メインメニューを開く


イエローナイフ空港(Yellowknife Airport)は、カナダノースウェスト準州の準州都イエローナイフにある空港。ノースウェスト準州政府が運営している。IATA空港コードはYZF。

イエローナイフ空港
Yellowknife Airport
IATA: YZF - ICAO: CYZF
概要
国・地域 カナダの旗 カナダ
所在地 ノースウェスト準州
イエローナイフ
種類 公営
運営者 ノースウェスト準州
標高 206 m (675 ft)
座標 北緯62度27分46.00秒 西経114度26分25.00秒 / 北緯62.4627778度 西経114.4402778度 / 62.4627778; -114.4402778座標: 北緯62度27分46.00秒 西経114度26分25.00秒 / 北緯62.4627778度 西経114.4402778度 / 62.4627778; -114.4402778
公式サイト 公式サイト
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 NO 1,524×46 舗装
15/33 NO 2,286×46 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

歴史編集

1944年夏にカナダ太平洋航空(Canadian Pacific Airlines)により建設[1]。建設時は町からの道路も無く、建設資材は飛行艇で運送した。

1946年に運輸省がカナダ太平洋航空から空港運営業務を引き継ぎ、滑走路を追加し拡大。1946年にノーザンフライツ社(Northern Flights Ltd.)とカナダ太平洋航空が民間航空業務開始。1954年には運輸省がさらに空港を拡張開始。

1967年にカナダ太平洋航空がバンクーバー - アムステルダム航路に就航した際、代替航路として認知され国際空港としての地位を獲得。1963年にターミナルの近代化を図り、さらに1972年に管制塔を追加。1973年、1989年、2005年にターミナルを拡張した。

主な就航航空会社と路線編集

脚注編集

  1. ^ History of the Yellowknife Airport [1]

外部リンク 編集