アーロン・ラムジー

ウェールズのサッカー選手

アーロン・ジェイムズ・ラムジーAaron James Ramsey, 1990年12月26日 - )は、ウェールズケアフィリ出身のサッカー選手リーグ・アンOGCニース所属。ポジションはMFウェールズ代表。ニックネームはランボー

アーロン・ラムジー Football pictogram.svg
Aaron Ramsey 2019.jpg
ユヴェントスFCでのラムジー(2019年)
名前
本名 アーロン・ジェイムズ・ラムジー
Aaron James Ramsey
ラテン文字 Aaron Ramsey
基本情報
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1990-12-26) 1990年12月26日(31歳)
出身地 ケアフィリ
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 OGCニース
ポジション MF(CMF)
利き足 右足
ユース
1999-2006 ウェールズの旗 カーディフ・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 ウェールズの旗 カーディフ・シティ 16 (1)
2008-2019 イングランドの旗 アーセナル 371 (65)
2010-2011 イングランドの旗 ノッティンガム・フォレスト (loan) 5 (0)
2011 ウェールズの旗 カーディフ・シティ (loan) 6 (1)
2019-2022 イタリアの旗 ユヴェントス 49 (5)
2022 スコットランドの旗 レンジャーズ (loan) 7 (2)
2022- フランスの旗 ニース 12 (1)
代表歴2
2005-2008  ウェールズ U-17 15 (2)
2007-2009  ウェールズ U-21 12 (2)
2008- ウェールズの旗 ウェールズ 78 (20)
2012 イギリスの旗 イギリス 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年11月11日現在。
2. 2022年11月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

カーディフ・シティ編集

カーディフ・シティFCのユース出身。2006-07シーズンのホーム最終戦でわずか数分間ながらトップチームデビューを果たす。16歳と124日という年齢はクラブ史上もっとも若いデビューであった。6月には100万ポンド以上の獲得オファーが来るも、クラブはこれを拒否。さらに、エヴァートンFCからは100万ポンド+活躍次第で20万ポンドの上乗せという条件のオファーも寄せられたがクラブはやはりこれも拒否した。

2007年12月、初めてのプロ契約を結ぶ。プロとしての初試合は2008年1月5日のFAカップの試合だった。この試合ではヘディングでプロ初得点を決めている。結局、このシーズンはFAカップ決勝を含むトータル22試合に出場した。マンチェスター・ユナイテッドがカーディフとラムジーに関する移籍について移籍金500万ポンドでクラブ間合意に至ると、アーセナルFCやエヴァートンもそれに続いた。最終的にはアーセナルのアーセン・ベンゲル監督が休暇返上で本人のもとに訪問したことも決め手となり、アーセナル移籍を選択した。

アーセナル編集

2008年6月13日に移籍が完了。アーセナルを選んだ理由は、若手が多くの出場機会を与えてもらえるから、と語った。2008年8月13日のチャンピオンズリーグ予選・FCトゥウェンテ戦でアーセナルFCでの初出場を記録すると、9月13日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦で途中出場しプレミアリーグデビュー。9月21日のチャンピオンズリーグ・グループリーグのフェネルバフチェSK戦では後半ロスタイムに移籍後初得点を挙げた。ラムジーはこのゴールでチャンピオンズリーグ史上5番目に若い得点者となり、また史上2番目の1990年代生まれの得点者となった。2009年1月、アーセナルとの契約を延長した。2008-09シーズンではリーグ戦で9試合(1先発)に出場した。

2009年8月22日のポーツマスFC戦でプレミアリーグ初得点を記録。11月11日にはウェールズ年間最優秀若手選手賞を受賞した。2010年2月27日のアウェーでのストーク・シティFC戦でライアン・ショウクロスのタックルにより右足を負傷。ショウクロスは一発退場となり、ラムジーは全治6~8ヶ月の重傷であると診断された。2009-10シーズンではリーグ戦で18試合(7先発)に出場、3ゴール3アシストを記録した。

2010年11月25日からフットボールリーグ・チャンピオンシップノッティンガム・フォレストFCに3か月間レンタル移籍。2011年1月、1ヶ月の短期レンタルでカーディフ・シティFCへ復帰。2010-11シーズンではプレミアリーグで7試合(5先発)に出場し、1ゴールを記録、フットボールリーグ・チャンピオンシップでは8試合に出場、1ゴール1アシストを記録した。

2011-12シーズンではリーグ戦で34試合(27先発)に出場、2ゴール4アシストを記録した。

2012-13シーズンではリーグ戦で36試合(21先発)に出場、1ゴール2アシストを記録した。

2013-14シーズンではリーグ戦で23試合(20先発)に出場、10ゴール8アシストを記録した。FAカップ決勝ハル・シティ戦では延長後半に値千金の決勝ゴールを挙げ、チームの10年振りとなるタイトル獲得に貢献した。

2014年8月10日、自身初出場となる、マンチェスター・シティFCとのFAコミュニティ・シールドでは、チームの2点目となるゴールを決めて、タイトル獲得に貢献した。2014-15シーズンではリーグ戦で29試合(23先発)に出場、6ゴール6アシストを記録した。

2015-16シーズンではリーグ戦で31試合(29先発)に出場、5ゴール4アシストを記録した。2016-17シーズンではミケル・アルテタの退団に伴い、背番号を8番に変更する。23試合に出場し、最終節のエヴァートン戦で先発出場、ゴールを決めた。2017年のFAカップ決勝では、自身2度目の決勝点となるゴールをチェルシー相手に決め、チームに優勝をもたらした[1]

2017-18シーズン、2月3日のエヴァートン戦で6分、19分、74分に得点を決め、初のハットトリックを達成した[2]。同シーズン、公式戦32試合11ゴール・12アシストを記録してファン投票で決定するシーズン最優秀選手に選出された。また、同様にファン投票で決定するシーズンベストゴールに4月5日、UEFAヨーロッパリーグ準々決勝の1stレグ、CSKAモスクワ戦でのゴールに背を向けながら右足アウトサイドのジャンピングボレーで決めたループシュートが選出された。

ユヴェントス編集

2019年2月11日、2018-19シーズン終了後の7月1日にユヴェントスFCに加入することが発表された。契約は4年間[3]。9月21日、セリエA第4節のエラス・ヴェローナ戦で移籍後初ゴール(セリエA初ゴール)を決め[4]、3月8日、第26節、優勝を争うインテルとの対戦では決勝ゴールを決めるなど[5]、チームは優勝したが、出場機会は限定されレギュラー獲得までには至らなかった[6]

2022年1月31日、レンジャーズFCへのレンタル移籍が発表された。期間は半年で、買い取りオプションが付随する[7]

レンジャーズが買い取りオプションを行使しなかったためユヴェントスへ復帰するが、米国遠征のメンバーから外れ構想外の立場は変わらず、2022年7月26日、双方の合意のもと契約解除が発表された[8]

ニース編集

2022年8月1日、リーグ・アンOGCニースへの移籍が発表された[9]

代表編集

世代別代表でキャリアを重ね、2008年10月29日の親善試合・デンマーク戦でA代表デビュー。2009年10月14日のW杯予選リヒテンシュタイン戦ではフリーキックを直接決め代表初ゴールを記録した。2011年3月のイングランド戦を前に、監督のガリー・スピードにより20歳にして主将に任命された[10]

UEFA EURO 2016ではグループステージ第3節のロシア戦で得点を挙げてウェールズ代表の初出場でのグループステージ突破に貢献し、チームはベスト4まで進出した。準決勝のポルトガルでは累積警告により出場できず、チームも敗れた。なお大会中はアザールと並ぶ最多の4アシストを記録した[11]

2020ユーロ予選、本選出場をかけた最終節直接対決のハンガリー戦では、2ゴールを決め、ハンガリーに逆転での本大会出場に導いた[12]。2021年、UEFA EURO 2020、グループリーグ第2戦、トルコ戦では先制ゴールを決めて、大会初勝利に貢献した[13]

個人成績編集

クラブ編集

2022年11月11日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 通算
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
カーディフ 2006-07 チャンピオンシップ 1 0 0 0 0 0 1 0
2007-08 チャンピオンシップ 15 1 5 1 1 0 21 2
通算 16 1 5 1 1 0 22 2
アーセナル 2008-09 プレミアリーグ 9 0 4 0 3 0 6 1 22 1
2009-10 プレミアリーグ 18 3 2 1 3 0 6 0 29 4
2010—11 プレミアリーグ 7 1 1 0 0 0 0 0 8 1
2011-12 プレミアリーグ 34 2 3 0 0 0 7 1 44 3
2012-13 プレミアリーグ 36 1 3 0 1 0 7 1 47 2
2013-14 プレミアリーグ 23 10 2 1 1 0 8 5 34 16
2014-15 プレミアリーグ 29 6 4 0 0 0 7 3 1 1 41 10
2015-16 プレミアリーグ 31 5 2 1 1 0 5 0 1 0 40 6
2016-17 プレミアリーグ 23 1 4 3 1 0 4 0 32 2
2017-18 プレミアリーグ 24 7 0 0 2 0 6 4 0 0 32 11
2018-19 プレミアリーグ 28 4 2 0 3 0 7 2 0 0 40 6
通算 245 37 25 6 14 0 57 15 2 1 343 59
ノッティンガム (loan) 2010-11 チャンピオンシップ 5 0 0 0 0 0 5 0
カーディフ (loan) 2010-11 チャンピオンシップ 6 1 0 0 0 0 6 1
ユヴェントス 2019-20 セリエA 8 1 0 0 4 1 1 0 13 2
2020-21 セリエA 22 2 1 0 7 0 0 0 30 2
2021-22 セリエA 3 0 0 0 2 0 0 0 5 0
通算 49 5 5 0 15 1 1 0 70 6
レンジャーズ (loan) 2021-22 プレミアシップ 7 2 3 0 3 0 13 2
ニース 2022-23 リーグ・アン 12 1 0 0 4 0 16 1
総通算 357 50 40 7 16 0 85 18 3 1 501 76

代表編集

2022年11月29日現在

国際Aマッチ 78試合 20得点(2008年-)


ウェールズ代表国際Aマッチ
出場得点
2008 1 0
2009 10 2
2010 0 0
2011 9 3
2012 5 0
2013 5 3
2014 2 0
2015 6 2
2016 7 1
2017 7 2
2018 6 1
2019 2 2
2020 1 0
2021 10 4
2022 7 0
通算 78 20

代表でのゴール編集

# 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合
1. 2009年10月14日   ファドゥーツラインパーク・シュタディオン   リヒテンシュタイン 0 – 2 0–2 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2. 2009年11月14日   カーディフカーディフ・シティ・スタジアム   スコットランド 3 – 0 3–0 親善試合
3. 2011年5月27日   ダブリンアビバ・スタジアム   北アイルランド 1 – 0 2–0 ネイションズカップ2011
4. 2011年9月2日   カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム   モンテネグロ 2 – 0 2–1 UEFA EURO 2012予選
5. 2011年10月7日   スウォンジーリバティ・スタジアム   スイス 1 – 0 2–0 UEFA EURO 2012予選
6. 2013年3月22日   グラスゴーハムデン・パーク   スコットランド 1 – 1 1–2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
7. 2013年9月6日   スコピエピリッポス2世アレナ   北マケドニア 1 – 1 2–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 2013年10月15日   ブリュッセルボードゥアン国王競技場   ベルギー 1 – 1 1–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
9. 2015年3月28日   ハイファハイファ国際競技場   イスラエル 0 – 1 0–3 UEFA EURO 2016予選
10. 2015年10月13日   カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム   アンドラ 1 – 0 2–0 UEFA EURO 2016予選
11. 2016年6月20日   トゥールーズスタジアム・ミュニシパル   ロシア 0 – 1 0–3 UEFA EURO 2016
12. 2017年6月11日   ベオグラードスタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダ   セルビア 0 – 1 1–1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
13. 2017年9月5日   キシナウスタディオヌル・ジンブル   モルドバ 0 – 2 0–2 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
14 2018年9月6日   カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム   アイルランド 3 – 0 4–1 UEFAネーションズリーグ2018-19
15 2019年11月19日   カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム   ハンガリー 1 – 0 2–0 UEFA EURO 2020予選
16 2 – 0
17 2021年6月16日   バクーバクー・オリンピックスタジアム   トルコ 1 – 0 2–0 UEFA EURO 2020
18. 2021年10月8日   プラハシノー・ティップ・アレナ   チェコ 0 - 1 1-5 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選グループE
19. 2021年11月13日   カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム   ベラルーシ 1 - 0 5-1 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選グループE
20. 3 - 0

エピソード編集

タイトル編集

クラブ編集

アーセナルFC
ユヴェントスFC

個人編集

脚注編集

  1. ^ “Arsene Wenger secured his record seventh FA Cup final win as Arsenal produced a magnificent display to win a Wembley thriller against 10-man Chelsea.”. BBC. (2017年5月27日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39984089 2017年5月27日閲覧。 
  2. ^ 5ゴールでアーセナルが大勝! オーバメヤンが初得点、ラムジーはハットトリック Soccer King 2018年2月4日
  3. ^ ラムジー「ユヴェントスは僕にぴったりのクラブ」”. ユヴェントスFC (2019年7月15日). 2019年7月27日閲覧。
  4. ^ “ユベントス、格下に苦戦も逆転勝利…ラムジーが加入後初ゴール”. www.sanspo.com. (2019年9月22日). https://www.sanspo.com/soccer/news/20190922/ser19092208100001-n1.html 2020年5月27日閲覧。 
  5. ^ “ユベントスがインテルに2-0で勝利”. www.nikkan.com. (2020年3月8日). https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202003090000028.html 2020年5月27日閲覧。 
  6. ^ 19/20セリエAワーストイレブン。「悪童」はやっぱり「悪童」、精神的な未熟さを露呈したのは?”. www.footballchannel.jp (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  7. ^ “MFラムジーがレンジャーズへ…相次ぐ怪我でユーベでは出場機会に恵まれず”. ゲキサカ. (2022年2月1日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?351497-351497-fl 2022年2月1日閲覧。 
  8. ^ “ユヴェントスがラムジーと契約解消…ケガに苦しみ3年間で退団決定”. goal.com. (2022年7月27日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/juventus-aaron-ramsey-202207262050/blt04086917d07f9c47 2022年7月27日閲覧。 
  9. ^ “ユーヴェ退団のラムジー、初のリーグ・アン挑戦へ!…ニースへの加入が決定”. サッカーキング. (2022年8月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20220802/1672996.html 2022年8月2日閲覧。 
  10. ^ ラムジーがウェールズ代表主将に Goal.com 2011年3月25日
  11. ^ EURO2016 -UEFA.COM
  12. ^ ラムジー2発でウェールズのEURO出場決定!…最終節の直接対決を制し2位浮上-Soccer King 2019年11月22日
  13. ^ 「確かに残念だったが…」ベイルが“失態”帳消しの2アシストでMOM選出”. ゲキサカ (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  14. ^ 「もうベイルのスペイン語を超えている!」イタリア語でユーベ入団会見を行なったラムジーに称賛の声!”. サッカーダイジェスト (2019年7月16日). 2019年7月27日閲覧。
  15. ^ ラムジー、サッリ、アンチェロッティ…名物女性教師が“教え子”たちの語学力を採点!最も優秀だった生徒は?”. サッカーダイジェスト (2019年7月23日). 2019年7月27日閲覧。

外部リンク編集