メインメニューを開く

イズボルスクロシア語: Изборск)はロシアプスコフ州ペチョルィ地区(ru)の村落(деревня / デレヴニャ)である。ロシアの最も古い街の1つであり[1][注 1]年代記では[注 2]スモレンスクポロツクと共に、クリヴィチ族居住地の中心的都市として言及されている[3]

イズボルスク
Изборск
[[ファイル:  |  | の位置図]]
 
座標 : 北緯57度42分30秒 東経27度51分30秒 / 北緯57.70833度 東経27.85833度 / 57.70833; 27.85833
歴史
初出 862年
 
創設者 イズボル(ru)
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 中央連邦管区
 行政区画 プスコフ州
 地区 ペチョルィ地区
 村落 イズボルスク
人口
人口 (2011年現在)
  村落域 789人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+3)
郵便番号 181148
市外局番 +7 81148
ナンバープレート 62
位置図
イズボルスクの位置(ヨーロッパロシア内)
イズボルスク

なお、同地区内のノヴィー・イズボルスク(ru)(新イズボルスク)に対し、スタルィー・イズボルスク(旧イズボルスク)という通称も用いられている。

スウェーデン、ポーランド、ドイツとの戦争で度々戦場になり、戦死者の魂が宿ると信じられている「スラブの泉」が湧き出ている。2000年3月にここを訪れたプーチン大統領代行(当時)は泉の水を掬って飲み、中世の城砦の修復を指示した。それ以来、ロシアの政府や民族主義者にとって愛国心を高める土地として扱われており、2014年には約30万人の観光客が訪れた[4]

地理編集

ゴロディシチエ湖(ru)に面し、プスコフの西30kmの地点に位置する[1]

人口編集

  • 2001年 - 703人[5]
  • 2002年 - 708人[6]
  • 2008年 - 605人
  • 2011年 - 789人

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 原初年代記』の初出は862年[1][2]
  2. ^ 史料上はイズボレスク(Избореск)、スボレスク(Сбореск)、スボルツ(Сборц)、またエストニア語でIrboskaなどの呼称も用いられている。

出典編集

  1. ^ a b c ИЗБОРСК // Большой Энциклопедический словарь
  2. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』p19
  3. ^ Изборск // Энциклопедический словарь Ф.А. Брокгауза и И.А. Ефрона
  4. ^ 忘れ去られた改革 旧ソ連・ペレストロイカから30年/1 帝国再興の砦 ロシア防衛戦の地、修復 - 毎日新聞、2015年12月17日
  5. ^ Административно-территориальное деление Псковской области". (1917-2000). Справочник. Книга 1. — Псков, 2002.
  6. ^ Данные Всероссийской переписи населения 2002 года: таблица № 02c. Численность населения и преобладающая национальность по каждому сельскому населенному пункту. М.: Федеральная служба государственной статистики, 2004

参考文献編集

  • 國本哲男他訳 『ロシア原初年代記』 名古屋大学出版会、1987年