メインメニューを開く

イェルク・モイテンドイツ語: Jörg Meuthen、1961年 6月29日 エッセン [1]- )はドイツ経済学者政治家。 イェルク・モイテンはバーデン=ヴュルテンベルク州にあるケール専門大学国民経済学マクロ経済学を含む)と財政学担当教授である。ケール専門大学における経済、情報、社会科学学部の学部長でもある。イェルク・モイテンは2015年7月以降、ドイツのための選択肢(AfD)党首の1人でもある(二人代表制)。彼はバーデン=ヴュルテンベルク州党代表の1人(3人代表制)であり、2016年の州議会選挙においてドイツのための選択肢(AfD)州首相候補でもあった。

イェルク・モイテン
Jörg Meuthen
2015-01-17 3813 Jörg Meuthen (Landesparteitag AfD Baden-Württemberg).jpg
イェルク・モイテン(2015)
生年月日 (1961-06-29) 1961年6月29日(58歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ エッセン
出身校 ケルン大学
所属政党 ドイツのための選択肢(2013年 - )
称号 博士(経済学)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

イェルク・モイテンはノルトライン=ヴェストファーレン州の工業都市エッセン労働者街で育った。8平方メートルという大きな部屋を弟と一緒に分け与えられ育った。子供時代をとても素晴らしい時間だったと彼は回顧しており、家族の経済状況に関しても豊かではなかったが、決して貧しくはなかったと語っている。生徒として成績もよく、2点(ドイツの学校における成績評価の最高点は「1」点)をよく取ったが、とりわけ数学に興味を持った。ローマカトリック教会に熱心に通ったのは初聖体拝領ドイツ語版時までだった。その後、ヨーゼフ・ラッツィンガー(後のローマ教皇ベネディクト16世)の神学書を読んで教会に戻っている。自身のローマ・カトリック教会への回帰を宗教社会化と彼は言い表している。学校時代、進歩的な級友たちを挑発的するかのように、彼は保守的な政治家フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス(CSU)の味方をした。家族が転居したラインラント=プファルツ州でモイテンはアビトゥーアに合格した[2]。 モイテンはケルン大学のクラウス・マックシャイト教授[3]の下で教会税をテーマにした財政学の博士論文を1993年に執筆した。 その後、彼はヘッセン州財政局において予算案作成に従事した。職場のヒエラルヒーに適応するのに難しく、ユーロで予算案を作成することも快く思わなかったので、1997年にケール専門大学の管理部門に転職した[4]

イェルク・モイテンは既婚者であり、5人の子供がいる。現在、カールスルーエで暮らしている[5]

政治活動編集

2013年ドイツ連邦議会選挙当日の夜、ギュンター・ヤウフが司会する番組に出演していたドイツのための選択肢(AfD)党首ベルント・ルッケの姿を見て、ドイツのための選択肢(AfD)への入党をモイテンは決断している。そのテレビ番組で、キリスト教民主同盟(CDU)の政治家で財務相のヴォルフガング・ショイブレがドイツのための選択肢(AfD)党首ベルント・ルッケを見下して嘲笑したのである。財務相の嘲笑が権力者の高慢さに思えて、怒りがこみ上げたからである。20代の終わりに自由民主党(FDP)に入党していたが、彼はこのリベラル派政党から離党することを決断した。経済学者だったモイテンは政治的にはリベラルと見なされていた。しかしながら、社会政治的に彼は保守的見解も主張していた[2]

2013年11月、ドイツのための選択肢(AfD)のバーデン=ヴュルテンベルク州支部の役員、2015年1月には党の州支部副代表になり、2015年7月に党の州支部代表の一人になった(3人代表制)。2014年10月以降、「働きと義務」と呼ばれる連邦党専門委員会の委員長である。加えて、彼は「労働と社会」と呼ばれる党州支部内専門委員会を設立して、2015年3月まで指導していた。2014年の欧州議会議員選挙に際して、比例リスト10番目の候補者であった(当選者は7名だったので落選)[6]。 イェルク・モイテンは2015年7月、ノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンで開催された党大会で62%の支持票を得て党首の1人(2人代表制)に選出された[7]。 2015年10月、バーデン=ヴュルテンベルク州ホルブ・アム・ネッカーで開催された州党大会で2016年におこなわれるバーデン=ヴュルテンベルク州議会選挙において州首相候補に選出された[8]

著作編集

単著

  • Die Kirchensteuer als Einnahmequelle von Religionsgemeinschaften. Eine finanzwissenschaftliche Analyse. Lang, Frankfurt am Main 1993, ISBN 3-631-46619-6 (Rezension).

共著(雑誌および論集)

  • mit Klaus Mackscheidt: Der Wohneigentumsmarkt im Lichte der geplanten Verbraucherschutzrichtlinien der Europäischen Gemeinschaft. In: Klaus Mackscheidt (Hrsg.): Entwicklungen in der Wohnungspolitik. Festgabe für Hans Hämmerlein zum 70. Geburtstag. Nomos, Baden-Baden 1994, ISBN 3-7890-3343-X, S. 179–196.
  • mit Rudolf Kriszeleit: Kredithöchstgrenze und Haushaltsvollzug. In: Die öffentliche Verwaltung. Bd. 48 (1995), H. 11, S. 461–466.
  • mit Klaus Mackscheidt: Kirchen als parafiskalische Organisationen. Einige Überlegungen zur Klassifizierung der Kirchen als Parafiski. In: Klaus Tiepelmann (Hrsg.): Politik der Parafiski. Intermediäre im Balanceakt zwischen Staats- und Bürgernähe. S + W Steuer- und Wirtschaftsverlag, Hamburg 1997, ISBN 3-89161-891-3, S. 137–161

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Autorenangaben, Website des Verlags Peter Lang, abgerufen am 5. Juli 2015.
  2. ^ a b Günther Lachmann: Jörg Meuthen, die unbekannte Macht der AfD. In: welt.de. 31. Dezember 2015, abgerufen am 31. Dezember 2015.
  3. ^ Hans Wüllenweber: "Die Kirchensteuer ist unverzichtbar". In: Saarbrücker Zeitung, 22. September 1994.
  4. ^ Interview zur Kandidatur Jörg Meuthens (PDF-Datei), abgerufen am 5. März 2014
  5. ^ Interview zur Kandidatur Jörg Meuthens (PDF-Datei), abgerufen am 5. Juli 2015
  6. ^ AfD hat ihre Bundesliste für die Europawahl 2014 gewählt, abgerufen am 5. März 2014
  7. ^ VWL-Professor in AfD-Bundesvorstand gewählt: Meuthen ist der Neue an Petrys Seite. In: swr.de. 4. Juli 2015, abgerufen am 4. Juli 2015.
  8. ^ Bericht vom AfD-Landesparteitag in Horb in der Stuttgarter Zeitung vom 24. Oktober 2015.