イオン明石ショッピングセンター

イオン明石ショッピングセンター(イオンあかしショッピングセンター)は、兵庫県明石市大久保町にあるショッピングセンター

イオン明石ショッピングセンター
ÆON AKASHI SHOPPING CENTER
ÆON Akashi Shopping Center No.1.JPG
1番街
地図
店舗概要
所在地 674-0068
明石市大久保町ゆりのき通3丁目3番1号
座標 北緯34度40分47.3秒 東経134度56分11.4秒 / 北緯34.679806度 東経134.936500度 / 34.679806; 134.936500座標: 北緯34度40分47.3秒 東経134度56分11.4秒 / 北緯34.679806度 東経134.936500度 / 34.679806; 134.936500
開業日 1997年10月23日
正式名称 イオン明石ショッピングセンター
施設所有者 神鋼不動産株式会社
みずほ信託銀行株式会社
イオンモール株式会社
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
設計者 大林組共同事業体(1番街)
熊谷組(2番街)
鹿島建設共同事業体(3番街)
施工者 大林組共同事業体(1番街)
熊谷組(2番街)
鹿島建設、熊谷組、日産建設不動建設、神鋼興産建設(3番街)
敷地面積 67,414 m²
延床面積 173,000 m² 
商業施設面積 45,530 m²
中核店舗 イオン明石店
明石ビブレ
店舗数 70
営業時間 7:00-22:00
駐車台数 3,500台
前身 神戸製鋼所大久保事業所北用地の工場

マイカル明石
最寄駅 大久保駅
中八木駅
最寄IC 玉津IC大久保IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示
イオン明石ショッピングセンター
イオン明石ショッピングセンターの位置(兵庫県内)
イオン明石ショッピングセンター
情報
建築主 新明石商工開発、メリディアン(1番街)
アネックス(2番街・3番街)
管理運営 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
着工 1996年10月4日(起工式)
座標 北緯34度40分47.3秒 東経134度56分11.4秒 / 北緯34.679806度 東経134.936500度 / 34.679806; 134.936500
テンプレートを表示
2番街
3番街
5番街

イオンモール[1]により運営・管理されており、イオン明石店と明石ビブレと専門店で構成されている。 旧名称マイカル明石。

概要編集

JR神戸線山陽本線大久保駅の南に位置する。同駅の至近にあり、さらに国道250号明姫幹線)にも面していることから、交通の便が良い。施設自体は神鋼不動産(当初はオーズタウン開発)が所有しており、イオンモール(当初はマイカル)は全館にわたり入居する形となっている。

開業経緯編集

この地にはかつて神戸製鋼所・大久保事業所北用地の工場があり、やがて閉鎖されると『大久保オーズタウン(O's Town)』という新興住宅地が構想・造成された[2]。元株式会社マイカルが開発したマイカルタウンを2011年3月にイオンリテールが吸収合併した[3]

その他編集

  • 東播磨地域でイオンリテールが運営する店舗は、他にイオン土山店・イオン加古川店・アスパ高砂(イオン高砂店)などがある。
  • 明石市内では最大規模のショッピングセンターで、二見町にあったイオンタウン明石の計画段階での仮称も「イオン明石ショッピングセンター」だった。
  • 2番街の中心にある吹き抜け「シーパーク(旧海の広場)」には、かつて噴水や光の演出が存在した。また、吹き抜け壁面にはマイカル明石開業当初から現在まで海をテーマにした巨大な壁画が描かれている。

沿革編集

  • 1997年(平成9年)10月23日 - マイカル明石(1・2・3番街)グランドオープン。
  • 2000年(平成12年)11月 - 5番街・駐車場棟オープン。
  • 2011年(平成23年)3月1日 - マイカルがイオンリテールと合併するのに伴い、名称を『イオン明石ショッピングセンター』に変更。管理・運営もマイカルからイオンリテールへ移管。
  • 2011年(平成23年)4月17日 - ビエラ大久保JR大久保駅直結で、地上2階建て商業施設として開業[4]
  • 2012年(平成24年)2月15日 - 兵庫県とイオン株式会社との連携と協力に関する協定を締結[5]
  • 2012年(平成24年)3月14日 - 明石ビブレのイオンリテール直営食品売場が廃止。
  • 2012年(平成24年)4月27日 - 明石ビブレの食品フロアが専門店からなる「ビブレキッチン」としてリニューアルオープン。
  • 2012年(平成24年)9月28日 - イオン明石店の1Fフロアがリフレッシュオープン。
  • 2013年(平成25年)3月15日 - 全館リニューアルオープン。
  • 2013年(平成25年)7月1日 - ワーナー・マイカルがイオンシネマズと合併。イオンエンターテイメントとなったのに際しSC内に入居するワーナー・マイカル・シネマズ明石がイオンシネマ明石に劇場名変更。
  • 2013年(平成25年)11月1日 - 管理及び運営がイオンモール株式会社に移行。レジ袋の無料配布中止。
  • 2017年(平成29年)3月18日 - 明石ビブレ2階リニューアルオープン。
  • 2017年(平成29年)11月1日 - 明石SC駐車場のリニューアル工事が完了。割引サービスが変更。
  • 2018年(平成30年)7月21日 - 明石ビブレ3階リニューアルオープン。
  • 2018年(平成30年)11月22日 - 明石SC2番館・5番館リニューアルオープン。
  • 2019年(平成31年)3月1日 - 専門店街の営業時間が変更。

主な店舗編集

1番街・2番街・3番街・5番街[6]の4館で構成されており、各館はペデストリアンデッキで結ばれている。

全ての店舗の一覧は公式サイト内のフロアマップを参照のこと。ただし、1番街の店舗は外部リンクの明石ビブレの公式サイトを参照のこと。

かつて存在した店舗編集

2番街のフードコートには、マイカルとナムコの共同でラーメンテーマパーク『明石ラーメン波止場』が2003年12月5日にオープンしたが、2008年8月31日で営業終了。神戸クックワールドビュッフェは、2018年6月30日で営業終了。跡地には「コメダ珈琲店」など多くの飲食店が入店。

また、同じく2番街にある『コナミスポーツクラブ明石大久保』は、かつてマイカルグループが展開していたフィットネス事業部門が運営する『フライツァイト明石』がコナミに売却されたものである。

アクセス編集

  • バス
    • Tacoバス - ゆりのき通2丁目停留所からすぐ。谷八木ルートと江井ヶ島ルート、および『たこバスミニ』の松蔭ルートと大久保南ルートが経由する。

周辺施設編集

関連項目編集

  • 明石サティ - イオン明石店は2011年2月28日まで「明石サティ」を名乗っていたが、明石サティと名乗る店舗は2代目である(初代は本町に所在していた、かつての「ニチイ明石店」。マイカル明石の開業後も「本町サティ」としてしばらく営業していた)。
  • マイカルタウン

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年10月31日まではイオンリテール
  2. ^ オーズタウン開発計画 兵庫県.2019年10月19日閲覧。
  3. ^ マイカル吸収合併 日本経済新聞社.2010年8月2日付。
  4. ^ ビエラ大久保 JR西日本不動産開発.2019年10月19日閲覧。
  5. ^ 兵庫県との連携と協力に関する協定 兵庫県.2019年10月19日閲覧。
  6. ^ 4番街は忌み数のため存在しない。

外部リンク編集