メインメニューを開く

イデモチは、熊本県球磨郡に伝わる水の妖怪[1]

さかま淵という淵の主で、腹部に吸盤があり、これによって人間を捕まえてその命を奪うという。淵の中に障子が立てられており、その中に棲み付いているとの説もある[1]

名称は球磨郡で「淵の王」を意味する[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 柳田國男監修 民俗学研究所編『綜合日本民俗語彙』第一巻、平凡社、1955年、102頁。
  2. ^ 人文社編集部『日本の謎と不思議大全 西日本編』人文社〈ものしりミニシリーズ〉、2006年、130頁。ISBN 978-4-7959-1987-7

関連項目編集