メインメニューを開く

イケメンは、日本語で魅力的な男性、特に面貌が魅力的な男性の事を指す俗語である。

目次

概要編集

 
佐藤健 (俳優)はイケメン

1990年代中頃からゲイ雑誌などの男性同性愛コミュニティでは、同性愛者に人気のある男性のことを「魅力的な」を意味する俗語「イケる」「イケてる」と「男性向けの」を意味する英語「メンズ」とを組み合わせて「イケるメンズ」「イケてるメンズ」などと呼んでいた[1]

その後、女性向けファッション雑誌『egg』において、編集者の矢野智子が魅力的な男性について特集する「クリクリ矢野のイケてるメンズ」というコーナーを開始し、1999年に同コーナーの略称として「イケメン」を使用した[2]。これが転じて、同コーナーに掲載されるような魅力的な男性それ自体をイケメンと呼ぶようになった。

現在では、「メン」の部分を「面」(面貌、面容、顔面などの意)と「men」(男性)とを掛けたものと解釈し、「面がイケてる男性」を意味するという用法が一般的となっている[3]

動画配信サービス「ニコニコ動画(9)」視聴者を対象に行った「ネット流行語大賞2009&ケータイ流行語大賞2009 ニコ動調査」のアンケート結果によると、金賞は「※ただしイケメンに限る」に決定した。[4]

ドラマ編集

日本では、2007年に『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(2011年にリメイク版『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』)が放送された。[5]

韓国では、2009年に『美男ですね(イケメンですね)』が放送され、2011年には日本リメイク版として『美男ですね』が放送された。[6]

脚注編集

  1. ^ G-men』1996年6月号など。ただし、当時のゲイ雑誌で「イケるメンズ」「イケてるメンズ」を略して「イケメン」と表記しているものは現在のところ確認されていない。
  2. ^ egg』1999年1月号。
  3. ^ 例えば、『広辞苑 第6版』岩波書店、2008年は、「いけ面」という見出し語でこの言葉を収録した。
  4. ^ 「2009年のネット流行語大賞は「※ただしイケメンに限る ...」INTERNET Watch 2009/11/25 [1]
  5. ^ 「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~ - フジテレビ」[2]「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス2011 - フジテレビ」[3]
  6. ^ 「金曜ドラマ「美男ですね」|TBSテレビ」[www.tbs.co.jp/Ikemen_Desune2011]

関連項目編集