メインメニューを開く

イキン・チャン・カウィール

イキン・チャン・カウィールYik'in Chan K'awiil、この名前はおそらくは「空を暗くするカウィール」という意味であると解釈されている; fl. 734年766年頃)は古典期後期のペテン盆地地域(現在のグアテマラ)にあったティカルを中心とするマヤ文明都市国家の第27代目の統治者(アハウ)。 [2] ティカルの統治者の中でも成功した拡張主義的な一人で、父ハサウ・チャン・カウィール1世より獲得した政治的権力を確固たるものとした。

イキン・チャン・カウィール
TempleIIILintelMaudslay.jpg
ティカル第4神殿のまぐさに描かれたイキン・チャン・カウィール。[1]
住居 ティカル
別名 Tikal Ruler B
肩書き ティカル
配偶者 ヤシュ・アハウ・ショック女王
ハサウ・チャン・カウィール1世
カラフーン・ウネ・モ

マヤ文字の解読が進む以前、名前の読みが判明するまでは Tikal Ruler B として研究者に知られていた。[3]

経歴編集

イキン・チャン・カウィールの在位中、ティカルでは多数の建造物が造られ、彼の命によって建築ないし増築された建造物が現在でもいくつも残っている。

736年カラクムルを、743年744年にはカラクムルと同盟を結んだ2つの都市をそれぞれ征服。西はエル・ペルー、東はナランホまで、以前にこの地域を牛耳っていた権力関係を破壊せしめた。

彼の第一夫人はラカムハ(パレンケ)の姫であった。彼女の個人名は不明であるが、ヤシュ・アハウ・ショック女王[訳語疑問点](Lady Yax Ahau Xoc)という儀礼的称号は判明している。

イキン・チャン・カウィールの墓所の正確な位置は不明であるが、しかし強固な考古学的類似が墳墓116(彼の父が葬られた場所)と墳墓196の間にあり、第2神殿英語版のすぐ南の小ピラミッドの中に位置し、Str. 5D-73として表され、後者がおそらくイキン・チャン・カウィールの墓であると示される。[4] 他に可能性のある場所としては葬儀の神殿である第4神殿英語版および第6神殿が候補に挙げられる。

脚注編集

  1. ^ Sharer & Traxler 2006, p. 401.
  2. ^ Sharer and Traxler (2006, p. 313). Tikal Stela 5 records his lineage statement, as the 28th successor from the founder [of Tikal's dynastic line].
  3. ^ Valdes, Juan Antonio (2001年2月). “Tikals Dynastic Rulers”. 2014年6月9日閲覧。
  4. ^ Sharer and Traxler (2006, pp.304–305)

参考文献編集

Martin, Simon; Nikolai Grube (2000). Chronicle of the Maya Kings and Queens: Deciphering the Dynasties of the Ancient Maya. London and New York: Thames & Hudson. ISBN 0-500-05103-8. OCLC 47358325. 
Sharer, Robert J.; with Loa P. Traxler (2006). The Ancient Maya (6th, fully revised ed.). Stanford, CA: Stanford University Press. ISBN 0-8047-4816-0. OCLC 28067148.