メインメニューを開く

イチ・タウィ(英語:Itjtawy、エジプト語での全文:Amenemhat-itj-tawy、意味:アメンエムハト、二つの土地の支配者)は、古代エジプト第12王朝(紀元前1991年頃 - 紀元前1782年頃)の初代ファラオであるアメンエムハト1世によって建設された王都である[1]イチタウイとも表現される[2]

Amenemhat-ity-tawy
M17Y5
N35
G17F4
X1
V15N16
N16
X1
O49

ỉmn-m-ḥ3t ỉṯỉ t3wy
イチ・タウィの位置(エジプト内)
イチ・タウィ
エジプトにおける位置
所在地 エジプト, ファイユーム県
座標 北緯29度34分13秒 東経31度13分52秒 / 北緯29.57028度 東経31.23111度 / 29.57028; 31.23111座標: 北緯29度34分13秒 東経31度13分52秒 / 北緯29.57028度 東経31.23111度 / 29.57028; 31.23111

放棄された後、正確な場所は未だ不明だが、所在の候補地は技術の発展で見つかっている[3]

名称編集

ヒエログリフでの、正式名称と後に短く改名された名前。

正式名称
  
 
  
 
  
 
 
 

ỉmn-m-ḥ3t ỉṯỉ t3wy(英:Amenemhat-ity-tawy)
改名後
 
 
  
 
   
 

ỉṯỉ t3wy(英:ity-tawy)

出典編集

関連項目編集