メインメニューを開く

イオンモール大曲

イオンモール大曲(イオンモールおおまがり)は、秋田県大仙市和合に所在するイオンモール株式会社[3]運営のモール型ショッピングセンター

イオンモール大曲
ÆON MALL OMAGARI
AEON MALL Omagari.jpg
店舗概要
所在地 014-0033
秋田県大仙市和合字坪立177番地
座標 北緯39度26分17.4秒東経140度30分32.5秒座標: 北緯39度26分17.4秒 東経140度30分32.5秒
開業日 2008年平成20年)10月11日[1]
正式名称 イオンモール大曲
施設所有者 イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンリテール株式会社
SC事業担当下東北事業部

イオンモール株式会社
施工者 株式会社内外テクノス[2]
敷地面積 164,278 m²
商業施設面積 47,020 m²
中核店舗 イオン大曲店
店舗数 95
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 3,000台
商圏人口 約200,000人
最寄駅 東日本旅客鉄道(JR東日本) 大曲駅
最寄IC 秋田自動車道 大曲IC
外部リンク イオンモール大曲
AEON MALL logo.svg

目次

概要編集

国道13号大曲バイパス沿いに建設された。 秋田県内ではイオンモール秋田に次ぐ規模であり、県南地域では最大規模のショッピングセンターである。

イオンシネマ大曲編集

秋田市に開業したシネマコンプレックスの影響により、2006年10月に県南地域で唯一の映画館であった「月岡シネマ」が閉館[4]。当ショッピングセンター内の2階に5スクリーンを持つシネマコンプレックス「イオンシネマ大曲」が出店したことにより、約2年ぶりに県南地域に映画館が復活した。

2011年2月公開の『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』にて、当館でも3D映画が公開されるようになった。

開業当初はイオンシネマズが運営していたが、2013年7月1日よりイオンエンターテイメントに運営が引き継がれた。

スクリーン 定員(座席数) 車椅子 音響方式
シネマ 1 260 2 SR / SRD / SRD-EX
シネマ 2 183 2 SR / SRD / SRD-EX
シネマ 3 99 2 SR / SRD
シネマ 4 106 2 SR / SRD
シネマ 5 138 2 SR / SRD

沿革編集

  • 2007年平成19年)11月23日 - 建設工事安全祈願祭が行われる。
  • 2008年(平成20年)
    • 8月24日 - ジャスコ大曲店の第1回従業員採用説明選考会開催[5]
    • 9月21日 - 「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭を開催。
    • 10月8日 - 10月10日 - 「イオン大曲ショッピングセンター」ソフトオープン。
    • 10月11日 - 「イオン大曲ショッピングセンター」グランドオープン[1]
  • 2009年(平成21年)10月10日 - 秋田県で2番目のインストアブランチとして、北都銀行大曲プラザ支店がオープン[6]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 「ジャスコ大曲店」を「イオン大曲店」に改称。
    • 11月21日 - 「イオン大曲ショッピングセンター」を「イオンモール大曲」に改称。
  • 2013年11月1日 - 管理・運営をイオンモール株式会社に移管。

主なテナント編集

核店舗のイオン大曲店と約95店の専門店テナントで構成される。

出店テナント全店の一覧詳細情報は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置している金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

アクセス編集

自家用車編集

路線バス・高速バス編集

イオン東側入口前に「イオンモール大曲」停留所があり、以下の路線が発着する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「イオン大曲SC開業 売り場面積県南最大 買い物客にぎわう」『秋田魁新報』2008年10月12日付
  2. ^ その他の実績”. 施工実績. 株式会社内外テクノス. 2013年12月21日閲覧。
  3. ^ 2013年10月31日まではイオンリテール株式会社
  4. ^ 「大仙市の月岡シネマ、10月閉館 シネコンに客流出」『秋田魁新報』2006年7月16日付朝刊
  5. ^ 「イオン大曲SC 採用選考会始まる 準社員など1250人雇用へ」『秋田魁新報』2008年8月25日付
  6. ^ 「北都銀 県内2番目のISB 大曲SC内にオープン」『秋田魁新報』2009年10月11日付

関連項目編集

外部リンク編集