イェンス・ヨハンソン

イェンス・ヨハンソンJens Johansson1963年11月2日 - )は、スウェーデン出身のキーボーディストピアニスト。1990年代中ごろまではヤンス・ヨハンソンの表記が多く使われていた。イングヴェイ・マルムスティーンバンドの初期メンバーの一人である。ネオクラシカルメタルフュージョンの速弾きキーボーディストとして知られる。

イェンス・ヨハンソン
Jens Johansson
Stratovarius (PK) – Wacken Open Air 2015 06.jpg
ストラトヴァリウス - ドイツ公演にて (2015年7月)
基本情報
出生名 Jens Ola Johansson
生誕 (1963-11-02) 1963年11月2日(57歳)
出身地  スウェーデン ストックホルム
ジャンル ネオクラシカルメタル
フュージョン
プログレッシヴ・メタル
パワーメタル
メロディックスピードメタル
担当楽器 キーボード
活動期間 1982年 - 現在
レーベル ヘプタゴン・レコード
共同作業者 シルヴァー・マウンテン
イングヴェイ・マルムスティーン
ライジング・フォース
Dio
ストラトヴァリウス
Johansson(The Johansson Brothers) 他
公式サイト Jens Johansson
著名使用楽器
コルグPolysix、ローランドJV-1080YAMAHA DX-7
ドン・エイリー
ジョン・ロード
エディ・ジョブソン など

父はスウェーデンのジャズピアニストのヤン・ヨハンソン英語版、実兄は元ハンマーフォールドラマーアンダース・ヨハンソン

プロフィール編集

 
ストラトヴァリウス - フィンランド公演 (2009年7月)

人物・エピソード編集

  • 兄のアンダースと共にいたずら好きな性格でも知られ、常に持ち歩いている接着剤で色々なものをつけてしまう。ライジングフォース時代に隣のレコーディングスタジオにマドンナが居る事を知り、ふざけたアレンジの「ライク・ア・ヴァージン」を演奏してマドンナを怒らせたり、ストラトヴァリウスのDVD『Infinite Visions』には、彼がトイレを爆破する映像が収録されている。2004年にはライブ中にティモ・トルキの脚に小便をかけ、ライブ後にトルキに謝罪している。
  • ライジングフォース時代、ファッションに無頓着なイェンスとアンダースに腹を立てたイングヴェイ・マルムスティーンから「髪にパーマをかけて、ちゃんとした服を着ろ」「お前らが浮浪者みたいな格好をしているから俺の評判が落ちるんだ」と何度も怒鳴られた。当時はヨハンソン兄弟がイングヴェイの意見に従った。(2008年発行、BURRN!増刊メタリオン31号より)現在は長髪にこそしているが、ヘヴィメタルアーティストらしい服を着る事はあまりない。
  • 兄のアンダースと共に設立したヘプタゴン・レコードより、実父であるヤン・ヨハンソンの音源をCD化している。彼のソロ名義アルバムもヘプタゴン・レコードから出されている。
  • メカニックに強く自他共に認めるコンピュータオタクとしても有名であり、携帯電話を自分で修理してしまうほどである。学校を卒業し、音楽活動をするまでの6ヶ月間はストックホルムの総合病院でコンピュータープログラマーとして勤務していた。現在も初期型のAtari STを所有し、Cでコード化されたソフトを所有している。2004年のストラトヴァリウス脱退騒動の際には公式サイトのフォーラムがハッキングされたことを発見し、公式サイトをハッカーから守ることに貢献した。
  • 現在はストラトヴァリウス公式サイトのフォーラムの管理人を行っており、本人もしばしば書き込みを行っている。

ディスコグラフィ編集

シルヴァー・マウンテン編集

  • 『シェイキン・ブレインズ』 - Shakin' Brains (1983年)
  • 『ブレイキン・チェインズ』 - Breakin' Chains (2001年)

イングヴェイ・マルムスティーン編集

ヨハンソン、アンダース・ヨハンソン及びソロ名義編集

  • 『飛べない創造物』 - Fjäderlösa Tvåfotingar (1991年)
  • Anders Johansson : Shu-Tka (1992年)
  • The Johansson Brothers (1994年)
  • Ten Seasons (1995年)
  • Anders Johansson, Jens Johansson and Allan Holdsworth : Heavy Machinery (1996年)
  • Anders Johansson : Red Shift (1997年)
  • Johansson : Sonic Winter (1997年)
  • 『フィション』 - Fission (1998年)
  • Johansson : The Last Viking (1999年)
  • Jonas Hellborg, V. Selvaganesh, IA Eklundh, Jens Johansson: Art Metal (2007年) ※日本盤未発売

ストラトヴァリウス編集

その他のプロジェクト編集

  • Erik Borelius : Fantasy (1988年)
  • ディオ : Lock Up The Wolves (1990年)
  • Deadline : Dissident (1991年)
  • Stephen Ross : Midnight Drive (1991年)
  • ジンジャー・ベイカー : Unseen Rain (1992年)
  • RAF : Ode To A Tractor (1992年)
  • Shining Path : No Other World (1992年)
  • Jonas Hellborg Group : E (1993年)
  • Snake Charmer : Smoke And Mirrors (1993年)
  • Dave Nerge's Bulldog : The Return Of Mr. Nasty (1994年)
  • Robert Blennerhed : Seven (1994年)
  • Smoke On The Water - A Tribute (1994年)
  • トニー・マカパイン : Premonition (1994年)
  • Itä-Saksa : Let's Kompromise (1998年)
  • Snake Charmer : Backyard Boogaloo (1998年)
  • Benny Jansson : Flume Ride (1999年)
  • ブラックモアズ・ナイト : Under A Violet Moon (1999年)
  • マスターマインド : Excelsior! (1999年)
  • Roland Grapow : Kaleidoscope (1999年)
  • マスターマインド : Angels Of The Apocalypse (2000年)
  • Einstein : Einstein Too (2001年)
  • La Leyenda Continua : Tributo A Rata Blanca (2001年)
  • Andy West With Rama : Rama 1 (2002年)
  • Arjen Anthony Lucassen : Star One: Space Metal (2002年)
  • Benny Jansson : Save The World (2002年)
  • Aina : Days Of Rising Doom (2003年)
  • Barilari (2003年)
  • ソナタ・アークティカ : Winterheart's Guild (2003年)
  • Mastermind (Japanese) : To The World Beyond (2004年)
  • Spastic Ink : Ink Compatible (2004年)
  • キャメロット : 『ザ・ブラック・ヘイロー』 - The Black Halo (2005年)
  • ハンマーフォールNo Sacrifice,No Victory (2009年)
  • Avantasia: Angel of Babylon (2010年)
  • Amberian Dawn: End of Eden (2010年)
  • Amberian Dawn: Circus Black (2012年)
  • Avalon: The Land of New Hope (2013年)
  • Cain's Offering: Stormcrow (2015年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Jens interview in 2001
  2. ^ リッチー・ブラックモアズ・レインボー、いよいよ初ライブ - BARKS

関連項目編集

人物編集

バンド編集

外部リンク編集