メインメニューを開く

イタヤガイ科(イタヤガイか、Pectinidae)は、二枚貝の1科である。イタヤガイホタテガイなどが属する。

イタヤガイ科
Pectinidae.jpg
さまざまなイタヤガイ科
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteromorphia
階級なし : Eupteriomorphia
: イタヤガイ目 Pectinoida
上科 : イタヤガイ上科 Pectinoidea
: イタヤガイ科 Pectinidae
学名
Pectinidae Rafinesque1815
英名
scallops
亜科
  • Camptonectina
  • Chlamudina
  • Pectininae

目次

特徴編集

平らで円形を持つ。

高い遊泳能力を持つ種がいるが、底生や固着性のものもいる。

種類編集

伝統的に亜科と族に分けられてきたが、それらの大半は単系統ではないことが指摘されている[1]

NCBI Taxonomy browser は次の38種に分類している[2]

目分類編集

イタヤガイが属する目については、翼形亜綱全体の分類が不安定だったせいで、ウグイスガイ目カキ目イタヤガイ目といったさまざまな説が生まれた。しかし系統学からは、イタヤガイ目(以前のイタヤガイ目と中身はやや異なる)とする分類が提案されている[3]

出典編集

  1. ^ Puslednik, L.; Jeanne, M. (2008), “Molecular phylogenetics of the Pectinidae (Mollusca: Bivalvia) and effect of increased taxon sampling and outgroup selection on tree topology”, Molecular Phylogenetics and Evolution 48 (3): 1178–1188 
  2. ^ Taxonomy Browser (Pectinidae) - NCBI
  3. ^ Matsumoto, M. (2003), “Phylogenetic analysis of the subclass Pteriomorphia (Bivalvia) from mtDNA COI sequences”, Molecular Phylogenetics and Evolution 27 (3): 429–440