メインメニューを開く

解説編集

この曲は、1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のためにレコーディングされた最初の自作曲[1]レノン=マッカートニー名義の作品で、主にジョン・レノンによって書かれ、ポール・マッカートニーが歌詞とアレンジ面で手伝っている[2]リード・ボーカルはジョン・レノン。

ジョン・レノンは本作に関し「これも僕。二枚目のアルバムに入れました。これは特殊な効果音を使っていて、エンディングは正にクラシックマーラーによるシンフォニーの終わり方なんですよ。でも本当はいったい全体それがどんなことか僕にはわかりませんでしたがね。」[3]と語っている。

本作はもともとシングル用に制作されたが、「失敗するかも」という理由でアルバムに回されたという[注釈 1]。初期のビートルズの楽曲には欠かせない“Yeah! Yeah!”というコーラスとの掛け合いが特徴的な楽曲である。ちなみにこのコーラスはジョージ・ハリスンポール・マッカートニーによるものであり、ジョージがコーラスを歌い損ねている箇所がある。

ジョンの長男ジュリアン・レノンが、1980年代にこの曲をコンサートで歌っていたこともあった。ニール・ヤングが人前ではじめて歌った曲でもある。

レコーディングとリリース編集

この曲のレコーディングは、1963年7月30日に2回のセッションで行なわれた。1回目はその日の朝に行なわれて10テイク、2回目はその日の昼に7テイク録音された。最終リリース版はこの日に録音された第17テイクと第21テイクを繋ぎ合わせたもので、この作業は8月21日に行なわれた[5]

イギリスでは1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』、アメリカでは1964年1月20日に発売された編集盤『ミート・ザ・ビートルズ』に収録された[6]

プレイヤー編集

収録盤編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、当時の西ドイツとオランダではA面で、フランスとフィリピンではB面でシングルカットされている[4]
  2. ^ ダブルトラック処理が施されている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Complete Beatles Recording Sessions. London: Hamlyn. p. 34. ISBN 0-600-55798-7. 
  2. ^ Miles, Barry (1998). Paul McCartney: Many Years From Now. London: Vintage. p. 152. ISBN 0-7493-8658-4. 
  3. ^ 『ビートルズの軌跡』、1972年 シンコー・ミュージック(419頁)
  4. ^ beatles it won't be long - 45cat Search, 2019年1月5日閲覧
  5. ^ It Won't Be Long”. The Beatles Bible (2009年). 2019年1月5日閲覧。
  6. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Complete Beatles Recording Sessions. London: Hamlyn. p. 200-201. ISBN 0-600-55798-7. 
  7. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 91. ISBN 1-84413-828-3.