イスラム・カリモフ

ウズベキスタンの政治家

イスラム・アブドゥガニエヴィッチ・カリモフウズベク語: Islom Abdug‘aniyevich Karimov英語: Islam Abduganievich Karimov1938年1月30日 - 2016年9月2日)は、ウズベキスタンの政治家。1991年の独立以来、25年にわたって同国の初代大統領を務めた。ウズベキスタン自由民主党党首。

イスラム・アブドゥガニエヴィッチ・カリモフ
Islom Abdug‘aniyevich Karimov
Karimov Ufa.jpg

任期 1991年9月1日2016年9月2日
副大統領 シュクルッラ・ミルサイドフ
1991年 - 1992年
首相 アブドゥルハシム・ムタロフ1992年 - 1995年
ウトキル・スルタノフ1995年 - 2003年
シャヴカト・ミルズィヤエフ2003年 - )

任期 1990年3月24日 – 1991年9月1日
首相 シュクルッラ・ミルサイドフ

任期 1989年6月23日 – 1991年12月29日

出生 1938年1月30日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Uzbek SSR.svg ウズベク・ソビエト社会主義共和国 サマルカンド
死去 (2016-09-02) 2016年9月2日(満78歳没)
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン タシュケント
政党 ウズベキスタン共産党→)
ウズベキスタン人民民主党→)
ウズベキスタン自由民主党
配偶者 ナターリア・ペトローヴナ・クチミ(1964年 - 1960年代)
タチヤーナ・カリモヴァ英語版(1967年 - 2016年)
子女 グリナラ・カリモヴァ
ローラ・カリモヴァ
署名 Автограф Ислама Каримова.jpg

人権問題や報道規制などの問題により欧米諸国からは独裁者として批判を受け、パレード誌英語版に「世界最悪の独裁者」の一人に選ばれていたが、2007年から2012年まで毎年8%以上のGDP成長率を達成するなど、優れた指導者としての一面を見せている[1][2]

目次

経歴編集

ソ連時代編集

 
世界経済フォーラム年次総会でのカリモフ(右から2人目、1992年)

1938年1月30日、サマルカンドで生まれる。1941年に孤児院に入れられ、翌1942年に家に戻るが、1945年に再び孤児院に入れられる。1955年に高校を卒業し、1960年に中央アジア工科大学(現在のタシュケント国立工科大学英語版)を卒業し、機械工学の学位を取得した[3]。卒業後は水資源省にエンジニアとして入省し、1967年にタシュケント州立大学で経済学の修士号を取得した[3]

1961年から1966年まで、V.P.チカロフ名称タシケント航空生産公団の技師。1964年ウズベキスタン共産党に入党。1966年から1983年までゴスプランの主任専門官、議長補佐官、課長、局長、副議長、第一副議長を歴任した[3]。1983年からウズベク共和国の財務大臣1986年から副首相兼ゴスプラン議長を歴任[3]。1986年カシュカダリヤ州の共産党第一書記、1989年6月からウズベキスタン共産党中央委員会第一書記。1990年から1991年までソ連共産党中央委員会委員、政治局員、第12期ソ連最高会議代議員を歴任した。

ウズベキスタン大統領編集

大統領選挙編集

 
CSTO加盟国首脳会議でのカリモフ(右から2人目、2010年)

1990年3月24日、ウズベク・ソビエト社会主義共和国大統領に就任[3]ソ連8月クーデター失敗後の1991年9月1日にウズベキスタンの独立を宣言し、ウズベキスタン共産党をウズベキスタン人民民主党に改称した。ソ連崩壊後の12月29日にウズベキスタン大統領選挙で当選。1995年3月26日に国民投票を実施し、任期を2000年まで延長した。2000年1月9日の大統領選挙では91.9%の得票を得て再選したが、選挙では白票や棄権票が「カリモフに投票した」と見なされるなど公正さに疑問があり、アメリカ合衆国からは「真の自由で公正な選挙とは言えず、ウズベク国民には選択肢が与えられていなかった」と批判を受けた[4][5]

2007年11月6日、ウズベキスタン自由民主党の公認を得て大統領選挙への出馬を表明し、選挙管理委員会からの承認を得たが、対立候補は「憲法に規定されている3選禁止を無視している」と批判した[6][7][8]。12月23日の選挙では88.1%の得票を得て3選した。選挙結果は上海協力機構独立国家共同体加盟国からは歓迎されたが、欧米諸国からは「政治的な茶番であり、真の選択肢が与えられていない」として批判を受けた[9][10][11]

2015年3月29日、大統領選挙で90.39%の得票を得て4選[12]。旧ソ連構成国や中国から派遣された選挙監視団は公正な選挙として評価したが、欧米諸国からは不正な選挙として批判を受けた。また、3選禁止が規定された憲法が制定されてから3度目の大統領当選となった[13]

反イスラム政策編集

 
サマルカンドを訪問したジョン・ケリーを出迎えるカリモフ(2015年)

カリモフは反イスラム政策を掲げ[14]、1995年5月にはイスラム急進派を抑えるために「宗教団体の自由と配慮に関する法律」を制定させ、モスク建設を許可制とした。1999年にカリモフ暗殺未遂事件が発生すると、イスラム教徒への抑圧を強めた[15]アメリカ同時多発テロ事件以後、ウズベキスタンは対テロ戦争におけるアメリカの戦略的同盟国と見られるようになり、アメリカのアフガニスタン進攻の際には800人のアメリカ軍を国内に受け入れサポートした[16]。しかし、2005年5月13日に反政府デモを武力弾圧したアンディジャン事件を巡りアメリカとの関係が悪化し、カリモフはアメリカ軍に撤収するように促し、アメリカ軍は7月にウズベキスタンから撤収した[17]

カリモフは国内のイスラム過激派ウズベキスタン・イスラム運動ヒズブ・アッタ=ハリール英語版への攻撃を実施し、1991年から2004年にかけて、「イスラム過激派」として7,000人のイスラム教徒を逮捕・投獄している[18]。これに対し、ウズベキスタン・イスラム運動は「ジハード」を呼びかけ対立が深刻化したが、2001年と2009年に両組織の指導者を殺害した[19][20]

人権問題と報道規制編集

 
プーチンと会談するカリモフ(2001年)

カリモフは、国際社会から長年にわたり人権や報道規制について批判を受けていた[21]。駐ウズベキスタン英国大使を務めたクレイグ・マレー英語版は、カリモフ政権下の腐敗・宗教弾圧・検閲・拷問・殺害・誘拐などの問題を批判しており、大使退任後にはカリモフ政権の人権問題やアメリカとの関係を記した回顧録を出版している[22]。また、国際連合もカリモフ政権で拷問が行われていることを報告している[23]

ウズベキスタン憲法では「検閲の禁止」や「報道の自由」が明記されており、名目上は報道の自由が認められている。しかし、カリモフ政権は「説明責任」を理由に報道・出版を規制しており、検閲官を配置して政権の宣伝を実施している。報道される政府批判は全て検閲がかかり、中級レベルの指導部や官僚の批判しか許可されることはない。1990年代には外国メディアを許容する姿勢を示していたが、ロシアの放送局が減少したことに併せて欧米の放送局も次々に撤退し、以降十数年に渡り海外の出版物の出版を制限していた[24]。また、「政権に対して不実である」という理由で野党の出版物も規制していた[25]

死去編集

カリモフの葬列に集まるタシュケント市民(2016年)
カリモフの墓を訪れるプーチンとシャヴカト・ミルズィヤエフ(2016年)

カリモフの健康問題は政府によって厳重に報道規制が敷かれており、2013年3月に心臓発作を起こしたと報道された際には「事実無根」であると発表していた[26][27][28]

2016年8月27日、カリモフが脳出血のため集中治療室で治療を受けていることを次女のローラ・カリモヴァが明らかにした[29]。カリモフは一時心停止状態に陥ったが、20分後に回復し、人工呼吸器を取り付けられた[30]。公式の医療報告書によると、ウズベキスタン政府は27日から28日にかけてモナコ心胸郭センター所長、ヘルシンキ大学神経外科名誉教授、ハノーファー国際神経科学研究所長、ハイデルベルク大学病院教授、モスクワ州立医科大学心臓血管外科部長にカリモフの病状について相談している[30]

その後、カリモフが8月29日に死亡したとの未確認情報が地元メディアなどに報じられ、9月1日の独立25周年のテレビ放送では政府報道官がカリモフの演説を代読し、ローラが国民に父の回復を祈るように懇願した[31][32]。9月2日に脳出血のため死去したとの報道が、ウズベキスタン政府による公式な確認を得られないまま駆け巡った[33]。ウズベキスタン政府は2日の日中の段階では「重体」であるとしていたが、同日20時55分(日本時間3日0時55分)にカリモフが死去したことを、国営テレビを介して公式に発表した[34]。死去に際し、バラク・オバマウラジーミル・プーチン習近平ら各国首脳が哀悼の意を表した他、イルハム・アリエフライモンツ・ヴェーヨニスナワーズ・シャリーフ李克強がウズベキスタン大使館を訪れ記帳した[35][36][37][38]

カリモフの葬儀は9月3日に執り行われた。死没地のタシュケントでは数千人の市民が集まり葬列に花を手向けたが、遺体は死去の公式発表前にタシュケントからサマルカンドに移送されていた[39]。葬儀はサマルカンドのレギスタン広場で執り行われ、シャーヒ・ズィンダ廟群にある母と兄弟の墓の隣に埋葬された[40]。葬儀にはドミートリー・メドヴェージェフアシュラフ・ガニーグルバングル・ベルディムハメドフエモマリ・ラフモンカリム・マシモフソーロンバイ・ジェーンベコフ英語版ムハンマド・ジャヴァード・ザリーフ英語版ら17か国の代表が参列した[40][41][42][43]。また、9月5日にはキューバがカリモフの死去について服喪することを決定した[44]他、6日にはプーチンが弔問のためウズベキスタンを訪れ、タチヤーナとローラと会談して哀悼の意を表した[45]

人物編集

親日家として知られ、1997年に麻生太郎が日本の閣僚として初めて面談した際、子供の頃、毎週末毎に母親に手を引かれ日本人捕虜収容所へ連れて行かれた時の事を話した。「せがれ、ご覧、あの日本人の兵隊さんを。ロシアの兵隊が見ていなくても働く。他人が見なくても働く。お前も大きくなったら、必ず他人が見なくても働くような人間になれ。お蔭で母親の言いつけを守って、今日俺は大統領になれた」このエピソードは2013年5月13日の衆議院予算委員会の答弁で紹介された。

日本人捕虜が建設したナヴォイ劇場は1966年4月26日のタシケント地震でもビクともせず、1996年に日本人抑留兵の功績を称えてウズベク語、日本語、英語で書かれた銘板を掲げ、日本人の功績を称えた。その際「決して『捕虜』と書いてはいけない」と厳命した為「極東から強制移住させられた数百人の日本人」という表現になっている。[46]

家族編集

 
李明博夫妻とカリモフ夫妻(2010年)

父はウズベク人、母はタジク人とされているが、父はユダヤ人という説もあり詳細は不明となっている。1964年にナターリア・ペトローヴナ・クチミと結婚し息子ピョートルをもうけるが、後に離婚している[47]。1967年に経済学者・共和国科学アカデミー経済研究所科学職員のタチヤーナ・ソビロヴァ英語版と結婚し、2女(グリナラローラ)と5人の孫を有する[48][49]

長女グリナラは外交官・実業家として活動していたが、父と対立したため2014年2月以降は汚職の罪により軟禁状態に置かれているとされている[50][51]。次女ローラも実業家であり、ウズベキスタンでは子供の権利やスポーツ振興に関する活動家として知られている[52]

脚注編集

  1. ^ The World's Worst Dictators-2007. Parade.com. Retrieved on 2012-04-04.
  2. ^ GDP growth (annual %)”. The World Bank. 2012年2月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e “Биография Ислама Каримова” (ロシア語). Echo Moscow. (2016年9月2日). http://m.echo.msk.ru/blogs/detail.php?ID=1828908 2016年9月2日閲覧。 
  4. ^ US slams Uzbek election as unfree, unfair and laughable EurasiaNet
  5. ^ Alisher Ilkhamov, "Controllable Democracy in Uzbekistan", Middle East Report, No. 222 (2002) pp. 8–10.
  6. ^ “Islam Karimov agreed to remain the president another seven years”. Ferghana.ru. http://enews.ferghana.ru/article.php?id=2216 2007年11月13日閲覧。 
  7. ^ "Uzbek Election Watchdog Clears Karimov For Third Term", Radio Free Europe/Radio Liberty, 19 November 2007.
  8. ^ Shukhrat Babajanov, "Uzbekistan: Official Acquiescence In Karimov Presidential Bid Draws Fire", Radio Free Europe/Radio Liberty, 21 November 2007.
  9. ^ "Uzbek Incumbent Wins Presidential Poll Without 'Genuine Choice'", Radio Free Europe/Radio Liberty, 24 December 2007.
  10. ^ Halpin, Tony (2007年12月21日). “Torture an iron fist and twisted logic set stage for Islam Karimovs landslide victory”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article3080265.ece 2010年5月5日閲覧。 
  11. ^ Uzbek Leader’s Re-Election Dismissed as Charade. Iwpr.net. Retrieved on 2012-04-04.
  12. ^ Uzbek leader Karimov wins presidential election by landslide”. The Globe and Mail (2015年3月30日). 2015年3月30日閲覧。
  13. ^ Islam Karimov re-elected Uzbekistan's president in predicted landslide”. The Guardian (2015年3月30日). 2015年3月30日閲覧。
  14. ^ Stuart Horsman (2005). “Themes in Official Discourses on Terrorism in Uzbekistan”. Third World Quarterly 26 (1): 199–213. doi:10.1080/0143659042000322982. JSTOR 3993771. 
  15. ^ Bohr, p. 64.
  16. ^ Khanabad, Uzbekistan Karshi-Kanabad (K2) Airbase Camp Stronghold Freedom Global Security
  17. ^ US asked to leave Uzbek air base BBC News.
  18. ^ Bombings and Shootings Rock Uzbekistan Yale Global Online
  19. ^ Latest in a Series of Show Trials Condemns Peaceful Opposition Along with Militants Human Rights Watch
  20. ^ Islamic Movement of Uzbekistan (IMU) CNS.
  21. ^ Uzbekistan: Country Reports on Human Rights Practices”. U.S. Department of State: Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor (2004年2月25日). 2016年9月2日閲覧。
  22. ^ Craig Murray. Murder in Samarkand, 2006, [ISBN 978-1845961947], and Dirty Diplomacy, 2007, [ISBN 978-1416548027], Scribner.
  23. ^ Civil and political rights, including the questions of torture and detention United Nations Economic and Social Council
  24. ^ Human Rights Watch, Violations of Media Freedom: Journalism and Censorship in Uzbekistan (1 May 1996), D07.
  25. ^ Bohr, p. 15.
  26. ^ Abdurasulov, Abdujalil (2016年8月29日). “Uzbekistan opens up on president's health – BBC News”. BBC News. http://www.bbc.com/news/world-asia-37212624 2016年9月1日閲覧。 
  27. ^ Kramer, Andrew E. (2013年4月6日). “Rumors About Uzbekistan Leader’s Health Set Off Succession Debate”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/04/07/world/asia/rumors-set-off-succession-debate-in-uzbekistan.html 2016年9月1日閲覧。 
  28. ^ “Daughter of Uzbek leader tweets to deny health reports”. Reuters. (2013年3月26日). http://www.reuters.com/article/us-uzbekistan-karimov-idUSBRE92P0NP20130326 2016年9月1日閲覧。 
  29. ^ ウズベク大統領「脳出血」ICUで治療と次女”. 共同通信社. 2016年8月29日閲覧。
  30. ^ a b Медицинское заключение о болезни и причине смерти Ислама Абдуганиевича Каримова” [Medical report on the illness and cause of death of Islam Karimov] (ru). Government of the Republic of Uzbekistan. 2016年9月3日閲覧。
  31. ^ “Rumours of Uzbek president's death raise questions over succession”. The Guardian (ガーディアン). (2016年8月30日). https://www.theguardian.com/world/2016/aug/30/rumours-uzbek-president-islam-karimov-death-questions-succession 2016年9月2日閲覧。 
  32. ^ “Uzbek President Islam Karimov's independence day speech read out on TV – BBC News”. BBC News. (2016年9月1日). http://www.bbc.com/news/world-asia-37239677 2016年9月1日閲覧。 
  33. ^ “カリモフ・ウズベク大統領が死去=外交筋”. ロイター (ロイター). (2016年9月2日). http://jp.reuters.com/article/uzbekistan-president-idJPKCN1180ZN 2016年9月2日閲覧。 
  34. ^ “カリモフ大統領死去、ウズベク政府が正式発表”. AFP通信 (AFP通信). (2016年9月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099630 2016年9月3日閲覧。 
  35. ^ http://uzdaily.com/articles-id-36817.htm
  36. ^ http://uzdaily.com/articles-id-36819.htm
  37. ^ Xinhua:Chinese premier mourns passing of Uzbek president
  38. ^ http://www.app.com.pk/wp-content/uploads/2016/09/APP79-05PM-Islamabad.jpg
  39. ^ “Uzbekistan Mourns Karimov”. Voice of America. (2016年9月3日). http://www.voanews.com/a/uzbekistan-karimov/3490984.html 2016年9月3日閲覧。 
  40. ^ a b 「最も残酷な独裁者の一人」カリモフ大統領、埋葬される ウズベク”. AFP (2016年9月4日). 2016年9月4日閲覧。
  41. ^ “Strongman Uzbek leader Karimov buried”. Channel News Asia. (2016年9月3日). http://www.channelnewsasia.com/news/world/uzbekistan-buries-late-strongman-karimov/3097266.html 2016年9月3日閲覧。 
  42. ^ “Uzbeks Bury Late Strongman Karimov” (English). Radio Free Europe. (2016年3月9日). http://www.rferl.org/content/thousands-line-tashkent-streets-for-karimov-funeral/27964688.html 2016年9月3日閲覧。 
  43. ^ “Zarif attends Islam Karimov funeral”. Tehran Times. (2016年9月3日). http://www.tehrantimes.com/news/406049/Zarif-attends-Islam-Karimov-funeral 2016年9月4日閲覧。 
  44. ^ UzDaily.com. “Cuba declares mourning over death of Islam Karimov”. 2016年9月10日閲覧。
  45. ^ Визит в Узбекистан”. 2016年9月10日閲覧。
  46. ^ 「日本人になりたいヨーロッパ人:片野優 須貝典子」57~58頁より引用
  47. ^ Bruce Pannier (2015年3月24日). “Orphaned Dictator: The Making Of Uzbekistan's Islam Karimov”. Radio Free Europe/Radio Liberty. http://www.rferl.org/content/the-making-of-islam-karimov-uzbekistan/26917396.html 2015年4月3日閲覧。 
  48. ^ Karimov's wife, T.A. Karimova. Nndb.com. Retrieved on 2012-04-04.
  49. ^ Biography Government of Uzbekistan
  50. ^ Joanna Lillis (2015年3月24日). “Uzbekistan's first daughter accused of pocketing $1bn in phone deals”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2015/mar/24/gulnara-uzbekistan-daughter-corruption 
  51. ^ Joanna Lillis (2014年9月8日). “Uzbekistan's autocratic ruler may have found a way to silence his daughter”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2014/sep/08/uzbekistan-gulnara-karimova-faces-corruption-charges 
  52. ^ Lola Karimova-Tillyaeva: official web site. Retrieved on 10 April 2009.

外部リンク編集

公職
先代:
独立
  ウズベキスタン大統領
初代:1991年 - 2016年
次代:
ニグマティラ・ユルダシェフ英語版
(大統領代行・上院議長)
先代:
設置
  ウズベク・ソビエト社会主義共和国大統領
初代:1990年 - 1991年
次代:
廃止
党職
先代:
設置
ウズベキスタン自由民主党党首
2007年 - 2016年
次代:
-
先代:
設置
ウズベキスタン人民民主党党首
1991年 - 2007年
次代:
ハタムツォン・キトモノフ
先代:
ラフィク・ニシャノフ
ウズベキスタン共産党第一書記
1989年 - 1991年
次代:
解党