イスラム共和制

近代から現代にかけての中東およびアフリカのイスラム圏に広がる、共和制を布くイスラム国家の政体

イスラム共和制(イスラムきょうわせい、: Islamic Republic: جمهورية إسلامية‎)とは、近代から現代にかけての中東およびアフリカイスラム圏に広がる、共和制を布くイスラム国家政体である。

概要編集

君主ではなく、人民が選出した代表が統治を行う共和制という概念を基調とするが、国法がイスラームの教えに基づく、もしくはシャリーア(イスラーム法)そのものを法として扱うなど、政治にイスラームが深く根付いた体制のことを指す。

国号にイスラム共和国を掲げる国家とその政体編集

最初にイスラム共和国を国号に使用したのはパキスタン・イスラム共和国であり、その次にモーリタニア・イスラム共和国国号イスラム共和国を使用した。

このほか、ガンビア共和国は一時期、ガンビア・イスラム共和国を国号としていた[1][2]

イラン・イスラム共和国の場合編集

イランでは、クルアーン(コーラン)の教えなどから人間の心身に悪影響を与えるとして、ポルノアルコール類を禁止している。

また、イスラム教では男女平等を教えている。現在のイランでは女性の能力は大変重要なものと考えられており、学術分野で労働する女性は数多く、公務員や兵隊として労働に従事する人々もいる。女性の大学への進学率は非常に高く、2006年に大学の入学者数を男女同率にする入学制限が適用されたが、女子学生の増大が原因と考えられる。なお、2013年8月、イラン外務省報道官に女性のマルズィーイェ・アフハームが就任した[3]ほか、閣内に複数いる副大統領にエルハーム・アミーンザーデとマアスーメ・エブテカールといった女性を任命するケースもある。

脚注編集

関連項目編集