メインメニューを開く

Phew(フュー、1959年9月12日 - )は、日本の女性歌手である。

Phew
生誕 (1959-09-12) 1959年9月12日(59歳)
ジャンル パンク・ロック、ニュー・ウェイヴ、電子音楽
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1979年 - 80年代前半。1987年-
レーベル パス・レコードほか
共同作業者 アーント・サリー

1979年にアーント・サリー (Aunt Sally (band)としてデビュー。パンク/ニューウェイヴ、電子音楽のジャンルで活動を続けている。

目次

バイオグラフィ編集

大阪府出身。高校時代偶然NHKで放送していたセックス・ピストルズを聴き、同年代の若者によるアンチ・キリスト的な表現にカルチャーショックを受ける。77年夏に渡英、様々なパンクバンドを生で観て帰国後の79年、パンク・バンド「アーント・サリー」を結成[1]。芸名やトレードマークとなるベレー帽は Bikke (Gt) のアイデアによる。

アーント・サリー解散後ソロシンガーで活動するようになり、パス・レコード(PASS RECORDS)と契約する。そして坂本龍一とのコラボレーションである「終曲(フィナーレ)/うらはら」を1980年3月25日に発表。「終曲」発売後、パスレコードのプロモーション・ツアーに参加。バッキングメンバーは坂本と後藤美孝であった。

1981年にアルバム『Phew』を西ドイツケルンのコニー・プランク・スタジオで制作。レコーディング・メンバーはコニー・プランク、ホルガー・シューカイ、ヤキ・リーベツァイト、そしてパス・レコードの創立者である後藤美孝。同アルバムは、1981年6月パス・レコードから発売されたが、Phewはその後数回のライブに出演後活動を中断。

1987年、活動を再開。近藤達郎、大津真らとアルバム『View』を発表。1991年10月21日、恒松正敏・高橋豊・大津真・藤本敦夫 藤井信雄らとアルバム『songs』発表。1992年にはアルバム『Our Likeness』を再びコニー・プランクのスタジオで制作した。同アルバムは英ミュート・レコードよりリリースされ、Phewは同レーベルから作品を発表した、最初の日本人アーティストとなった。94年には大友良英らと「NOVO TONNO」を結成[2]。96年にCDを発表した。1世紀に入ってからは、2001年にMOSTとしてCDを発表。2010年に15年ぶりのソロ名義で初のカバーアルバムとなる『ファイヴ・フィンガー・ディスカウント(万引き)』をリリース。

以後はソロやユニットの形でライブ活動、アルバム制作を定期的に行っている。のユニットは、MOSTとBig Picture。また、2012年春より小林エリカとのプロジェクト「project UNDARK」を開始。楽曲提供はCLUSTERのMOEBIUSが行なっている。電子音楽のプロジェクトやMOSTなどで活動。


ソロ・ディスコグラフィ編集

  • 終曲/うらはら(1980)
  • Phew(1981)
  • View(1987)
  • Songs(1991)
  • Our Likeness(1992)
  • 秘密のナイフ(1995)
  • Five Finger Discount(2010)
  • A New World(2015)

バンド・ディスコグラフィ編集

  • アーント・サリー「アーント・サリー」(1984)
  • NOVO TONO「パノラマ・パラダイス」(1996):大友良英とのバンド
  • 山本精一&PHEW 「幸福のすみか」(1998)
  • アーント・サリー「LIVE 1978-1979」(2001)
  • BIG PICTURE「BIG PICTURE」(2001)
  • MOST「MOST」(2001)
  • MOST「MOST MOST」(2003)
  • MOST「THE MOST NOTORIOUS! 」(2010)
  • Project Undark「ラジウム・ガールズ 2011」(2012)

資料編集

  • 「学校で教えてくれない音楽」大友良英、岩波書店。2014年
  • CD "PASS NO PAST"の湯浅学の解説
  • CD "AUNT SALLY"の戸川純の解説
  • CD "Phew"の加藤彰の解説
  • CD "songs"のライナーノーツ

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://p-vine.jp/artists/phew
  2. ^ 「学校で教えてくれない音楽」大友良英、岩波書店
[ヘルプ]

外部リンク編集