メインメニューを開く

イオンモール富士宮(イオンモールふじのみや)は、静岡県富士宮市にあるショッピングセンター

イオンモール富士宮
ÆON MALL FUJINOMIYA
Aeon Mall Fujinomiya.jpg
店舗概要
所在地 418-0032
静岡県富士宮市浅間町1-8
座標 北緯35度13分13.8秒 東経138度36分43.3秒 / 北緯35.220500度 東経138.612028度 / 35.220500; 138.612028座標: 北緯35度13分13.8秒 東経138度36分43.3秒 / 北緯35.220500度 東経138.612028度 / 35.220500; 138.612028
開業日 2001年平成13年)10月27日
正式名称 イオンモール富士宮
施設所有者 イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 64,000[1]
延床面積 80,000[1]
商業施設面積 61,000[2]
店舗数 105
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 2,480台
前身 オーミケンシ富士宮工場
商圏人口 約165,000人
最寄駅 東海旅客鉄道(JR東海)富士宮駅
最寄IC 小泉IC新富士IC富士IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

目次

概要編集

2001年平成13年)の開業当時および現在に至るまで、富士地区(富士市・富士宮市)における最大規模の商業施設である。中心市街地に設けられた大型店であることが特徴であり[3]、富士地区では唯一となるシネマコンプレックスの導入や増床を経て敷地面積・商業施設面積が60,000m2を超える商業施設となった。

大規模小売店舗立地法における届出時店舗面積で見た場合、開業時の当SCで23,855m2であり[4]イオンタウン富士南は16,388m2[5]、その後の増床で36,362m2にまで拡大した[6]

当商業施設が立地する土地はオーミケンシ富士宮工場の跡地であり、平成10年(1998年)には民間都市開発推進機構が工場跡地を買収している。その後オーミケンシ(オーミ・リアルエステート株式会社)が土地を買い戻し、イオン株式会社が買収した。買収額は土地が62億5,000万円であり、建物は24億円であった[7]。拡張にあたっては「開発整備促進区」が導入され[8]、従来は用途地域上「工業地域」であった土地に商業施設・道路・公園・公共空地が混在する商業拠点地区へと生まれ変わった[9]

敷地内にはビオトープが造成されており[10]、ショッピングセンターの寄付基金等で管理されている。

沿革編集

テナント編集

イオンスタイル富士宮を核店舗、ノジマUNIQLOを準核店舗として約105の専門店テナントが出店している。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「フロアガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間のお知らせ」を参照。

イオンシネマ富士宮編集

イオンシネマ富士宮
情報
正式名称 イオンシネマ富士宮
完成 2010年
開館 2010年11月19日
収容人員 (6スクリーン)909人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 イオンエンターテイメント株式会社
所在地 418-0032
静岡県富士宮市浅間町1-8
外部リンク イオンシネマ富士宮

3階に所在するイオンシネマ富士宮(イオンシネマふじのみや)は、6スクリーン・909席を有する富士・富士宮地区唯一のシネマコンプレックスである。イオンシネマズ株式会社の運営によって開館した最後の劇場であり[13]、当初から3D上映にも対応している。なお、2013年7月1日に運営会社の合併に伴いイオンエンターテイメント株式会社の運営となった。

  • シネマ1:260席
  • シネマ2:119席
  • シネマ3:119席
  • シネマ4:119席
  • シネマ5:119席
  • シネマ6:173席


交通アクセス編集

当モールで買い物をした客は、購入金額に応じて乗車補助券が配布されるシステムがある。この乗車補助券は宮バス・芝川バス・宮タクで使用ができる[14]

鉄道

路線バス

宮バス

  • 宮1・宮2・宮4・宮5・宮13・宮14の各系統 イオンモール富士宮下車。

自動車

周辺施設編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集