アール・キャンベル

アール・キャンベル (Earl Christian Campbell1955年3月29日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州タイラー出身のアメリカンフットボールの元選手である。1978年から1985年まで、NFLヒューストン・オイラーズニューオーリンズ・セインツランニングバック(RB)として所属した。積極的に相手にぶつかり、タックルを崩すプレースタイルで、NFL史上最も優れたパワーランニングバックの1人として知られている。

No image.svg アール・キャンベル American football pictogram.svg
Earl Campbell
基本情報
ポジション ランニングバック
生年月日 (1955-03-29) 1955年3月29日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州タイラー
身長 5' 11" =約180.3cm
体重 232 lb =約105.2kg
経歴
大学 テキサス大学オースティン校
NFLドラフト 1978年 / 1巡目全体1位
所属歴
1978-1984 ヒューストン・オイラーズ
1984-1985 ニューオーリンズ・セインツ
受賞歴・記録
シーズンMVP(1回)
1979
プロボウル選出(5回)
1978・1979・1980・1981・1983
オールプロ第1チーム選出(3回)
1978・1979・1980
NFL 通算成績
ラン獲得ヤード 9,407
ラン平均ヤード 4.3
ラッシングタッチダウン 74
Player stats at NFL.com

概要編集

キャンベルは、テキサス大学オースティン校でアメリカンフットボールをプレーし、4年時にハイズマン賞を受賞し、オールアメリカに選出された。1978年のNFLドラフトで全体1位でオイラーズに指名され、NFLデビューをすると、1年目から大活躍し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。NFLデビューからの3年間の年間平均ラッシングヤードは1,700ヤード近くに及び、2年目の1979年には、リーディングラッシャーとタッチダウンリーダーとなり、シーズンMVPに輝いた。

キャンベルがオイラーズに所属した時期は、テンガロンハットがトレードマークで人気があったバム・フィリップスヘッドコーチの下、「Luv Ya Blue」と呼ばれるオイラーズファンのムーブメントが起こった時期であった。キャンベルはその中心選手として活躍し、1970年代後半から1980年代前半にかけて、オイラーズオフェンスの欠かせない選手となった[1]

1984年のシーズン途中、キャンベルはセインツにトレードで移籍したが、往年の活躍はできず、翌シーズンいっぱいで引退した。1990年にカレッジフットボール殿堂、1991年にNFL殿堂入りした。背番号34はオイラーズがタイタンズに変わった今でも永久欠番である[2]

出典編集

  1. ^ Aaseng, Nathan (2003). African-American Athletes. New York: Facts On File, Inc.. p. 42. ISBN 0816048053. https://books.google.com/books?id=iSxylfm58foC&pg=PA42&dq=earl+campbell+oilers+offense&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwidvKXS987TAhWoxFQKHa_dBEwQ6AEIIjAA#v=onepage&q=earl%20campbell%20oilers%20offense&f=false 
  2. ^ Tennessee Titans 2015 Media Guide - Historial Highlights”. titansonline.com. Tennessee Titans. 2016年7月1日閲覧。