの新樽で完熟され、アルコール度数(Abv.)40%の本物のバーボンである。このバーボンは、古いオークの色で、甘口シェリー(brown sherry)に近く、バニラの香気が優勢で、なめらかな味わいを持つ。 日本ではサントリーアライドが扱っていたが、ブラウン=フォーマン社がアサヒビールと国内販売契約を結んだのに伴い、2013年より同社が輸入販売を行っている[1]

ラインナップ編集

  • アーリータイムズ イエローラベル(40度)
  • アーリータイムズ ブラウンラベル(40度)

 伝統的なイエローラベルに対して、ブラウンラベルの歴史は浅く、1996年に日本市場向けに作られた。

  • アーリータイムズ ブラインドアーチャー(33度)

 アーリータイムズのウィスキーをベースにしたスピリッツに、青リンゴのフレーバーを添加したフレーバードウィスキー(Flavored Whiskey)。税法上はリキュールに分類される。Blind Archerという名称は、目隠しをして頭上のリンゴを矢で射抜いたウィリアム・テルの伝説にちなんで命名されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集