イオンストア九州

イオングループ > イオンストア九州

イオンストア九州株式会社(イオンストアきゅうしゅう)は、イオングループの不動産・資産管理会社である。九州地区におけるダイエー店舗の資産管理を目的として設立された。本社は福岡県福岡市博多区博多駅南2丁目(イオン九州と同一)。

イオンストア九州株式会社
AEON Store Kyushu Co., Ltd.
ÆON-Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0016
福岡市博多区博多駅南二丁目9番11号[1]
設立 2015年平成27年)6月8日[1]
業種 {{{業種}}}
法人番号 6290001070438
事業内容 小売業及び不動産の管理[1]
代表者 佐方 圭二 (代表取締役社長)[1]
資本金 1,000万円
2015年6月8日現在)[1]
純資産 2,000万円(2015年6月8日現在)[1]
総資産 2,000万円(2015年6月8日現在)[1]
決算期 2月20日
主要株主 イオン株式会社 100%(2015年6月8日現在)[1]
外部リンク 会社発足時点では存在しない。
テンプレートを表示

目次

概要編集

2015年に、親会社のイオン株式会社が、株式交換方式で株式会社ダイエーを完全子会社化 [注釈 1][2][3]。そのため、地域単位での店舗網再構築を検討することになった[4]。当初は2015年9月1日に他のイオン系小売事業者 [注釈 2]と同様にダイエーがイオン九州へ直接ダイエー店舗の経営権を移管する予定であった[5][6]が、店舗数や売上規模等の観点から方針を転換、GMS事業の運営に関する意思決定スピードを速めることや地域密着の姿勢を鮮明にするを目的として当社を新設[1][7][8]。当初の予定と同じ2015年9月1日にダイエーから九州地区のダイエー店舗24店舗(ダイエー吉塚店は除く)の営業権・資産を承継。同時にイオン九州と業務委託契約を締結、実際の店舗運営はイオン九州が担当することとなる[9]

沿革編集

権利等承継店舗編集

 
イオンスタイル笹丘
2016年9月8日撮影
 
イオン福重店
2015年10月17日撮影
 
イオン熊本中央店
2015年11月16日撮影
 
イオン西新店
2015年12月2日撮影
イオンに転換後も11月上旬までは看板類はダイエーのままであった。
2016年5月31日閉店

ダイエーより移管を受けた店舗は下記の通り[1][12]

またイオン九州は引き継ぎに合わせ機構改革を実施し、既存イオン店との一体化を図る[13]

県名 店名 イオン九州
所轄事業部
看板等ブランド
転換完了日
ダイエー イオン 所在地
福岡県 ダイエーショッパーズモールなかま店 イオンなかま 中間市 北福岡 2015年10月28日
ダイエーショッパーズ福岡店 イオンショッパーズ福岡店 福岡市中央区 西福岡 2015年10月9日
ダイエー笹丘店 イオン笹丘店
(2015年9月1日-2016年9月4日)

イオンスタイル笹丘
(2016年9月10日[14]
2015年9月1日
ダイエー福重店 イオン福重店 福岡市西区 2015年10月15日
ダイエーマリナタウン店 イオンマリナタウン店 2015年10月5日
ダイエー野芥店 イオン野芥店 福岡市早良区 2015年10月15日
ダイエー下大利店 イオン下大利店 大野城市 中福岡 2015年10月9日
ダイエー二日市店 イオン二日市店 筑紫野市 2015年11月10日
長崎県 ダイエー長崎店 イオン長崎店 長崎市 西九州 2015年10月22日
ダイエーチトセピア店 イオンチトセピア店 2015年9月28日
ダイエー壱岐店 イオン壱岐店 壱岐市 西福岡 2015年11月26日
ダイエー島原店 イオン島原店 島原市 中九州 2015年11月20日
熊本県 ダイエー熊本店 イオン熊本中央 熊本市中央区 2015年10月15日
大分県 ダイエー日田店 イオン日田店 日田市 東九州 2015年11月26日
宮崎県 ダイエー宮崎店 イオン南宮崎 宮崎市 2015年11月26日
ダイエー都城駅前店 イオン都城駅前店 都城市 南九州 2015年10月9日
鹿児島県 ダイエー鹿児島店 イオン鹿児島鴨池 鹿児島市 2015年9月28日
ダイエー鹿児島中央店 イオン鹿児島中央店 2015年11月26日
ダイエープラザ大島店 イオンプラザ大島店 奄美市 2015年10月28日

転換後に閉店した店舗・閉店予定の店舗編集

県名 店名 イオン九州
所轄事業部
看板等ブランド
転換完了日
閉店(予定)日
ダイエー イオン 所在地
福岡県 ダイエー西新店 イオン西新店 福岡市早良区 西福岡 2015年11月20日 2016年5月31日
ダイエー城野店 イオン城野店 北九州市小倉南区 北福岡 2015年11月26日 2017年1月31日[15]
ダイエー水巻店 イオン水巻店 遠賀郡水巻町 2015年11月26日 2017年3月31日[16]
長崎県 ダイエー銅座店 イオン銅座店 長崎市 西九州 2015年11月26日 2017年2月28日[17]
鹿児島県 ダイエー鹿児島谷山店 イオン鹿児島谷山店 鹿児島市 南九州 2015年10月9日 2017年1月31日[18]

一部既存のイオン店舗と店名が被るなどしたため数店舗でイオン化した際の店名を変更した。但し引き継ぎ当日に建物を含めた完全転換を終えていたのは笹丘店のみで、引き継ぎ規模が他地域他業態に比べ大きかったことから外観等の転換は順次行っていく。しかし旧ダイエー店は建物の老朽化が進んでいる店舗も少なくないことから、上記のように閉鎖対象となる店舗も徐々に出始めている。

ダイエーからイオンへの転換に伴う措置・既存のイオン店舗との相違点編集

レシート・電子マネーの取り扱い編集

旧ダイエーの店舗では、電子マネーの導入が遅れており、WAONについては2014年までに導入を完了した。転換時点ではSUGOCAを始めとする交通系電子マネーQUICPayiDについてはイオンショッパーズ福岡店など一部の店舗にしか対応していなかった[注釈 3]。レシートにおいても、転換当初はダイエー仕様のテンプレートにAEONロゴと「イオンXX店(旧:ダイエーXX店)」と印字したものとなっていたが、レジシステムの更新及び機械の交換を行った店舗ではイオングループ共通のテンプレートを用いたレシートを使用している [注釈 4]。合わせてSUGOCA等WAON以外の電子マネーが利用可能となり、ポイントカード(後述)を含めたサービス基準の統一を図っている。

ポイントカードの取り扱い編集

旧ダイエーの店舗ではハートポイントサービスを発行していたが、イオンへの転換後の2015年9月以降もマックスバリュ九州などとともに移管対象店限定で利用が可能となっていた[19]。但しこれはあくまでも経過措置であり、移管時点では永続・終了いずれの結論も出ていなかったが、イオングループとして「WAON POINTカード」が導入されたため、2016年6月22日を以てポイント付与を終了[注釈 5]、2016年9月末日で保有ポイントの利用取扱も終了した。

イオングループでは電子マネーWAONへの切り替えを強力に推進しており、移管前から旧ダイエー店でもWAONが導入されている。また、レジ袋辞退でハートポイントを2ポイント付与するサービスはイオンへの移行と前後して終了し、レジ袋辞退で2円引きに変更している。

チラシ・特売セール編集

既存のイオン店舗とセール内容やサービス(ポイントカードの取り扱いなど)が異なるため、既存のイオン店舗とは異なるチラシを作成している。最近はほぼ同様のチラシである。

生鮮食料品の製造シール編集

生鮮食料品や惣菜類における加工・製造シールの社名表記も既存のイオン店舗[注釈 6]とは異なりイオンストア九州名義[注釈 7]となっている。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2007年より資本・業務提携を始めており、完全な買収までに8年を要している。
  2. ^ イオン北海道マックスバリュ北海道イオンリテール(一部のみ)・マックスバリュ九州
  3. ^ WAON以外の電子マネーが非対応の時期は対応箇所が空白になっていた(左からWAON、空白(本来はSUGOCA)、空白(本来はiD)、空白(本来はQUICPay))。
  4. ^ 通常、社名表記は当該店舗(既存のイオン・ホームワイド・イオンバイク)の運営会社であるイオン九州株式会社となっているが、旧ダイエー店舗ではイオンストア九州株式会社となっている点が異なる。
  5. ^ イオンリテールストアも同日にてポイント付与を終了
  6. ^ (例)「イオン九州(株)イオン福岡伊都店」など
  7. ^ (例)「イオンストア九州(株)イオンスタイル笹丘」など

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m イオンストア九州株式会社の事業運営の承継(業務委託)に関する業務委託契約書締結のお知らせ - イオン九州公式ウェブサイト、2015年8月22日閲覧。
  2. ^ ダイエーの看板なくなる イオンの完全子会社化で(P2)(2014年9月24日産経新聞 2015年8月23日閲覧)
  3. ^ イオン株式会社による株式会社ダイエーの株式交換による完全子会社化に関するお知らせ - ダイエー公式ニュースリリース、2015年8月23日閲覧。
  4. ^ 株式会社ダイエーとの店舗再編に関する検討開始について - イオン九州公式ニュースリリース、2015年8月23日閲覧。
  5. ^ 株式会社ダイエーの北海道・九州および本州地域におけるGMS事業ならびにSM事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ - ダイエーニュースリリース 2015年4月9日
  6. ^ ダイエー/事業構造改革で全281店中、88店をイオングループに譲渡 - 流通ニュース (ロジスティクス・パートナー) 2015年4月9日配信、2015年8月23日閲覧
  7. ^ イオン九州、イオンストア九州と業務委託契約締結 運営体制再構築へ - M&Aタイムス、2015年8月24日発表・2015年10月10日閲覧。
  8. ^ http://ryutsuu.biz/strategy/h082119.html - 流通ニュース、2015年8月21日発表・2015年10月10日閲覧。
  9. ^ イオン九州:九州のダイエー総合スーパー24店引き継ぎ - 毎日新聞電子版、2015年8月23日閲覧。
  10. ^ イオン西新店閉店についてのお知らせ (PDF) イオンストア九州イオン九州、2016年2月23日(2016年2月24日閲覧)。
  11. ^ 笹丘の暮らしに「上質」なNEWSを発信 9月10日(土) イオンスタイル笹丘 誕生 (PDF) イオンストア九州イオン九州、2016年8月26日(2016年9月6日閲覧)。
  12. ^ “店舗移管についてのお知らせ” (プレスリリース), ダイエー, (2015年9月1日), http://shop.daiei.co.jp/blog/blog_sp/7ca2c195389fb15261d5ec5f967a9756.do 2015年9月1日閲覧。 
  13. ^ “機構改革及び人事異動について” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社、イオンストア九州株式会社, (2015年9月1日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/950/pdf.pdf 2015年9月1日閲覧。 
  14. ^ 2016年9月8日から9日はプレオープン期間
  15. ^ “イオン城野店閉店のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンストア九州、イオン九州, (2016年8月12日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1202/pdf.pdf 2016年10月8日閲覧。 
  16. ^ “イオン水巻店閉店についてのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンストア九州、イオン九州, (2016年11月11日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1260/pdf.pdf 2016年11月24日閲覧。 
  17. ^ “イオン銅座店閉店についてのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンストア九州、イオン九州, (2016年8月12日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1212/pdf.pdf 2016年10月8日閲覧。 
  18. ^ “イオン鹿児島谷山店閉店のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンストア九州、イオン九州, (2016年8月12日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1201/pdf.pdf 2016年10月8日閲覧。 
  19. ^ ハートポイントサービス9月以降も継続して実施いたします。 - イオン西新店インフォメーション、2015年10月17日閲覧。

外部リンク編集

2015年8月現在、公式サイトは存在しない。