イスキア島(イスキアとう、イタリア語: Isola d'Ischia)は、イタリアナポリ湾の西部に浮かぶ火山島フレグレエ群島英語版最大の島で、プローチダ島とヴィヴァラ島の西に位置する。面積は約46.3km2。最高地点は787mのエポメーオ山である。

イスキア島
Ischia da procida.jpg
西方のプローチダ島から
所在地 イタリアの旗 イタリア カンパニア州ナポリ県
所在海域 ティレニア海ナポリ湾
所属諸島 フレグレエ群島
座標 北緯40度43分 東経13度54分 / 北緯40.717度 東経13.900度 / 40.717; 13.900
面積 46.3 km²
最高標高 787 m
イスキア島の位置(イタリア内)
イスキア島
イスキア島
イスキア島 (イタリア)
イスキア島の位置(カンパニア州内)
イスキア島
イスキア島
イスキア島 (カンパニア州)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

イスキア火山は、火砕丘溶岩ドームの集合体で[1]、火山活動は遅くとも15万年前から始まり[2][3]、およそ5万年前に大噴火を起した[4]。最後の噴火は1302年である[3]

島民はおよそ7万人で、そのほとんどは、ブドウ畑の仕事で生計をたてている[5]

歴史編集

前8世紀半ば頃、エウボイア島(ユービア島)からのギリシア人が植民市ピテクサイを設けた。ギリシア本土やイベリア半島を結ぶ地中海交易の中継地としての役割を果たしたほか、近隣でエルバ島の鉄鉱石を用いて金属加工を行っていたように、ギリシア本土では乏しい金属資源を入手する狙いもあったと推測されている。

行政編集

イスキア島の行政は6つのコムーネに分れている。

参考画像編集

その他編集

日本の佐藤初女の「森のイスキア」(青森県[6]、他による各地の「海のイスキア」、「緑のイスキア」などは心が休まる所としてのイスキア島の名称を借りている。

脚注編集

参考文献編集

  • 守谷以智雄「イタリアの第四紀火山体のタイプ」『金沢大学文学部地理学報告』第8号、金沢大学文学部地理学教室、1997年、 137-152頁、 ISSN 0289789XNAID 110004721389
  • 中野聰志「イタリア・イスキア島粗面岩中のアルカリ長石」『滋賀大学教育学部紀要 自然科学』第49号、滋賀大学教育学部、1999年、 9-17頁、 ISSN 13429272NAID 110000073202
  • ライエル, 大久保雅弘 『地球の歴史を読みとく : ライエル「地質学原理」抄訳』古今書院、2005年。ISBN 4772251006NCID BA72385039https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007776407-00 


関連項目編集

外部リンク編集

  • Ischia - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program