メインメニューを開く

イオンタウン日向(イオンタウンひゅうが)は宮崎県日向市にあるイオンタウン(旧・ロック開発)の大型ショッピング施設。イオン日向店(旧ジャスコ日向店、イオン九州運営)と41の専門店を核に14店舗が並ぶ。

イオンタウン日向
ÆON TOWN HYUGA
イオンタウン日向(2011年10月) 後方のクレーンは移築中の千代田病院
イオンタウン日向(2011年10月)
後方のクレーンは移築中の千代田病院
店舗概要
所在地 宮崎県日向市大字日知屋字古田町61-1
座標 北緯32度25分29.3秒 東経131度39分8.4秒 / 北緯32.424806度 東経131.652333度 / 32.424806; 131.652333座標: 北緯32度25分29.3秒 東経131度39分8.4秒 / 北緯32.424806度 東経131.652333度 / 32.424806; 131.652333
開業日 2000年10月7日
施設所有者 イオンタウン株式会社
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 66,000 m²
延床面積 27,000 m² (容積率41%)
中核店舗 イオン日向店、HIヒロセ
店舗数 ÆONと41の専門店
営業時間 イオン日向店10:00-22:00
火曜日は 9:00-22:00(直営売場のみ)
一部の専門店は営業時間が異なる
駐車台数 1000台
商圏人口 7万2千人
最寄駅 JR九州日豊本線:日向市駅
最寄IC 東九州自動車道日向IC
外部リンク 公式サイト
ÆON TOWN

目次

沿革編集

1998年12月11日にロック開発が日向精錬所跡地に旭ジャスコ[1]を核とするショッピングセンターの出店計画を県に提出し[2]、2000年10月7日にロックタウン日向として開店した[3]。2011年9月1日にロック開発がイオンの完全子会社となりイオンタウンと改称されたことに伴って、ショッピングセンターの名称を「イオンタウン日向」に変更した。

特徴編集

地上2階建て。イオン日向店は大型ショッピング施設イオンタウン日向の中核店舗の一つである。北側に隣接している道路は、廃線になった日本貨物鉄道(JR貨物)日豊本線貨物支線(通称細島線)の路線跡。

テナント編集

イオン日向店内の専門店街には41の専門店があり、主要専門店として以下が挙げられる。

別棟には以下の店舗がある。

ホームセンター・家具

レストラン・フードコート

  • 麺勝

ファッション

グッズ

書籍

サービス・アミューズメント

交通アクセス編集

道路編集

バス編集

イオンタウン日向バス停留所が敷地内にある。宮崎交通はここを起終点に各方面へ路線が伸びており、事実上日向市富島地域のバスターミナルとなっている。したがって商圏外からも直通便が存在する。いずれも日向市駅付近(日向市駅東口ないし都町)を通る。

  • 宮崎交通[4]
    • 門川方面
      • 延岡-イオンタウン日向線
      • 宇納間・小原線
    • 東郷方面(椎葉・神門・池野線)
      • 塚原・上椎葉
      • 池野
      • 神門(浜子橋)
  • ぷらっとバス
    • 東1コース[5]
    • 東2コース[6]

周辺施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ジャスコ(現在のイオン株式会社)と旭化成との共同出資による企業。1998年当時、延岡ニューシティショッピングセンター(現在のイオン延岡ショッピングセンター)及びマックスバリュ岡富店を運営していたが、1999年に九州ジャスコ(現在のイオン九州)へ合併された。
  2. ^ 「県最大の流通センター ジャスコなど日向に出店へ」『朝日新聞』1998年12月12日、宮崎版。
  3. ^ 九州ジャスコ日向店グランドオープン! イオン九州株式会社 2000年
  4. ^ 日向市内路線図 (PDF) - 宮崎交通
  5. ^ ぷらっとバス東1 (PDF) - 日向市
  6. ^ ぷらっとバス東2 (PDF) - 日向市

関連項目編集

外部リンク編集