メインメニューを開く

イオンモール東久留米(イオンモールひがしくるめ)は、東京都東久留米市南沢五丁目にあるショッピングセンターである。イオンモールが運営し、イオン東久留米店を核店舗とする。2013年4月18日開店(ソフトオープン)・4月23日グランドオープンした[1]

イオンモール東久留米
ÆON MALL HIGASHIKURUME
店舗概要
所在地 203-0023
東京都東久留米市南沢5丁目17番62号
座標 北緯35度44分42秒 東経139度31分38秒 / 北緯35.74500度 東経139.52722度 / 35.74500; 139.52722座標: 北緯35度44分42秒 東経139度31分38秒 / 北緯35.74500度 東経139.52722度 / 35.74500; 139.52722
開業日 2013年平成25年)4月18日4月23日グランドオープン)
商業施設面積 39,900 m²
中核店舗 イオン東久留米店
店舗数 125
駐車台数 1,660台
前身 みずほ銀行ひばりヶ丘グラウンド
最寄駅 ひばりヶ丘駅東久留米駅田無駅から西武バス
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

概要編集

鉄骨造地上4階建ての本館と駐車場棟から構成される。敷地面積約54,000平方メートル、店舗面積39,900平方メートル(イオン直営18,400平方メートル、専門店14,500平方メートル)、総床面積は約79,000平方メートルである[1]

店舗編集

イオン東久留米店編集

本館西側の1階から3階を充てている。

  • 1階:食品のフロア
    • 食料品・日用雑貨・ガーデニング・ギフト・ベーカリー
  • 2階:暮らしの品とヘルス&ビューティのフロア
    • 家電・家具・インテリア・家庭用品・化粧品・くすり(イオン薬局
  • 3階:ファッションとキッズのフロア
    • 服飾・子ども・ベビー用品・雑貨・おもちゃ・プレイルーム・催事・モーブ(トラベルコーナー)

モール棟編集

本館東側の1階から3階を充てている。全部で124店舗。診療所や認証保育所なども設置されている。

緑地編集

敷地には公園として「むさしの GreenPark(南沢第11緑地)」、南沢第12緑地となど5,200平方メートルの緑地を設置する。南沢第11・第12緑地はイオンリテールによって管理され東久留米市の公園の一つとして開放している。また、開店前の2013年3月31日には植樹祭を行い約2万本の苗を植えた[1]

また、周囲は約1kmのウォーキングコースとなっており、これはイオン初の試みである[1]

交通編集

駐車場と周辺道路編集

本館の4階・屋上と本館前の地上、駐車場棟に合計1660台収容の駐車場を設置している。本館と駐車場棟の間は道路をまたぐ連絡橋で結ばれている(店舗2階の歩行者通路および屋上の車路で連絡)。駐輪場は1,300台分用意されている。

本館と駐車場棟の間には都市計画道路(東久留米市道110号)が通り、本館・駐車場棟の北側〜西側を五小通り(バス通り)が通る。また、南側には所沢街道が通る。市道110号は南側で都道5号支線とつながり、南下すると久米川街道(西東京市道・東久留米市道)に接続する。また途中から都道4号バイパス(新所沢街道)とつながっている。これらの道路の一部はイオンモール東久留米の建設に歩調を合わせる形で整備された。市道110号は五小通りで突き当たりとなるが、向かいに建つ日本興亜損害保険ひばりが丘センターの敷地を貫いて以北への建設計画もある。

一方で、五小通りのひばりヶ丘側交差点より東側は拡張前の狭い道のままである。また、南側の道路は住宅地に面しており道路も狭いため、買物客のマイカーが乗り入れないように看板等を立てている。

開店までの経緯編集

この地にはもとは第一勧業銀行ひばりヶ丘グラウンドがあった。この周辺には三和銀行熊谷組のグラウンド[2]古河機械金属の社宅とグラウンドがあったが、いずれも閉鎖され住宅地やマンションに再開発された[3]。その中で最後に残った旧第一勧業銀行グラウンドであったが、土地を所有する中央不動産[4]がこの地にイオンを誘致し大型ショッピングセンターを設置する計画が2004年頃に持ち上がった[5]

東久留米市は当時の市長である野崎重弥が3億円の市税収入を見込んで積極的な誘致姿勢を示した[5]。周辺道路の渋滞[6]や騒音、住環境の悪化、商店街への影響を懸念して反対する住民も少なくなく[5][7][8]、市議会や市民の間でも賛否が分かれることとなった。

2009年に野崎市長の任期満了にともない実施された市長選では、ともに前市議でイオン誘致賛成派の候補と見直し派の候補が出馬、見直し派であった馬場一彦が約1000票の差で当選した[9]

見直し派である馬場は、市による誘致について見直しの検討をしたものの、見直しを行った場合、既に計画が進んでいることから中止は時間的・経済的損失が大きいこと[10][11]、イオンから訴訟を起こされた場合に敗訴する可能性がある(市長宛にイオン側から計画を白紙にするなら損害賠償も辞さないという内容証明が送られたとも伝えられる)[5]などとして計画反対は撤回し[10]、地域貢献施設の設置などを条件に建設容認に転じた。

しかし、これは公約を撤回したことになり、市議会の賛成派、反対派双方から激しい反発を受けることとなった。市議会も馬場市長に民意を問い直すべきだという決議を下すに至った[12]

さらに2012年の市議会においては馬場への辞職勧告決議が5度も可決され[13]、また予算案が3度にわたり否決され市長の専決処分としたものの、これも議会の承認を得られないなど市政に混乱を来すこととなった[14]

これらの経緯を経て鹿島建設の施工により2013年4月に開店へと至った。なお、建設中の2013年2月25日に出火事故を起こしている[15]

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 4/23(火)9時00分「イオンモール東久留米」グランドオープン (PDF, イオンリテール株式会社・イオン株式会社 2013年3月19日)
  2. ^ 熊谷組野球部の寮もあった。
  3. ^ イオンモール東久留米停留所も開業前まで「古河団地」の名前を残していた。また、「イオンモール東久留米南」停留所もモール開業前は「グランド前」と称した。
  4. ^ 中央不動産の保有・管理物件 に「ひばりヶ丘施設」として当地が掲載されている。
  5. ^ a b c d イオン「ゴリ押し出店」に非難囂々 - 選択 2011年7月号、2012年10月23日閲覧
  6. ^ 2004年当時は都市計画道路が未完成で所沢街道以外の主要道路もなく、また敷地北側の五小通りは歩道もろくになく、バスと乗用車のすれ違いもしにくい箇所も多かった(選択2011年7月号)。
  7. ^ 南沢五丁目地区地区計画についてのご意見のまとめ - 東久留米市ホームページ 2012年10月23日閲覧。本文書では賛成意見56件に対し反対意見85件となっていた。
  8. ^ 南沢五丁目地区の地区計画について> 地区計画の策定までの経緯- 東久留米市ホームページ 2012年10月23日閲覧。同ページ内の意見書の要旨と市の見解には、賛成4通に対し反対が258通にも上った。
  9. ^ 平成21年12月20日実施東久留米市長選挙開票結果 - 東久留米市 馬場候補19,716票に対し対立候補は18,752票であった。当日の投票率は41.2%。
  10. ^ a b 広報ひがしくるめ 平成22(2010)年6月15日号 - 東久留米市ホームページ 2012年10月23日閲覧
  11. ^ 市長報告 平成22年第2回市議会定例会 - 東久留米市ホームページ 2012年10月23日閲覧
  12. ^ 東久留米市議会だより 平成22(2010)年8月1日号 - 東久留米市ホームページ 2012年10月23日閲覧
  13. ^ 1年間暫定予算の異常事態。市長辞職勧告決議も[東久留米] - タウン通信 2012年12月21日
  14. ^ 24年度一般会計予算の専決処分およびその不承認について、ご説明します - 東久留米市 2013年6月14日閲覧
  15. ^ イオンモール東久留米 火災のおわび (PDF, イオンリテール株式会社 2013年2月26日)

外部リンク編集