メインメニューを開く

イタリア旅行』(イタリアりょこう、イタリア語: Viaggio in Italia)は、1953年(昭和28年)撮影、1954年(昭和29年)製作・公開されたイタリアフランスの合作映画である。ゴダール に“男と女と一台の車とカメラがあれば映画ができる”と言わしめた、ヌーヴェルヴァーグ の原石的傑作とされる。

イタリア旅行
Viaggio in Italia
監督 ロベルト・ロッセリーニ
脚本 ヴィタリアーノ・ブランカーティ
ロベルト・ロッセリーニ
原作 コレット
製作 アドルフォ・フォッサターロ
出演者 イングリッド・バーグマン
ジョージ・サンダース
音楽 レンツォ・ロッセリーニ
撮影 エンツォ・セラフィン
編集 ジョランダ・ベンヴェヌーティ
配給 イタリアの旗 ティタヌス
フランスの旗 ガンマ・フィルム
日本の旗 大映
公開 イタリアの旗 1954年9月7日
フランスの旗 1954年12月20日
日本の旗 1988年12月9日
上映時間 97分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
イタリア語
テンプレートを表示

目次

概要編集

コレットの小説に基づき、ロベルト・ロッセリーニが監督、イングリッド・バーグマン(ロッセリーニの妻であった)とジョージ・サンダースが主演した。

キャスト編集

  • キャサリン・ジョイス:イングリッド・バーグマン
  • アレクサンダー(キャサリンの夫):ジョージ・サンダース
  • マリー:マリア・モーバン
  • 娼婦:アンナ・プロクレメル
  • ポール・デュモン:パウル・ミュラー

スタッフ編集

  • 監督:ロベルト・ロッセリーニ
  • 製作:アドルフォ・フォッサターロ、アルフレード・グァリーニ(クレジットなし)、ロベルト・ロッセリーニ(クレジットなし)
  • 脚本:ヴィタリアーノ・ブランカーティ、ロベルト・ロッセリーニ
  • 音楽:レンツォ・ロッセリーニ
  • 撮影:エンツォ・セラフィン
  • 編集:ジョランダ・ベンヴェヌーティ
  • 衣装:フェルナンダ・ガッティノーニ

外部リンク編集