メインメニューを開く

イギー・アゼリア

アメシスト・アメリア・ケリーAmethyst Amelia Kelly1990年6月7日 - )[1]は、イギー・アゼリアIggy Azalea、)の芸名で知られるオーストラリアラッパーシンガーソングライター及びモデルウィルヘルミーナ・モデルズ所属。シドニーで生まれ、マランビンビーで育った。ヒップホップの仕事に就くために、16歳の時にアメリカ合衆国南部に移り住んだ。YouTubeに投稿した「プッシー」と『Two Times』で一般の認知を得た。2012年T.I.のレーベルグランド・ハスラー契約を結び、デビュー作となるミックステープIgnorant Art』を発表。

イギー・アゼリア
Iggy Azalea August 2015.jpg
基本情報
出生名 アメシスト・アメリア・ケリー
生誕 (1990-06-07) 1990年6月7日(28歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア·シドニー
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア·ニューサウスウェールズ州マランビンビー
ジャンル EDMヒップホップ
職業 ラッパーシンガーソングライターモデル
担当楽器 ボーカル
活動期間 2011年 - 現在
レーベル デフ・ジャムグランド・ハスラーマーキュリーヴァージン・EMI
共同作業者 T.I.ジ・インビジブル・マン英語版ディプロ
イギー・アゼリアのサイン

2014年にデビュー・スタジオアルバム『リ・クラシファイド英語版』を発表。アルバムは世界中の音楽チャートの上位5位以内に入り、批評家からは様々な反応を受けた。同作からのシングル『ファンシーfeat.チャーリーXCX』はBillboard Hot 100で7週連続首位を獲得、同チャートで首位を獲得した4人目の女性ラッパーとなった。また、同時期に客演したアリアナ・グランデのシングル『プロブレム』が2位となった為、"同一アーティストのシングルが初登場で1位・2位を独占”というビートルズ以来の快挙も達成した[2]。更に彼女は、女性ラッパーによるシングルの連続首位記録でリル・キムの記録を塗り替えた[3][4]

目次

生い立ち編集

イギー・アゼリアはオーストラリアのシドニーに生まれ、アメシスト・アメリア・ケリーと名付けられた。彼女がまだ幼少の頃、家族がニューサウスウェールズ州のマランビンビーに引越し、父親が泥レンガで自ら建てた家で12エーカーの土地に囲まれて過ごした。父親のブレンダン・ケリーは画家そして漫画家であり、母親のターニャはホリデーハウスやホテルの清掃員であった。

イギーの両親はどちらもアボリジニの家系であると言っている。「私の両親は「最初の植民船団」でオーストラリアに来たの。私の家系は100年以上、長い間オーストラリアに居たわ。自分の家系がもしオーストラリアにずっと住んでたら、誰だって少しくらいはアボリジニの血を持ってるわ。私の家族がそうだってことは、目の特徴で分かるの。アボリジニだけが持つ特徴だから」。彼女の名字ケリーは、アイルランド由来である。彼女いわく、父親がティーンエージャーだった彼女を[アート]作品にし、そのことが彼女の人生や作品へ常に影響しているという。

14歳の時にラップを始めた。ソロ活動の前は、近所の少女2人とグループを組んで活動していた。後に、メンバーの2人が本気でなかったことから、イギーはグループの解散を決意した。アメリカに移る願望を叶えるため、高校を退学してホテルの清掃員等のバイトを掛け持ちした。ホリディハウスでは母親と働いていた。高校のクラスを嫌っていた彼女だが、アートのクラスだけは別だった。また、学校に友達が居なかったことや手作りの洋服を着ていたことでいじめられたと話している。

2006年、16歳になる寸前にイギーはアメリカへと渡った。両親には、友達と休暇に行くとだけ伝えていたが、次第に残ることを決意し、後に両親には家に戻らないことを告げる。アメリカ到着後、彼女は高校卒業を認定する試験GEDに合格し、3ヶ月毎に出国することでビザ免除を6年間に渡って繰り返した。現在では、これまでの不法な労働歴がありながらも、5年のOビザによってアメリカに滞在している。

私生活編集

2011年後半から音楽プロデューサーチェイスン・キャッシュ英語版の紹介で知り合ったラッパーのエイサップ・ロッキーと交際していたが、2012年7月にロッキーが破局を認めた[5]。アゼリアは交際中に、ロッキーがブレイクするきっかけとなったミックステープ「Live. Love. A$AP英語版」のタイトルをタトゥーで手に彫ったが[5]、破局後、「A$AP」の部分を消したことを明らかにした[6]

2013年3月からNBA選手のニック・ヤングと交際を開始。雑誌「GQ英語版」2014年3月号に一緒に登場。彼らはカリフォルニア州ターザナに住み、2015年6月1日婚約した[7][8]。しかし、2016年6月19日にアゼリアはヤングとの破局を発表した[9]

2015年3月の雑誌『ヴォーグ』とのインタビューで、「4か月前に豊胸手術を受けた」と発言[10]。同年8月の雑誌『セブンティーン』とのインタビューでは鼻の整形手術を受けたことを告白した[11]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
AUS
[12]
CAN
[13]
IRE
[14]
NLD
[15]
NZ
[16]
SWE
[17]
UK
[18]
US
[19]
2014 The New Classic 2 2 13 58 3 12 5 3
2017 Digital Distortion 発売取りやめ - - - - - - - - -

ミックステープ

  • Ignorant Art (2011年9月)
  • Trap Gold (2012年10月)

EP

  • Glory (2012年7月)
  • Survive the Summer (2018年8月)

経歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lymangrover, Jason. “Iggy Azalea Artist Biography”. AllMusic.com. 2015年6月9日閲覧。
  2. ^ Iggy Azalea Remains Atop Hot 100 With 'Fancy'; MAGIC!, Calvin Harris Hit Top 10”. Billboard (2014年6月4日). 2014年9月4日閲覧。
  3. ^ Trust, Gary (2014年7月2日). “Iggy Azalea Claims Longest Hot 100 Reign For A Female Rapper With 'Fancy'”. Billboard. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月2日閲覧。
  4. ^ Trust, Gary (2014年7月9日). “Iggy Azalea Tops Hot 100 For Seventh Week”. Billboard. 2015年1月22日閲覧。
  5. ^ a b V Exclusive! Iggy Azalea Confirms Romantic Relationship with A$AP Rocky”. Vibe (2012年1月13日). 2013年7月5日閲覧。
  6. ^ Iggy Azalea Crosses Out ASAP Rocky Tattoo”. Vibe (2013年3月3日). 2013年7月5日閲覧。
  7. ^ イギー・アゼリア、NBA選手のニック・ヤングと婚約!”. ELLE (2015年6月3日). 2015年6月15日閲覧。
  8. ^ Trulia (2014年11月). “Iggy Azalea And Nick Young Buy Selena Gomez's Mansion”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/trulia/2014/11/12/iggy-azalea-and-nick-young-buy-selena-gomezs-mansion 2014年11月12日閲覧。 
  9. ^ Lara, Maria Mercedes (2016年6月19日). “Iggy Azalea and Nick Young Break Up”. People.com.. 2016年7月7日閲覧。.
  10. ^ Lynn Yaeger (2015年3月24日). “Vogue Goes Shopping with Iggy Azalea for Her New Shape”. Vogue. 2015年3月25日閲覧。
  11. ^ Vogue Goes Shopping with Iggy Azalea for Her New Shape”. Seventeen.com (2015年8月4日). 2015年8月14日閲覧。
  12. ^ Peak positions for Iggy Azalea releases in Australia:
    • All except noted: Discography Iggy Azalea (Enter "Iggy Azalea" into the "Search by Artist" parameter)”. australian-charts.com. Hung Medien. 2014年7月17日閲覧。
  13. ^ Chart history for Iggy Azalea: Canadian Albums Chart”. Billboard. 2014年7月17日閲覧。
  14. ^ Iggy Azalea (Enter "Iggy Azalea" into the "Search by Artist" parameter)”. Irish Recorded Music Association. 2014年7月17日閲覧。
  15. ^ Discografie Iggy Azalea” (Dutch). dutchcharts.nl. Hung Medien. 2014年7月17日閲覧。
  16. ^ Discography Iggy Azalea”. charts.org.nz. Hung Medien.. 2014年7月17日閲覧。
  17. ^ Discography Iggy Azalea”. swedishcharts.com. Hung Medien. 2014年7月17日閲覧。
  18. ^ Peak positions for Iggy Azalea releases in the United Kingdom:
  19. ^ Chart history for Iggy Azalea: The Billboard 200”. Billboard. 2014年7月17日閲覧。
  20. ^ The New Classic (Deluxe Version) by Iggy Azalea”. United Kingdom: iTunes Store. 2014年9月2日閲覧。
  21. ^ Iggy Azalea's 'The New Classic' Hits Hits 500,000 Sold And Reaches 'Certified Gold' Status By RIAA - Def Jam”. Def Jam. 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月29日閲覧。
  22. ^ ARIA Australian Top 40 Urban Albums”. Australian Recording Industry Association. 2014年11月22日閲覧。
  23. ^ Gold/Platinum Database - Music Canada (To access certifications, enter the artist/title or search by date of the item you are looking for into one of the search parameters.)”. Canadian Recording Industry Association (2014年8月26日). 2014年8月26日閲覧。
  24. ^ Gold & Platinum: Azalea, Iggy”. Recording Industry Association of America. 2014年10月20日閲覧。
  25. ^ テイラー・スウィフトが最多14ノミネート!「2015 ビルボード・ミュージック・アワード」ノミネーション発表(1/2)”. シネマトゥデイ (2015年4月11日). 2015年4月13日閲覧。

外部リンク編集