アーロン・ローザンド

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アーロン・ロザンド

アーロン・ローザンドAaron Rosand, 1927年3月15日 - 2019年7月9日[1])はアメリカ合衆国ヴァイオリニスト[2][3][4][5]

アーロン・ローザンド
Aaron Rosand, Scarsdale, NY, 2016.jpg
生誕Aaron Rosen
1927年3月15日
死没2019年7月9日
国籍アメリカ合衆国
出身校カーティス音楽院
著名な実績ヴァイオリニスト・ヴァイオリン指導者
公式サイトwww.aaronrosand.com

インディアナ州ハモンドに生まれる。父親(アレン・ローゼン:歌手)および母親(イダ・ルービン・ローゼン:ピアニスト)は、それぞれポーランドおよびロシアからの移民であった。3歳の時にベビーシッターの歌う歌を正確に覚えてそれを歌い、音楽の才能を見い出され、[6]移住した先のシカゴで両親により音楽教育を施された。9歳の時にジャン・ピアースのコンサートに賛助出演した後、10歳でフレデリック・ストックの指揮するシカゴ交響楽団フェリックス・メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を演奏して注目を集め、1940年からシカゴ音楽大学のレオン・サメティーニの下で研鑽を積んだ。1944年にカーティス音楽院に転学してエフレム・ジンバリストに師事し、1948年にニューヨークでデビューを果たした。1958年にはカーネギー・ホールで初リサイタルを開き、1960年にレナード・バーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルハーモニックでソロデビューした。演奏活動の傍らで、1981年から母校のカーティス音楽院、1986年からマネス音楽学校のそれぞれで教鞭をとるようになり、ザルツブルクやニースなどの夏期講習の講師や世界各地の国際コンクールの審査員として数多く招聘された。1950年代から1741年製のグァルネリ・デル・ジェス「エクス・コハンスキ」を使用していたが、2009年に77年間の演奏活動から退いたときに1000万ドルでロシアの富豪に売却し、うち150万ドルを母校のカーティス音楽院に寄付した[7]。2019年5月、教職からの引退を発表し、カーティス音楽院から名誉博士号を授与された。2019年7月9日、肺炎により[8]ニューヨーク州で92歳で死去した[9]

主な門下に、アレクサンダー・カー、ベンジャミン・ボウマン、レイ・チェンユーチン・ツェン、リチャード・リン、スティーブン・ワ―ツ、ジェシカ・リンネバック、吉田恭子等がいる。

主要ディスコグラフィ編集

  • Rosand, Aaron; Flissler, Eileen; Beethoven, Ludwig van (1971). Violin sonatas (complete). New York: Vox. OCLC 3946756 
  • Rosand, Aaron; Froment, Louis de; Hubay, Jeno (1972). Concerto for violin and orchestra, op. 99. Candide. OCLC 10057904 
  • Rosand, Aaron; Froment, Louis de; Arensky, Anton (1973). Violin concerto in A minor, op. 54. Turnabaut. OCLC 16995747 
  • Rosand, Aaron; Reinhardt, Rolf (1975). Berlioz : reverie & caprice, op. 8 / chausson poeme, op. 25 / saint-saens : havanaise, op. 83. New York: Vox. OCLC 9609387 
  • Rosand, Aaron; Szoke, Tibor (1975). Rosand plays Sibelius, Sarasate and Tchaikovsky. New York: Vox. OCLC 68198016 

脚注編集

  1. ^ “American violinist Aaron Rosand has died aged 92” (英語). The Strad. (2019年7月10日). https://www.thestrad.com/news/american-violinist-aaron-rosand-has-died-aged-92/9211.article 2019年7月11日閲覧。 
  2. ^ (英語) International Who's who in Music and Musicians' Directory. 7. Melrose Press. (1975). p. 764 
  3. ^ アーロン・ローザンド - オールミュージック
  4. ^ アーロン ロザンド”. 2017年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧。
  5. ^ Aaron Rosand Dorothy Richard Starling Chair in Violin Studies”. 2017年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧。
  6. ^ Violinist.com interview with Aaron Rosand, Part 1”. 2017年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧。
  7. ^ Violinist.com interview with Aaron Rosand, Part 2”. 2017年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧。
  8. ^ Genzlinger, Neil (2019年7月18日). “Aaron Rosand, Renowned Violinist With a Famous Fiddle, Dies at 92” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/07/18/arts/music/aaron-rosand-dead.html 2019年12月3日閲覧。 
  9. ^ Curtis Mourns the Death of Aaron Rosand”. www.curtis.edu. 2019年12月2日閲覧。