アールベルク郡

かつてスイスのベルン州に存在した郡

かつて存在したアールベルク郡: Amtsbezirk Aarberg)は、スイスベルン州にあった郡(Amtsbezirk、アムツ・ベツァーク)。2010年1月1日に、ベルン=ミッテルラント区(Verwaltungskreis Bern-Mittelland)に帰属したマイキルヒを除いて、他郡と合併してゼーラント区(Verwaltungskreis Seeland)となった[1]。郡都はアールベルクで、152.68 km²の面積に12の基礎自治体があった。2008年12月31日現在で、34,229人が居住していた[2]

(旧)アールベルク郡

Amtsbezirk Aarberg
Aarberg-coat of arms.svg
郡(Amtsbezirk)
Location of (旧)アールベルク郡
スイスの旗 スイス
Flag of Canton of Bern.svg ベルン州
郡都 Aarberg-coat of arms.svg アールベルク
面積
 • 合計 152.68km2
人口
(2008)
 • 合計 34,229人
等時帯 UTC+1 (CET)
 • 夏時間 UTC+2 (CEST)
自治体 12

歴史編集

 
在郷代官が居住したアールベルク城(1825年画)
 
アールベルク城(2010年)
 
アールベルク代官地

アールベルク政庁(Amt Aarberg)は、1358年から神聖ローマ帝国下のベルン共和国における在郷代官地となった。アールベルク政庁は、アールベルクの町と、教区教会のアッフォルテルン教区(Affoltern)、バーゲン教区(Bargen)、カッペレン教区(Kappelen)、カルナッハ教区(Kallnach)、リス教区(Lyss)およびラーデルフィンゲン教区(Radelfingen)で構成されていた。

ペーター2世伯爵1351年に、町と城、および領地をベルンに抵当した。そのため、ニーダウのティーエルシュタイン伯爵家とキーブルク伯爵家に残存している抵当権が解消されなければならなくなり、1379年に補償が行われた。このように始めから正当でない売却となっていたので、ベルンの在郷代官はアールベルクに赴任することができず、1395年にようやく初めて現地に赴任した[3]

それ以降、アールベルクは歴代在郷代官ドイツ語版によって統治された。ヘルヴェティア共和国の中央集権時代を経て、1803年にアールベルクを郡都とするアールベルク郡が設置され、1832年にはアールベルクも基礎自治体となった。

基礎自治体の一覧編集

名称 人口
2008年
12月31日
面積
(km²)
人口密度
(人/km²)
アールベルクAarberg 3,963 7.93 500
カルナッハKallnach 1,513 10.60 143
ニーダーリート・バイ・カルナッハNiederried bei Kallnach 286 4.59 62
ラーデルフィンゲンRadelfingen 1,178 14.71 80
バルゲンBargen (BE) 986 7.86 125
カッペレンKappelen 1,194 10.97 109
ゼードルフSeedorf (BE) 2,989 20.87 143
リスLyss 11,423 11.80 968
グロス・アッフォルテルンGrossaffoltern 2,823 15.08 187
ラッペルスヴィルRapperswil 2,120 18.20 116
シュープフェンSchüpfen 3,374 19.84 170
マイキルヒMeikirch 2,380 10.23 233
合計 (12) 34,229 152.68 224

基礎自治体の変遷編集

脚注編集

  1. ^ KV (BSG 101.1), Art. 3, Abs. 2 (オンライン).
  2. ^ Aarberg (Herrschaft, Amtsbezirk) in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland.
  3. ^ Hans Jacob Leu: Allgemeines Helvetisches, Eydgenössisches Oder Schweitzerisches Lexicon, Band 1, Zürich, 1747, S. 318 f. (グーグルブックス).