イタリア車(イタリアしゃ)とは、イタリアで生産される自動車(イタリア製自動車)、もしくはイタリアを本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(イタリアブランド車)のことである[1]

特徴編集

フランス車同様、時には奇抜、時には流麗と評されるデザインが特徴である。イタリアの交通環境もフランスに近いため、小型車が多い。一方で大規模な高級車スーパーカーメーカーが複数存在するなど、実用性重視と評されることもあるフランス車に比べると一層趣味性・デザイン性が強い車が多い。

かつてイタリアの警察が導入する車両には国産車枠があったものの、国内メーカーがプレミアム路線となり価格が上昇したことや、実用性の高い車種が減ったこともあり、2006年からは完全な競争入札に切り替わった[2]

主なイタリア車編集

主なカロッツェリア編集

カロッツェリア(伊: carrozzeria)は、イタリア語で自動車(四輪車)製作所(製作場)もしくは四輪車を製造すること、または四輪車の車体を意味する。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ フィアット・124スパイダーならびにそのアバルト版広島市南区宇品マツダの工場で製造されるが、一般的にはマツダ車としてではなくイタリア車とされる。北林慎也 (2017年2月13日). “メイドイン広島のイタリア車 マツダ製スパイダー試乗記”. 朝日新聞デジタル. 2020年4月6日閲覧。
  2. ^ イタリア警察車に外国車続々採用

外部リンク編集