メインメニューを開く

イオンモール鹿児島(イオンモールかごしま)は、鹿児島県鹿児島市東開町に立地するイオン九州株式会社運営のモール型ショッピングセンターである。

イオンモール鹿児島
ÆON MALL KAGOSHIMA
Aeonkagoshima.jpg
地図
店舗概要
所在地 891-0115
鹿児島県鹿児島市東開町7[2]
座標 北緯31度31分38.4秒 東経130度32分12.1秒 / 北緯31.527333度 東経130.536694度 / 31.527333; 130.536694座標: 北緯31度31分38.4秒 東経130度32分12.1秒 / 北緯31.527333度 東経130.536694度 / 31.527333; 130.536694
開業日 2007年平成19年)10月6日[2]
正式名称 イオン鹿児島東開ショッピングセンター[1]
施設所有者 イオン九州株式会社
施設管理者 イオン九州株式会社
敷地面積 110,656[2]
延床面積 約140,000[2]
商業施設面積 約78,000[2]
中核店舗 イオン鹿児島店
店舗数 205
駐車台数 4,000台(駐輪台数 470台)[2]
商圏人口 約750,000人、32万世帯[2]
最寄駅 谷山電停谷山駅
最寄IC 谷山IC
外部リンク 公式サイト
AEON w logo.svg KYUSHU
テンプレートを表示
イオンモール鹿児島の位置(鹿児島市内)
イオンモール鹿児島
イオンモール鹿児島
天文館
天文館
鹿児島中央駅
鹿児島中央駅
イオンモール鹿児島の位置(鹿児島市)

目次

概要編集

イオングループジャスコの鹿児島県内初の本格的なモール型ショッピングセンターとして、イオン鹿児島ショッピングセンターの名称[3]2007年平成19年)10月6日に開業し[2]2011年(平成23年)11月21日に現行の名称に改称された[4]

建物は地上5階建てで、4階・5階と屋上は駐車場となっている。商業面積は鹿児島中央駅ビルのアミュプラザ鹿児島(38,000)を上回る鹿児島県内最大の78,000m²である[2]。専門店部分のモール長は約220mである[3]

イオン九州側は当初、鹿児島市と隣接する南九州市(旧・川辺郡川辺町、川辺郡知覧町)、日置市の約75万人を商圏と定めていた[3]。実際には指宿市南さつま市を含めた南薩地域を中心に、北薩地域や大隅半島からも来客があり、2012年現在においては鹿児島県全域を商圏に設定している[5]

年間およそ1000万人が来場し、2011年には1060万人が来場した[5]。2007年10月2日のプレオープン時には開店前から4,000人ほどの列ができ、最前列の客は前日の21時から並んだ[6]

当モールを出店するまで、鹿児島県内のイオングループの店舗は、マックスバリュマックスバリュ九州)とくらし館(マックスバリュ九州、壽屋からの引き継ぎ)とサティ(イオン九州、旧マイカル九州)が存在するのみで、これらは新規出店ではなく運営母体の変更による進出であり、その時期も2000年代前半である。このため、イオン鹿児島ショッピングセンター(当時)の開業は、イオングループの鹿児島県への本格進出とみることができる[7]

2007年10月6日の開店記念式典において、岡田元也イオン株式会社社長が参列した[8]。イオングループは開業予定の2007年10月からはるか以前から広告を打ち出しており(例:鹿児島市交通局の車両にラッピング)、2007年8月にはスポットCMとしてイオングループのCMが放送されていた。

鹿児島港経由で訪れる中国人観光客への対応も銀聯の導入で天文館(鹿児島市中心市街地)の先手を打ち、集客にも成功した[9]

なお、「イオン鹿児島ショッピングセンター」の名称が決定する前の仮称はイオン鹿児島東開ショッピングセンター(イオンかごしまとうかいショッピングセンター)であり、これが大規模小売店舗立地法に基づく届出店舗名となっている[1]

沿革編集

主なテナント編集

核店舗のイオン鹿児島店のほか、170の専門店テナントが出店している。開業時点ではうち104店が鹿児島県初出店であった[3]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を、営業時間は公式サイト「モールガイドの営業時間」を、ATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「ショップリストのATM」を参照。

独自展開編集

当モールでは独自に月刊フリーペーパー『はな*うた』を発行している。

交通アクセス編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鹿児島県大規模小売店舗立地法 法第5条第1項(新設)届出の概要【平成12年6月〜平成27年3月】(PDF形式) - 鹿児島県公式サイト 2015年12月29日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j イオンモール鹿児島の概要 - イオン九州株式会社
  3. ^ a b c d e f 鹿児島県初出店! ジャスコと170の専門店 10月6日(土)「イオン鹿児島ショッピングセンター」オープン (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2007年9月4日
  4. ^ a b 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2011年10月27日。
  5. ^ a b 『南日本新聞』、2012年4月8日朝刊1面(イオン鹿児島増床へ 2013年秋、売り場1.2倍に)。詳細は新聞紙面に記載されている。
  6. ^ [イオン鹿児島今日プレオープン] 南日本放送 2007年10月2日報道(リンク切れ)
  7. ^ イオン九州側も2007年9月4日付けのニュースリリース表題で「鹿児島県初出店!」としている(2007年9月9日閲覧)。イオングループ全体の新規出店としても、2004年にマックスバリュ九州がマックスバリュ鹿屋寿店を開業させたのが最初で、2007年9月時点においても鹿屋市肝属郡肝付町に3店舗が存在するのみであった。
  8. ^ 毎日新聞 夕刊毎日新聞西部本社、2007年10月6日。
  9. ^ 『財界九州』2008年12月号(公式サイト)より。
  10. ^ イオン鹿児島ショッピングセンター 「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭を開催 (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2007年9月4日
  11. ^ 『南日本新聞』 2013年11月24日付 24面(イオン鹿児島増床オープン、4000人早朝から列 南九州初含む新規80店)

関連項目編集

外部リンク編集