イカルド・テンタクルズ

イカルド・テンタクルズ:Squidward Q. Tentacles)とはスポンジ・ボブに登場する架空のキャラクターである。名前はイカルドだが、彼はタコであり、名前のせいで間違われる事が多い。原語版の元々の名前は「Octoward(オクトワード)」だったが不便だったため「Squidward(スクイドワード)」になった。 名前の由来はSquid(イカ)とEdward(エドワード)。

イカルド・テンタクルズ
イカルド(壁画)
好きなもの:アートクラリネット読書、泡風呂。

嫌いなもの:スポンジ・ボブ 目を覚ますこと、生活全般。[1]

初登場 バイト募集中』(1999年
制作 ステファン・ヒレンバーグ
声優 上田燿司/ロジャー・バンパス
舞台版俳優 ギャビン・リー英語版
種類
タコ
性別 男性
職業 レジ係、ウェイター
ライバル イカリム・ファーシソン
親族 ミセス・テンタクルズ(母親)

概要編集

海洋生物学者で、アニメーターであるステファン・ヒレンバーグによってデザインされた。1999年5月1日に放送されたシリーズのパイロット版バイト募集中』で初めて登場した。

スポンジ・ボブのアニメーションでは主人公のスポンジ・ボブに次いでパトリックと同等ほどに出演回数が多く、イカルドは公式に「パトリックに次いで三番目の準主人公という位置付け」とされている。

評論家やファンからの評価は好意的。多くのスポンジ・ボブの出版物、おもちゃ、その他の商品に掲載されている。また、2004年の長編映画その続編(2015年)に出演した。 2019年11月、イカルドを主人公としたスピンオフネットフリックスニコロデオンとの共同で製作中であることが発表された。

役割編集

冷たく傲慢な青緑色のタコ。スポンジ・ボブの家とパトリックの家の間にあるモアイ像の形をした家に住んでいる。1977年10月9日生まれ(ただし原語版では1966年11月29日生まれ)。

ツッコミ役。日本語版では年寄りという扱いであり、一人称は「わし」で口調も「〜じゃ」「〜じゃろ?」「〜じゃぞ?」という語尾となっている(原語版では南部訛り)。スポンジ・ボブとパトリックの呼び方は「お前」「お前さん」であり、話によって異なるが、カーニやプランクトンには「あんた」である。

スポンジ・ボブとパトリック・スターの家の間のモアイ像のような家に住んでいる[2]。スポンジ・ボブたちの絶え間ない笑いと騒々しい行動に悩まされている[3]

たまに足が絡まることがある。タコらしくを吐くこともある。大きめの頭に大きく垂れ下がった鼻で、笑うと鼻が伸び縮みする。自分の鼻が大きいことを気にしていたことがある。当初はカーニバーガーが嫌いだったが、初めて食べた時にあまりの美味さに感動して貯蔵庫の中のカーニバーガーを食い尽してしまい、お腹が破裂したことがある(『クセになる味』)。以降の話でもたまに食べることがある。服装は基本的にシャツのみだが、寝るときは寝巻を着ることもある。

スポンジ・ボブとの関係編集

スポンジ・ボブの隣に住んでおり仕事仲間。スポンジ・ボブとパトリックをうっとうしく思っているが、二人はそれに気づかず、彼を友人として見ている。『スポンジ・ボブクラブ』では「なぜわしの人生は1話ごとに苦しみが増していくのじゃろう」と嘆いているなど、作中でもっともひどい目にあっていることが多く、特にスポンジ・ボブとパトリックによって日常生活を邪魔されたり、を壊されたりしている(ただしスポンジ・ボブらを騙したせいで酷い仕打ちに合うことも多い)。

非常に不幸で、幸せな思い出が一つもなかった(『イカルドの幸せ』)。スポンジ・ボブも彼が困っている際には助けようとしてあげているが、結果的にイカルドはひどい目にあってしまっている。

『ハンサムなイカルド』では(わざとではないが)スポンジ・ボブにカニカーニのドアで顔面を潰された影響で顔の骨格が変形し、所謂ハンサムな姿になったことがある。

趣味編集

芸術鑑賞が好きで、彼自身も絵を描いたり、クラリネットを演奏するのが好き。音楽や絵画を趣味としており、特にクラリネットに関してはプロになるのが夢で、現在はその資金稼ぎのためにカニカーニで働いている。しばしば個展やコンサートを開いているが、才能は皆無であり皆からの評価も芳しくない。しかし本人は自分は天才でビキニタウンの住民達が自分の才能を理解していないだけだと信じている。自画像をたくさん描く。

芸術とクラリネットを演奏することに情熱を持っている[4]。ミュージシャンまたは画家としての魅力的で卓越したキャリアを切望している[4]

スポンジ・ボブの演奏や絵が自分より上手い事にライバル心を抱いている。

経歴編集

カニカーニ」のレジ係・ウェイターの仕事をしており、スポンジ・ボブの仕事仲間でもある。ただし、『ミニ・イカルドは人気者』ではイカルドは皿洗い係になったことがある[5]。カニカーニでの仕事はやる気がなく、しばしば仮病などでサボったり、居眠りしたりすることがありその度にカーニから給料を減らされている。

幼少期時代には学校に友達があまりおらず、校内のゴミ置き場の近くで昼食を一人で食べていた。

最終学歴はコミュニティカレッジで、芸術を4年間学んだ。ナッツアレルギー高所恐怖症、また閉所恐怖症である。

カーニの娘であるパールのベビーシッターを過去にしており、『パールの子守り』で再度パールのベビーシッターを任された。

性格編集

常に不機嫌毒舌癖があり、スポンジ・ボブとパトリックをうっとうしく思っていることが多い。ナルシストでもあり、自分以外の考えに聞く耳を持たない。自分を邪魔するものが嫌いで、気難しい性格でもある。

作中では良くも悪くも一番の常識人であるが、一旦スポンジ・ボブらの不条理なペースに引きずり込まれると激しく対抗する。『笛吹きピエロ』など、イカルドがトラブルメーカーになることも稀にある。パフ先生ほどではないが逮捕数が多く、『名前を教えて!』では名前を教えないお爺さんの財布を奪ったり、『イカルドの護身術』では不気味なやつを空手で猛攻撃するなどしていた。

スポンジ・ボブの事をよく思っていないが、スポンジ・ボブが死ぬと聞いて思わず涙を流したり、カーニがスポンジ・ボブをさまよえるオランダ人に売った際はカーニに対して「お前は最低のカニじゃ!」と言ったりと、内心では悪く思っていない様子である。

スポンジ・ボブとパトリック(特にスポンジ・ボブ)やライバルのイカリムを嫌っており、自分が賢くてスポンジ・ボブらをマヌケと馬鹿にしている節がある。スポンジ・ボブがいなくなってもイカルドだけ喜んでいたり、彼をカニカーニから追い出そうとしたりしていたこともある(ただし、場合によっては彼と手を組んで協力したり、助けたりすることもある)。

ズル賢い面もあり、スポンジ・ボブらを騙したり、意地悪したりすることがある。イカリムからは高校の頃からズル賢くて有名だったと言われている。その反面、たまに優しい一面を見せることもあり、『デリバリーピザ』ではスポンジ・ボブを傷つけた客に仕返しをして、スポンジ・ボブを喜ばせるためにサンタクロースに扮した。また劇場版1作目では相変わらずスポンジ・ボブを嫌っているが、ラストでスポンジ・ボブに「自分の求めるものはお前自身」にあると語り、彼を店長と認めた。なお、近年シーズン(『マスタードを掘り当てろ』『プランクトンを警戒せよ!』『探偵イカルド』『消えれば偉大なアーティスト』『秘密のレシピが盗まれた!』など)では文句を言わずにスポンジ・ボブと行動を共にし問題を解決するエピソードも増えている。

開発編集

作成とデザイン編集

ステファン・ヒレンバーグは子供の頃から海に魅了され、また、芸術の才能を伸ばし始めた。大学では海洋生物学と芸術を専攻した。1984年に卒業した後、海洋教育機関であるオーシャンインスティテュート英語版に参加し、後に「スポンジ・ボブ」の制作につながったThe Intertidal Zoneという漫画を作った。 1987年、ヒレンバーグはアニメーションのキャリアを追求するために退職した。

数年間カリフォルニア芸術大学で実験的なアニメーションを勉強した後、ヒレンバーグはアニメーションフェスティバルで、『ロッコーのモダンライフ』のクリエイターであるジョー・マレー英語版に会った。マレーはヒレンバーグにシリーズのディレクターとしての仕事を提供した。『ロッコーのモダンライフ』の作家の1人であるマーティン・オルソン英語版は、The Intertidal Zoneを読み、ヒレンバーグに同様のコンセプトのテレビシリーズを制作するように勧めた。その時点で、ヒレンバーグは自分のシリーズを制作することを考えていなかったが、すぐにこれがチャンスであることに気付いた。『ロッコーのモダンライフ』の制作が1996年に終了した直後、ヒレンバーグはスポンジ・ボブに取り組み始めた。

ヒレンバーグはThe Intertidal Zoneのキャラクターデザインをいくつか使用した。彼は大きな頭が好きだったので、「スポンジ・ボブの不機嫌な隣人」を大きい頭を持つタコとしてデザインし、「イカルドは知識人だから、当然大きく膨れた頭をしているだろう。」と説明した。ヒレンバーグは、「アニメーションでは、8本より6本の足を描くほうが単純だった」ため、イカルドの足は6本であると語った。イカルドの足は2つのエピソードでのみ8本で描かれる(シーズン2『どっちがえらい?』の実写シーンとシーズン9『ボクらの家が買われちゃった』)。ヒレンバーグはイカルドを、タコに似ているイカにちなんで名付けた。イカルドの声優、ロジャー・バンパスは、オクトワードという名前は「しっくりこなかった」と発言した。

イカルドのデザインについて、ショーライターでストーリーボードアーティストのヴィンセント・ウォーラー英語版は、2010年に次のように述べている。

イカルドを描くのは難しい—彼の頭は非常に奇妙な形をしている。幸い、彼の感情はかなり均一だが、彼から大きな感情をたくさん出すことは困難である。彼の鼻はすべてを半分に分けるので、それは常に「OK、これをどのように操作して読み続けるのですか?」

ヒレンバーグは、イカルドが墨を出すくだりを作ろうと考えていたが、うんちを漏らしたように見えるのでボツになったと語った。地面を引っ張る吸盤の音を思わせるイカルドの足音は、湯たんぽをこすることによって作られる。イカルドや他のメインキャラクターの足音は、フォーリーサウンド班によって生み出されている。サウンドデザイナーのジェフハッチンズは、足音で「それがどのキャラクターのもので、何を踏んでいるのかがわかる」と語った。バンパスは、イカルドがリカンベントに乗るアイデアを思いついた。実際にバンパスがカリフォルニアバーバンクで乗っていることに由来しており、バンパスはそれを「小さな内輪の冗談」と説明した。

編集

イカルドの声は、俳優のロジャー・バンパスが担当しており、彼はイカルドの母親などの声優も担当する。1997年にパイロット版を書いている間、ヒレンバーグと当時のクリエイティブディレクターであったデレク・ドライモン英語版がオーディションを行った。『ロッコーのモダンライフ』でヒレンバーグやドライモンと一緒に働いたミスター・ローレンス英語版は最初の候補だった。ヒレンバーグはすべてのキャラクターのオーディションにミスター・ローレンスを招待していた。最終的にイカルドの声優はロジャー・バンパスに決まり、ミスター・ローレンスは悪役であるプランクトンの役を与えられた。

バンパスによれば、イカルドは「鼻にかかった単調な人」だったが、「彼がもつ皮肉、欲求不満、そして癇癪のおかげで、彼を演じるのが面白くなり、そして彼の感情が広がった」。 トム・ケニー(スポンジ・ボブの声優)はスタジオでのバンパスを「私はロジャーを見るのが好きだ。私は彼の右隣にいる。」と表現した。ケニーによると、録音中にバンパスがイカルドとして「癇癪を起こす」と、彼の頭は赤くなるので「彼が塞栓症にならないかと心配している」。

番組のスタッフは彼のパフォーマンスとイカルドとの共通性のためにバンパスを称賛する。ケニーはバンパスを「素晴らしい」、「イカルドのようなものだ」と言った。スタッフライターのケントオズボーン英語版は、「ロジャーがイカルドのように話したり行動したりすることについて考えたのを覚えています。だからこそ、それはとても良い声です。彼はそれにとても関係しています」。しかし、バンパスは言った、「私は彼ではなく、彼は私ではありませんが、彼のために私がする必要があること、そして私が彼のためにできることは、それが私のようになる。それは私の特定の才能に合います。そういう意味で彼は私ですが、私は彼のような気難しい、皮肉で、成果を上げていないような人ではありません。彼は陥りやすいので、私はそれを言います。」

イカルドの声はジャック・ベニーのものと比較される。ケニーは「私にとって、ロジャー・バンパスがイカルドを演じるのに素晴らしい仕事をするジャック・ベニーの忠実な人物にはとても面白いものがあるのです...」と言った。Everything I Need to Know, I Learned from Cartoons!の著者であるアーサー・ブラウンは、イカルドは「ジャック・ベニーの声にとても似ている」と述べた。 ロジャーはそれを否定し、「ジャック・ベニー?いいえ。彼は時折出したこの観測の皮肉を持っていないが。」

イカルドとイカリム編集

イカルドは高校時代のライバルであるイカリムと仲が悪く、自分と比べ金持ちで成功しているイカリムを怨んでいる。ただし彼と勝負する際はスポンジ・ボブのお陰でイカルドが勝つことが多い(『イカルド楽団』、『お宅拝見!英語版』)。

イカリム・ファーシソン (Squilliam Fancyson III )編集

声:奥田啓人ディー・ブラッドリー・ベイカー
『イカルド楽団』で初登場したイカルドの高校時代のライバル。楽団「ユニブロー」を持っており、金持ちである。大きなつながり眉毛が特徴でうねるように動く。一人称はイカルド同様「わし」。
家の屋上には金のドアノブで作った眉毛のオブジェが飾ってある。イカルドと勝負すると大抵イカリムが負けるが、一度だけ勝ったことがある。『スポンジボブはお医者さん英語版』ではイカルドの鼻の一部としてカメオ出演した。
名前の由来はSquid(イカ)とWilliam(ウィリアム)。

説明[6]編集

イカリムは高校のバンドクラスでイカルドに会い、彼のライバルになった。イカリムはイカルドが失敗したすべてのことに成功し、イカルドを見下ろしている。イカルドは痛々しく嫉妬しており、自分が敗者ではないことをイカリムに証明したいと考えている。

他のタコのキャラクターのように、イカリムのキャラクターモデルはイカルドとほとんど同じである。彼はプライベートヨット、プライベートレイク、プライベートヘリポート、プライベートアイランド、気球/カジノを所有している。彼は『お宅拝見!』に登場するファンシータワーを所有している。また、屋上には、金のドアノブでできた大きな単眉のオブジェがある(『お宅拝見!』)。

イカリムは6つの足を持つタコである。彼は赤と黒のローブを着ており、アスコットタイをしている。大きな黒い単眉を持っていて、『イカルド楽団』の中で「大きくて貴重な単眉」だと自負している。『ニセ教授の災難英語版』では、この特徴を「イカルドと区別する方法」として警察がイカリムに伝えた。

性格編集

イカリムは金持ちで豪華である。彼が持つ莫大な富のために自分が他人より優れていると思っている事を隠そうとしない。彼は卑劣で、利己的で、サディスティックで、傲慢で、ライバルであるイカルドのような中流階級の人々への優越感を感じることに大きな喜びを感じている。さらにイカリムは人をばかにしたような口調で話し、イカルドを見下すことや自分への称賛を重要視している。イカリムは完全に愚か者だが、おそらくその富のおかげで簡単に友達を作る。

イカリムはイカルドよりナルシストで、単眉を除いて2人は似ているにも関わらず、イカリムは自分をハンサムだと考えている。イカリムは自分が成功した全ての事を自慢し、イカルドを下流階級だとばかにしているので、2人はお互いを憎み合っている。

歴史編集

イカリムは6つのエピソードで登場した。さらに、イカリムの代替バージョンが2回表示される。ManRay タイムラインの彼のスレーブバージョンが『タイムマシン』に表示され、『スポンジ・ボブはお医者さん』ではイカルドに提供される鼻の1つとしてカメオ出演した。

『イカルド楽団』、『イカルドとイカリム英語版』、『お宅拝見!』、『ビキニタウンを美しく!英語版』の4つのエピソードで主な役割を果たしている。

『イカルド楽団』編集

イカリムの初登場はこのエピソードである。イカリムは、自分のバンドがあきらめたバブルボウルでの演奏をするようにイカルドに言った。しかしエピソードの終わりに、イカリムがイカルドの失敗を見届けるためにバブルボウルに行くと、バンドが「スイート・ビクトリー」を演奏しているのを見て心臓発作を起こし、担架で病院に運ばれた。

『イカルドとイカリム』編集

イカルドは自分を良く見せるために5つ星レストランのオーナーをしていることをイカリムに伝える。当初、イカリムはスポンジ・ボブの新しい高級レストランに関する専門知識に感銘を受けていたが、スポンジ・ボブが自分の名前を思い出せず、狂ってレストランを破壊したことで、イカルドは恥をかく。イカルドが真実を語ったとき、イカリムは自分の人生について嘘をついてイカルドを打ち負かしたと告白しているだけで、冗談を言っているだけであり、みんなを気球/カジノに乗せていることを明かした。

『お宅拝見!』編集

イカリムのとんでもなく豪華な家が、題名と同名のテレビ番組で紹介された。この家の特徴は、金色のトイレ、浴槽付きのエレベーター、そして金のドアノブでできた大きな単眉の彫刻である。イカルドはこれに嫉妬し、番組の主催者であるニコラス・ウィザーズに、自分の家の方が素晴らしいことを主張する。

イカルドの家は、イカルドがより良くしようとした結果崩壊してしまった。しかしウィザーズはそれを芸術と捉え、イカリムの家より優れていると宣言したので、イカリムは泣きながら倒れる。

『ニセ教授の災難』編集

イカリムは非常に高く評価され、すべての人から尊敬されているため、ビキニタウン名門音楽学校で音楽教師の仕事を依頼される。そこでイカルドは、イカリムのふりをして自分が生徒に教えようとする。その後、イカリムが現れ、イカルドは逮捕された。

ダンス☆大好き英語版編集

イカリムは 『ダンス☆大好き』の最後にも出演した。イカルドがイカリムのラインダンサーの役割を与えられた後、イカルドがスポンジ・ボブに対して行ったのと同じ方法で、乱暴にイカルドを訓練し始める。

『ビキニタウンを美しく!』編集

イカリムが1週間でビキニタウンを掃除したことを称える像があることを知ったイカルドは、その記録を破ろうとする。 最終的にイカリムの像が溶け、イカルドは勝利する。

『タイムマシン』編集

代替のタイムライン、スポンジ・ボブとパトリックたときに彼がビキニボトムにサインアップ置くことによって、元のタイムラインから徒歩マン・レイが引き継いだ。

『スポンジ・ボブはお医者さん』編集

イカリムは、スポンジ・ボブがイカルドの手術中に提案するたくさんの鼻の1つとしてカメオ出演する。

トリビア編集

  • 2019年9月の雑学クイズで、ロジャー・バンパスはイカリムの名前を覚えていなかった。『イカルド楽団』からのイカルドのライバルは誰なのかと尋ねられたとき、彼は「ファンシーソンザサード」と言った。
  • 一部の国際版では、イカリムの声優はイカルドの声優と同じである。
  • シーズン7『タイムマシン』以来、彼は直接登場していない。
    • これは彼がイカルドなしで現れる唯一の時でもある。
  • 『ビキニタウンを美しく!』は、イカリムとイカルドの両方がスポンジ・ボブと一緒にチケットを取得したために両方が失われる最初のエピソードである。
  • クロアチア版では、姓が「ハンサム」という意味の「Zgodnić」になる。
  • 『ニセ教授の災難』で見られるように、イカリムもクラリネットを演奏する。
  • イカリムの声はイカルドの声よりわずかに高い。

評価編集

イカルドは評論家ファンから好評を得ている。スポンジ・ボブの声優トム・ケニーは、イベントでイカルドをお気に入りのキャラクターとした。「彼には、スポンジ・ボブとパトリックに巻き込まれる、という特異な側面があるが、彼はそれを嫉妬している。彼が関与しようとすると、彼はそれを信じていないので必ず失敗する。」スタッフライターのケイシー・アレクサンダーは、「イカルドは私が最も共感できるキャラクターです。大袈裟に言えば、彼は最も人間的なキャラクターです。もしスポンジ・ボブのような人がいれば、おそらく私はイカルドがするように反応するでしょう。」と語った。歌手のファレル・ウィリアムスは番組のファンを公言し、「イカルドは私のお気に入りだ。彼が人間なら、私は彼とつるむだろう」と述べた。

DVDバーディクト英語版でビル・トレッドウェイは、イカルドは「間のクロスであることをバート(『セサミストリート』)、ウディ・アレン、およびロジャー・アディソン(『ミスター・エド』)...しかし、もしあなたが見つけるられれば、彼は心を持っています」と書き、「隣人のふざけた態度にまっすぐな男」と呼した。映画評論家のA・O・スコットニューヨーク・タイムズの記事で「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」について、イカルドはサンディやパフ先生と共にお気に入りのサブキャラクターの1人であると述べ、「隅に追いやられたのは残念でした」と書いた。また、同じ出版物から、テレビ評論家のジョイス・ミルマン英語版は、イカルドは「ポール・リンド英語版の鼻のビッキーさとフェリックス・アンガー英語版の芸術的な口調」を持っていると述べた。ミルマン氏はさらに、「うーん、イカルドはゲイのイカの一人だと思う」と述べた。

『イカルド楽団』は、イカルドに焦点を当てたシーズン2のエピソードで、多くの評論家やファンに番組の最高のエピソードの1つと評される。ワシントンポストの記事で、マイケル・カバーナは『イカルド楽団』を5番目に優れたエピソードとしてランク付けした。カバーナは記事のなかで、「イカルドの屈辱、容赦ない平凡さに直面した芸術的野望の組み合わせにより、大人がまったく別のレベルで体験できる子供向けのエピソードになった」と語っている。あまり肯定的ではないが、イカルドはCommon Sense Mediaの「2012年のテレビの最悪の10のロールモデル」にも掲載された。著者のシエラ・フィルッチは、イカルドの利己主義は「最悪の罪」であり、イカルドは「カニカーニの意地悪で厄介なレジ係」で、「何かが欲しいときにだけいい人」と述べた。

2012年の第39回デイタイム・エミー賞で、バンパスはイカルドの声優として、アニメーション部門にノミネートされた。バンパスは、この部門で最初にノミネートされたスポンジ・ボブの声優である。この賞は、『ガーフィールドショー』のジューン・フォーレイが受賞した。バンパスは、ノミネートの証明書を誇りに思っていると述べ、また、「候補者の中にフォーレイがいて、彼女はアニメーション界でレジェンドであるため、実際には争いはなかった...他の3人にはチャンスがなかったのです。実際、私たちの誰かにチャンスがあった場合、会場(ビバリー・ヒルトン・ホテル英語版)で暴動が起きたでしょう」と語り、「ジューン・フォーレイに負けてうれしい」、「ノミネートされたことにとても感謝しています」と述べた。

メディア展開編集

イカルドは、ボードゲームぬいぐるみトレーディングカードなど[7]、さまざまなスポンジ・ボブ関連の商品に採用されている。テレビシリーズと並んで、イカルドはスポンジボブ・コミック英語版2011年2月に初公開)など、多くのスポンジ・ボブのビデオゲーム、テーマパークやテーマパークパレード(シー・ワールド英語版ユニバーサル・スーパースター・パレード英語版などを含む)でも登場する。

また、2004年11月19日に公開された初の長編映画「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」に出演し、全世界で1億4,000万ドル以上の売り上げを記録した。イカルドは2015年2月6日に公開された映画の続編「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」にも出演する。

エピソード『飛べるスポンジ英語版』は、2009年リバプール・エンパイア劇場英語版ミュージカルとして採用され、その後南アフリカ共和国でも採用された。俳優のチャールズ・ブラントンは、イカルド役を初演し、後に彼がキャラクターを愛したこと、および「定評のあるキャラクターをステージミュージカルに再現する面白さ」を思い出した。ブラントンはこのミュージカルのためにスポンジ・ボブのDVDを9枚購入し、寝室でイカルドを演じる練習をした。彼は、「声と腕の使い方を完璧にするのに何年もかかった」と語った。ブラントンのパフォーマンスとミュージカルは、ほとんどの評論家に好評だった。The Public Reviewsの評論家曰く「ブラントン演じるイカルドがショーを盗んだときは、私たちのためにショーを本当に盗んだ、彼のキャラクターは完璧に釘付けにされた、彼の漫画の演技、声と所作からこれは完璧なパフォーマンスだった」。『ノーザン・エコー英語版』の記事でヴィヴハードウィックは、「ブラントンはイカルドに説得力を持たせた」と言った。南アフリカ共和国版ではクリス・ファン・レンスブルクによって演じられた。

2016年からシカゴではじまった『スポンジ・ボブ ブロードウェイミュージカル英語版』では俳優のギャビン・リー英語版がイカルドを演じ、2018年トニー賞の助演男優賞にノミネートされた。

参考文献編集

  • Neuwirth, Allan (2003). Makin' Toons: Inside the Most Popular Animated TV Shows and Movies. Allworth Communications, Inc. ISBN 1-58115-269-8
  • Banks, Steven (September 24, 2004). SpongeBob Exposed! The Insider's Guide to SpongeBob SquarePants. Schigiel, Gregg (Illustrator). Simon Spotlight/Nickelodeon. ISBN 978-0-689-86870-2
  • The SpongeBob SquarePants Experience: A Deep Dive Into the World of Bikini Bottom. Insight Editions. ISBN 978-1-60887-184-1

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Squidward from SpongeBob SquarePants| Cartoon | Nick.com” (英語). NICK UK. 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ RICE, JONAH LEE (2009-12). “SpongeBob SquarePants: Pop Culture Tsunami or More?”. The Journal of Popular Culture 42 (6): 1092–1114. doi:10.1111/j.1540-5931.2009.00724.x. ISSN 0022-3840. https://doi.org/10.1111/j.1540-5931.2009.00724.x. 
  3. ^ Bates, Sofie (2018-12-03). “These dolphins enjoy watching SpongeBob SquarePants—and it could be good for them”. Science. doi:10.1126/science.aaw2596. ISSN 0036-8075. https://doi.org/10.1126/science.aaw2596. 
  4. ^ a b RICE, JONAH LEE (2009-12). “SpongeBob SquarePants: Pop Culture Tsunami or More?”. The Journal of Popular Culture 42 (6): 1092–1114. doi:10.1111/j.1540-5931.2009.00724.x. ISSN 0022-3840. https://doi.org/10.1111/j.1540-5931.2009.00724.x. 
  5. ^ アニメ スポンジ・ボブ Season4 #38 ミニ・イカルドは人気者 | TVO テレビ大阪” (日本語). アニメ スポンジ・ボブ Season4 #38 ミニ・イカルドは人気者 | TVO テレビ大阪. 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ Squilliam Fancyson” (英語). Encyclopedia SpongeBobia. 2020年5月10日閲覧。
  7. ^ 【国内9月6日発売予定】 スポンジボブ × ナイキ カイリー 5 "イカルド" フロステッド スプルース/アルミニウム (CJ6950-300)” (日本語). スニーカーウォーズ. 2020年7月20日閲覧。