メインメニューを開く

イスズミKyphosus vaigiensis、伊寿墨、伊須墨)はスズキ目イスズミ科に属する海水魚。イズスミ、ゴクラクメジナ、クシロ、ウンコタレ、ババタレ、クソタレ、シチューなどとも呼ばれる。全長70cmに達する。本州中部以南、太平洋インド洋などの浅海の岩礁域に生息する。メジナに似ているが、体側に黄色く細い縦縞が走ること、背鰭の棘が10〜11であること(メジナは14〜15)などで区別できる。夏には小動物を、冬場はハバノリなどの褐藻類を食べる。そのため、夏は磯臭いが冬場は臭みが少なくなり美味となる。磯釣りの対象魚である。釣り上げた時のショックが原因なのかどうかは分からないが、釣り上げる瞬間に大量の排泄物を放出する事[1]から地域(主に近畿地方)によっては「ウンコタレ」、「クソタレ」、「ババタレ」などの名で呼ばれる。大抵は水面に引き上げるまでに排泄するのであるが、釣り上げるタイミングが早いとその様子を見られる。

イスズミ
Kyphosus vaigiensis by NPS.jpg
イスズミ K. vaigiensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
: イスズミ科 Kyphosidae
亜科 : イスズミ亜科 Kyphosinae
: イスズミ属 Kyphosus
: イスズミ K. vaigiensis
学名
Kyphosus vaigiensis
(Quoy and Gaimard, 1825)
和名
イスズミ (伊寿墨・伊須墨)
英名
Brassy chub

その他のイスズミ属としては

  • ノトイスズミ Kyphosus bigibbus Lacépède, 1801 (Brown chub)
  • ミナミイスズミ Kyphosus pacificus K. Sakai & Nakabo, 2004 (Pacific drummer)

などがいる。

脚注編集

外部リンク編集