メインメニューを開く

イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

目次

概説編集

イップスという用語は、1930年前後に活躍したプロゴルファーのトミー・アーマー英語版が、この症状によってトーナメントからの引退を余儀なくされたことで知られるようになった。アーマーは1967年に出版された自著『ABCゴルフ』の中で、今までスムーズにパッティングをしていたゴルファーがある日突然緊張のあまり、カップのはるか手前のところで止まるようなパットしか打てなかったりカップをはるかにオーバーするようなパットを打ったりするようになる病気にイップス(YIPS、うめき病、yipeは感嘆詞で「ひゃあ」「きゃあ」「うわっ」といった意味)と名づけた[1]。この症状を説明するために、ゴルファーの間では「ショートパット恐怖症 (twitches)」「よろけ (staggers)」「イライラ (jitters)」「ひきつり (jerks)」などの表現がされてきた。

イップスの影響はすべての熟達したゴルファーの半数から4分の1くらいに及ぶという。アメリカミネソタ州の大病院メイヨー・クリニックの研究者によれば、すべての競技ゴルファーのうち33 - 48%にイップスの経験がある。25年以上プレーしているゴルファーにそうなりやすい傾向があるようである。

しかし、イップスの正確な原因というのは未だ決め手がない。一つの可能性として、あるタイプのゴルファーに関して言えばそういった現象は加齢に伴う脳の生化学的変化の結果ではないかと考えられている。プレーに関係する筋肉を使いすぎたり、協調や精神集中に迫られることで、問題が悪化する場合もある。また別に、イップスの本当の原因として局所性ジストニア (focal dystonia) がその可能性の一つとして言及されることもある。

なお「イップス」の用語であるが、ノンフィクション作家・澤宮優の著作『イップス』によれば、イップスは医学用語、学術用語ではなく、「ノーコン」などと同類の通俗的呼称であると指摘している。野球やゴルフなどに限った名称で、スポーツ界全般に統一した呼称ではない。

治療編集

明確な治療法は無く、克服出来るかはその人間次第である。最終的に克服出来たとしてもイップス発症から数年・数十年経過しているケースも珍しくない。

よく行われる治療法としては、最初は原因を発見して失敗した場面を直視することから始まり、無意識に身体が拒否反応しているので小さい部分から徐々に成功体験させて自信を体感させる行為がある。しかしこれは精神的に覚悟や開き直りを求める行為でもあるので新たに精神に負荷をかけてしまう恐れもある。また別に、単なるスランプや緊張からくるあがり、あるいは精神的な病気が原因ではなく、運動障害であるジストニアが疑われる場合には、職業性ジストニアの治療に準じた治療が少数の医療機関にて行われつつある。

ゴルフ以外のスポーツでのイップス編集

イップスはゴルフに限らずあらゆるスポーツで見られるが、例えばテニスオージーフットボールクリケット野球サッカー卓球などが挙げられる。アルゼンチンのテニスプレイヤー、ギエルモ・コリアは、世界ランク3位に位置していながらサービスのイップスに苦しんでいた。オーストラリアン・フットボールリーグ、セント・キルダのニック・リーウォルドもキックのイップスにかかった。クリケットでは、キース・メドリコットなどイップスにかかった複数の投手が、投球動作を終える前にボールを手放してしまう症状を抱えていた。

また、野球では投手、捕手内野手に見られ(外野手もかからないわけではない)、特に投手と内野手には正確なボールコントロールが求められるため、死球暴投などのトラウマからイップスに陥る場合が多いとされている[2][3]。イップスが原因でコンバートされる選手も少なくない。イップスが原因で守備コンバートを余儀なくされた選手に田口壮三浦貴土橋勝征などがいるが、荒木雅博岩本勉のように克服する例や、田口や土橋のようにコンバート後に開花する例もある。

大リーグでも、チャック・ノブロック(二塁手であったが悪送球癖が出て、左翼手に転向し2年で引退)、リック・アンキール(投手だが暴投癖をもってしまいマイナーで打者に転向、後にメジャー再昇格してレギュラーに)、スティーブ・サックス(二塁手、克服)のような例がある。大リーグでは投手がイップスにかかることを1970年代パイレーツのエースとして活躍したものの突如極度の制球難に苦しみ引退を余儀なくされたスティーブ・ブラス英語版にちなみ、スティーブ・ブラス病と呼ぶこともある。

ダーツでもイップスと同様の症状が知られており、「ダータイティス英語版」と呼ばれる。

弓道アーチェリーでは矢を発射する位置まで弓を引いたら無意識のうちにすぐに弦を離して矢を放ってしまう(本来は数秒間の「伸び」と呼ばれる動作によって、狙いと体勢を安定させてから弦を離す)症状があり、ともに「早気(はやけ)」と呼ばれる。逆に、弓を引いてそのまま弦を離せなくなる(矢を放つタイミングを失う)症状も、少なくとも弓道においては、よく知られており、「もたれ」と呼ばれる。

卓球では坂本竜介がこれに陥ってサーブが全く打てなくなり、引退に追い込まれた。

イップスの症状は、理髪店などのカットハウスでハサミが使えない、鉛筆で字が書けない、演奏家が楽器を弾けない、トリマーの仕事などスポーツ以外にも見られ、人間の普遍的な動作現象である。これらは広義に「ジストニア」と呼ばれるが、症状はイップスと同じである。(『イップス 魔病を克服したアスリートたち』による)

イップスを扱った作品編集

  • ノンフィクション
    • 『イップス 魔病を克服したアスリートたち』(澤宮優KADOKAWA、2018)
      著名なプロ野球選手(岩本勉森本稀哲土橋勝征)、プロゴルファー(佐藤信人横田真一)のイップス克服を描いた。とくにイップスを治すためのコーチ(守備コーチ、投手コーチなど)との二人三脚のストーリーは指導者側から見たイップスも分析でき、希少である。発症、克服方法、問題点を指摘。他のスポーツの事例、神経内科などの医学、スポーツ心理学を専門とする大学教授らの分析も踏まえ、メンタル面だけでなく、ジストニア説を論じ、医学的な克服方法にも言及する。ここではテニスのサーブ、ストローク、体操(跳馬でスタートが切れない)、ウエイトリフティング、棒高跳び、弓道、卓球、野球の走者(走塁イップス)などの事例も紹介され、とくに野球での打撃投手やブルペン捕手にイップスが見られる点、メンタル面よりも技術的な欠陥からイップスを発症しやすい点を述べている。
    • 『打撃投手 天才バッターの恋人と呼ばれた男たち』(澤宮優、講談社、2011)
      松井秀喜、清原和博、イチロー、落合博満らなどの打撃投手を務めた野球人たちの人生を描いたノンフィクション。落合の打撃投手を務め、イップスになった人や、横浜ベイスターズで打撃投手を務めた元巨人の入来祐作がイップスになった経験談が綴られる。本書でもスポーツ心理学の大学教授からイップスの原因、克服方法、他の種目の事例が示されている。

脚注編集

  1. ^ 後典孝「イップス兆候を示す野球選手に対するメンタルトレーニング効果について (PDF) 」 、『平成22年度生活・健康系(保健体育)コース 修士論文公開審査会・中間発表会』、鳴門教育大学、 19-20頁、2017年7月21日閲覧。
  2. ^ 158キロドラ1右腕を襲った突然の悪夢 2度の戦力外も野球続ける理由とは”. full-count (2016年9月28日). 2017年7月21日閲覧。
  3. ^ 石橋秀幸 『レベルアップする!野球 化学・技術・練習』 西東社、2010年、155頁。ISBN 978-4791616909

外部リンク編集