イナズマイレブン アレスの天秤

イナズマイレブン > イナズマイレブン アレスの天秤

イナズマイレブン アレスの天秤』(イナズマイレブン アレスのてんびん)は、OLM制作の日本のテレビアニメ。2018年4月6日から9月28日までテレビ東京系列で放送された[1]。『イナズマイレブン』シリーズのテレビアニメとしては5作目となる。

イナズマイレブン アレスの天秤
ジャンル サッカー少年向けアニメ
アニメ
原作 レベルファイブ
総監督 日野晃博
シリーズディレクター かまくらゆみ(チーフディレクター)
シリーズ構成 日野晃博
キャラクターデザイン 長野拓造(原案)
池田裕治、中野繭子、井ノ上ユウ子
音楽 光田康典
アニメーション制作 OLM TEAM KAWAKITA
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2018年4月6日 - 9月28日
話数 全26話
小説:小説 イナズマイレブン アレスの天秤
著者 江橋よしのり
出版社 小学館
レーベル 小学館ジュニア文庫
刊行期間 2018年5月30日 - 10月26日
巻数 全4巻
話数 全26話
その他 総監督/原案・シリーズ構成:日野晃博
原作:レベルファイブ 
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ文学

キャッチコピーは「てっぺん目指すぜ!超次元サッカー試合開始(キックオフ)!![2]。ナレーションは有本欽隆[注 1]

総監督・原案・シリーズ構成の日野晃博によれば、「アレスの天秤」というタイトルは、軍人アレスと人の力量をはかる天秤をかけ合わせみたといい、「コイツは何で戦えるのか?」と、人の価値や能力を量って見極めようとするプログラムのイメージであったという[3]

概要編集

1作目『イナズマイレブン』にて雷門イレブンがフットボールフロンティアで優勝した後、ストーリーが「脅威の侵略者編」へ進まなかったパラレルワールドとなっている[4][5][注 2]。そのため、物語の分岐でパラレルワールドの分かれ目となるもう一つの第27話『イナズマイレブン Reloaded』が2018年1月21日にイベント上映された[6]

同作でエイリア学園として登場したキャラクターは永世学園として登場しており、故人となっていた吹雪アツヤや吉良ヒロトが生存している[7][8][9]。パラレルワールドにしたのは、これまでのファンに観たいと思えるものを作りたいと考えた一方で、新しく作るには『イナズマイレブン』を知らない子たちが観て分からないものにしたくなかったといい、両者が納得して面白いと思えるものをじっくりと考えた結果、パラレルワールドという設定にたどり着いたという[10]

各学校のサッカー部には、資金援助をするスポンサーがつく「スポンサード」という制度が採用されている[4]。この設定のきっかけとして、『イナズマイレブン』の世界は、少年サッカーがすごい人気になったんだったら、さすがにスポンサーもあるんじゃないかと思ったといい、誰もが見たくなる娯楽だったら、それを宣伝媒体として使うのは当たり前なので、スポンサー制度はありだよねという話になった[11]。キャラクターやチームの個性をより明確にするために作ったといい、選手たちのイメージをより膨らませる人格になっているという[10][12]。また、ユニフォームの胸にスポンサーのロゴがプリントされることで、よりリアルなスポーツの雰囲気や臨場感が出せるようになる効果も狙っている[10]

本作はシリーズ初となる複数主人公方式となっている[5]。主人公を3人にしたのはせっかく『イナズマイレブン』を新しく作るなら、今までにない試みをしてみたいと思ったからだという[11]。なお、従来のシリーズ通りメインキャラクターを3人にすることは当初から決まっていた[11]

前作『イナズマイレブンGO ギャラクシー』に続いてアイキャッチはAパートのみとなっており、本作からはオープニングコールと提供読みと次回予告の締め台詞である「これが超次元サッカーだ!」が廃止されている。これまでのシリーズと同様に、次回予告後に作中のセリフを用いた「今日の格言」が紹介される[13][注 3]

第12話までの総集編が2018年6月26日に『15分でわかる『イナズマイレブン アレスの天秤』特別総集編』のタイトルでYouTubeにて配信され[14]、第26話までの総集編が続編『イナズマイレブン オリオンの刻印』第14話にて放送された。

総監督で原案・シリーズ構成を務めた日野晃博は、本当はもっとしっかり修行シーンを描きたいが、他にも描きたいドラマがあるので泣く泣く削っているとシリーズ10周年を記念したインタビューで語っており[15]、一つ一つの試合をもう少ししっかり掘り下げたったが、限られた尺の中でたくさんの選手たちを見せたいというが気持ちがあり、そこがジレンマであったと『アニメージュ』2018年10月号のインタビューで本作を振り返っている[16]

沿革編集

ゲームの制作発表と共にテレビアニメ化が決定しており、同時点では2017年夏放送開始と発表されたが[4]、2017年3月27日に同年10月へと変更[17]、8月19日に2018年春と変更が発表された[18]

2018年1月21日にサイトがオープンし、キービジュアルが公開された[1][19]

テレビ放映に先駆け、2018年1月21日開催のイベント『イナズマイレブン大復活祭』にて第1話と第2話を特別編集した「旅立ちの特別編」が上映された[6]

番組初回となる2018年4月6日に「待望のキックオフ!爆熱1時間スペシャル」として放送された。

2018年8月26日に行われた『イナズマイレブンフェス2018+日本代表発表会』にて続編『イナズマイレブン オリオンの刻印』が発表された[20][21]

ストーリー編集

フットボールフロンティアでの雷門中優勝により、少年サッカーは日本中で人気を集めるようになる。やがてサッカーチーム運営の要件として、「スポンサード」と呼ばれる、大規模な資金を有するスポンサーが付かなくてはならなくなった。 ゆえに、スポンサーの付かない学校は試合観戦における集客が見込めなくなり、資金不足によって廃部に追い込まれるようになっていった。

孤島・伊那国島にある伊那国中のサッカー部にもその影響は及ぶこととなる。ある日、伊那国中校長の判断により廃部が決定し、サッカーグラウンドが撤去されることとなった。 伊那国中2年生の稲森明日人は撤去を阻止しようとするが、簡単に解決できる話ではなかった。その代わりに校長が「本土にある雷門中へ転入し、フットボールフロンティアで1勝すればサッカーを続けられる」という話を勧める。 故郷の島を離れることに戸惑うサッカー部の面々だったが、自分たちのサッカーを取り戻そうと決心して本土へと渡り、雷門中に転入。「フットボールフロンティアで1勝し、スポンサー獲得」を目指す。

フットボールフロンティアに出場する明日人たちは新生・雷門中として予選1回戦で星章学園と対戦。星章学園1年生・灰崎凌兵は伊那国イレブンの秘めた実力に狂笑する。一方で客席から王帝月ノ宮中の2年生・野坂悠馬は伊那国イレブンのプレーを眺めていた。

明日人、灰崎、野坂。それぞれがサッカーにかける想いとは。 「てっぺん」を目指す少年たちの、熱き青春サッカードラマが幕を開けようとする。

登場人物編集

用語編集

イレブンバンド
選手に義務づけられているバンドで、選手の運動量を測ったり、試合中に監督の指示を受けることができる。
タカラトミーから発売された実際の玩具は、LED液晶画面内蔵のリストバンドで時計機能や活動量計測(歩数計)としての機能があり、イレブンライセンスやタッチポイントやイレブンタッチやアーケードゲーム、貯めたポイントでゲームとの連動も可能[22][23][24]
イレブンライセンス
選手たちの持つIDカード。ロッカー、試合観戦のカードキーにもなっている。また登録された写真はプレカ(プレイヤーズカード)にも流用される。
タカラトミーから発売された実際の玩具は、NFCが搭載されており、イレブンバンドやタッチポイントやイレブンタッチ、ゲームやアーケードゲームとの連動が可能[22][23][24]。また、トレーディングカードゲームのゲーム内でも使用が可能である[22]
スポンサード
サッカー人気のために新たに加えられた制度。それぞれの中学サッカー部には1つのスポンサーがついている。運営には膨大な資金が必要で、スポンサーがつくことで資金援助を受けている。スポンサーがつくと大規模な公式試合の管理、選手の練習や健康管理などを運営している。また、スポンサーがついていないとそのサッカー部は廃部になってしまう。
サッカー強化委員
スペインの優勝チームであるバルセロナ・オーブとの親善試合で敗北した旧雷門イレブンが、日本中のサッカーチームを強くするためにマネージャーも含め全国の中学校に派遣され指導する。派遣先は少年サッカー協会の候補を元に本人の希望を入れて決定している[25]。全員違う学校へ派遣されているが、マネージャーは別枠となっている[26]。所属チームの試合に出場することもできる。遠方に派遣された強化委員は学生寮か少年サッカー協会が用意したマンションに住んでいる[3]
フットボールフロンティア[注 4]
少年サッカーの全国大会。前作の地区予選大会はトーナメント方式となっていたが、本作ではリーグ戦と変わっており、各ブロック16校に割り振られ、15校の内ランダムで6試合を行い、勝ち点が多い上位2位までが本戦トーナメントへ進出できる。勝ち数が同点だった場合、試合での得点数によって決まる。また、女子選手の参加も認められている。
本戦トーナメントは総勢32校が出場、2つのトーナメントブロックに分かれて試合が行われる。フットボールフロンティア大会規定として、スポンサーが必要、イレブンライセンス・イレブンバンドが用意される、条件が整えば大会中でも他チームへの編入が可能、対戦相手が棄権した場合でも不戦勝とはならない、部員が足りなくても参加申請が可能といったことが挙げられている[28]
アレスの天秤(アレスシステム)
月光エレクトロニクスが運営する新世代の人間を生み出す特殊なコンピュータを使用した教育プログラム。児童施設「英才こどもセンター」で幼少期からDNA分析によってその人物に一番合った教育を施し、優秀な人間を作り出すというプログラムだが、システムに背くと適合性が合わなくなる。また、試運転時点で感情を失う、使用される薬品で脳腫瘍を発症するといった人体を蝕む問題点がある。他に刑期が短くなる代わりにアレスに協力する「アレス更生プログラム」というものがある[3]
オーバーライド
必殺技を複合させることで新たな必殺技を生み出す。旧作に登場したシュートチェインと似ているが、シュートチェインとは違い、こちらはシュート技にも使える[3]
必殺タクティクス
チームのフォーメーションで行う戦術面の必殺技。

制作編集

スタッフ
原作 レベルファイブ[6]
総監督/原案・シリーズ構成 日野晃博[6]
連載 月刊コロコロコミック[6]
キャラクターデザイン原案 長野拓造[6]
アートコンセプト 荒川政子[6]
必殺技絵コンテ 三村健人
キャラクターデザイン 池田裕治、中野繭子、井ノ上ユウ子[6]
メインアニメーター 田中修司
美術監督 守安靖尚
美術設定 守安靖尚、深井亮太
色彩設計 坂本いづみ
撮影監督 柚木脇達己
CGIディレクター 小出秀治
編集 渡辺直樹
音響監督 三好慶一郎原口昇[6]
音楽 光田康典[6]
チーフディレクター かまくらゆみ[6]
スーパーバイザー 川崎由紀夫、梶原清文、縄田正樹、沢辺伸政、和田誠、古市直彦
プロデューサー 紅谷佳和(テレビ東京)、武田陽佑
プログラムマネージャー 丸茂礼(テレビ東京)、徳永睦(テレビ東京)
アニメーションプロデューサー 河北学
アニメーション制作 OLM TEAM KAWAKITA[6]
製作 テレビ東京、電通、OLM

経緯編集

レベルファイブ代表取締役の日野晃博は、前作『イナズマイレブンGO ギャラクシー』が終わって1年後くらいから、復活のチャンスを狙っていたといい[29]、新しいシリーズを作りたいと思ってプロットをずっと書き続けていた[30]

没企画の一つとして、「先輩選手の力を憑依させて戦う主人公の物語」で、「伝説のプレイヤーを憑依させて戦うものの、素の自分は弱い」というジレンマを抱える主人公のドラマを作っていた[29]。理由として、新しくストーリーを作る際に「もはや雷門は最強」であることが一番ネックになったことや「弱っちいヤツが頑張って努力して強くなるところ」が『イナズマイレブン』シリーズの魅力であることから、何らかのリセットが必須だったといい、円堂たち雷門イレブンを魔王みたいな存在にして、打倒雷門で頑張る主人公たちの話にしていたという[29]。あらすじと設定などを企画書にまとめてキャラクターデザインの長野拓造とキャラ設定を作っていく段階までされていたが、それだと往年のファンは新主人公側と円堂側にどちらに思いを注げばいいのか戸惑ってしまうことや「汗をかいて大きくなろうともがく少年たちの姿を描かないと『イナズマ』ではないぞ」と思い、それまで進んでいた企画を没にしたという[29]

過去作の主人公である円堂や天馬が相当なことをやり尽くしたことから次はどういったストーリーにするか定まらず、しばらく寝かせる形にしていた[30]。しかし、当時ファンであった子供たちが成長し、レベルファイブに新しく入るスタッフが同シリーズのファンであったり同シリーズを作りたくて面接を受ける就活生が多くなり、同シリーズへの愛を語る新人スタッフの姿を見て、改めて『イナズマイレブン』というコンテンツのすごさを再認識したという[30]。そんな中で2018年はFIFAワールドカップの開催年であることから、同シリーズを復活させるならこのタイミングがベストだと思ったという[30]

物語上、雷門中は名門校となっており、新しいメンバーでもう一度優勝を目指すという展開は燃えるのかが最大の悩みであった[30]。雷門中以外の学校を主人公にするプロットも捉えていたが、あるタイミングで田舎の島に暮らす子供たちが雷門中に編入して新たなスタートを切るという本作の物語の柱を思いつき、コンセプトが決まってからはストーリーもどんどん思い浮かんだという[30]。キャラクター作りは主人公たちが一番難航したといい、灰崎と野坂の2人は本作のおおまかな展開を決めてから新たに作ったという[30]。伊那国・雷門中のメンバーは、プロットの段階で魅力的なキャラクターが出来上がっており、そこから流用したケースも多いという[31]

キャラクターデザイン編集

旧作と比べてキャラクターの頭身が上がっているのが特徴的で、これは本作が大人っぽくシリアスなドラマが展開されることや、幅広い層に観てほしいという日野の判断であり、「特に野坂は、今回の頭身じゃないと表現するのが難しいと思います」と述べている[11][32]。また、旧作のキャラクターの一部は、髪型がアレンジされている[33]

キャラクターデザインの長野拓造によれば、明日人のデザインは一番最初に考えて完成第1号となったキャラクターであったが、主人公ということで円堂や天馬を意識してしまったことから一番苦労したという[34]。そっちに引っ張られたりなんとか離そうと試みたがやっぱり変だなと思ったりと試行錯誤の繰り返しであった[34]。明日人次第で他の新キャラクターたちの調整具合が変わってくることから非常に難航したキャラクターであったという[34]。円堂や天馬が主人公として完成されたイメージだったので、明日人は「これが主人公でいいのかな…」という気持ちがあった[35]。主人公としてイメージが弱く、もうちょっと主人公として突き抜けたものが欲しかったというが、アニメで動く姿を観て「これでよかったのかも」と思い始めてるという[35]

灰崎は主人公がこんな表情をしていいのかというのと、鬼道の立ち位置と被ってしまうのではないかと懸念しており、前作のキャラクターに引っ張られすぎて調整を繰り返してたことからかなり悩んだという[36][37]。また、鬼道がデザイン的にインパクトが強く、最初の強敵として見栄えしないんじゃないかと不安を感じていたという[37]。その一方で表情や感情が想像しやすく、日野の指示も分かりやすかったことからしっくり来たキャラクターであるとも述べている[37]

野坂は灰崎と違って表情をなくしてほしいと言われたのが難しかったという[37]。西蔭とのセット感が好きで対になる形で考えており、どちらも考えが読みにくいが西蔭の方は喋らせるタイプにしようとイメージを決めたらつくりやすかったという[37]

主題歌編集

「てっぺんへダッシュ!」[38]
pugcat'sによるオープニングテーマ。作詞は高木真司、作曲・編曲は菊谷知樹による。再放送版および第1話・第2話分割放送では第1話、第2話ともにオープニングは無し。第26話では挿入歌として使用。
歌詞にある「てっぺん目指そう」は、第21話以降とリンクするようになっている[39]
「恋する乙女は雨模様」[40]
alomによるエンディングテーマ。作詞・作曲はつんく、編曲は菊谷知樹による。第26話では挿入歌として使用。
映像は日野のアイディアメモから長野がデザインを手がけ、それを元にOLMのアニメスタッフがイラストを仕上げてレベルファイブのCGチームが動かしている[41]
「立ち上がリーヨ(リローデッドVer.)」
pugcat'sによる第23話の挿入歌。作詞・作曲は山崎徹、編曲は菊谷知樹による。T-Pistonzの楽曲のカバーで、OVA『イナズマイレブン Reloaded』のオープニングテーマとしても使用されている。

各話リスト編集

各話サブタイトルは、稲森明日人役の村瀬歩が読み上げる[注 5]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督放送日
第1話明日あすへの船出 日野晃博島崎奈々子
  • 森知鶴
  • 立花希望
池田裕治2018年
4月6日
[注 6]
第2話フィールドの悪魔 矢野博之吉本毅石井舞中野繭子
第3話謎の監督 趙金雲 加藤陽一岩崎知子佐々木純人
  • 川島明子
  • 関本美穂
  • 中島美子
4月20日
第4話落とせるか!難攻不落の要塞 博多正寿
  • 湯川純
  • 武内啓
中野繭子4月27日
第5話星章学園の闇 日野晃博宮崎なぎさ近藤一英
  • 石動仁
  • 小宮山由美子
  • 本多弘幸
池田裕治5月4日
第6話炎のエースストライカー 大知慶一郎清水聡吉本毅
  • 森知鶴
  • 横山隆
中野繭子5月11日
第7話見え始める光 加藤陽一矢野博之岩月甚
  • 石井舞
  • 西川絵奈
井ノ上ユウ子5月18日
第8話監督のいない日 岩崎知子佐々木純人
  • 川島明子
  • 関本美穂
  • 油布京子
中野繭子5月25日
第9話総帥 影山零治の奇策 大知慶一郎矢野博之岩田義彦
  • 湯川純
  • 渡部由紀子
池田裕治6月1日
第10話激突!皇帝ペンギンVSたい北極グマ!! 日野晃博島崎奈々子横山隆井ノ上ユウ子6月8日
第11話決戦前夜 明日人の決意 大知慶一郎宮崎なぎさ近藤一英
  • 石動仁
  • 小宮山由美子
  • 本多弘幸
池田裕治6月15日
第12話燃える灰崎 加藤陽一博多正寿
  • 石井舞
  • 森千鶴
  • 酒井強至[注 7]
中野繭子6月22日
第13話壮絶!嵐の最終局面!! 日野晃博清水聡吉本毅
  • 渡部由紀子
  • 服部憲知
井ノ上ユウ子6月29日
第14話月光のエンペラー 岩崎知子佐藤和磨
  • 金田栄二
  • 藤優子
池田裕治7月6日
第15話皇帝の苦悩 中川翔島崎奈々子
  • 湯川純
  • 宮田瑠美
  • 服部憲知
中野繭子7月13日
第16話雪原のダブルプリンス 大知慶一郎清水聡吉本毅[注 7]
  • 関本美穂
  • 早乙女啓
  • 酒井強至
  • 武内啓
  • 小宮山由美子
  • 村田陽祐
  • ウィリアム・リー
  • 田中修司[注 7]
井ノ上ユウ子7月20日
第17話爆裂!雪姫大作戦! 矢野博之イムガヒ
  • 横山隆
  • 齋藤香
  • 酒井強至
  • 村田陽祐
  • 秋元勇一
  • 井戸田あかね
池田裕治7月27日
第18話お日さま園の夢 加藤陽一中川翔近藤一英
  • 石動仁
  • 小宮山由美子
  • Lee Sang jin
  • Jung Chul Gyo
中野繭子8月3日
第19話究極の個人技 岩崎知子吉本穀
  • 渡部由紀子
  • 森知鶴
井ノ上ユウ子8月10日
第20話必殺奥義、その名は… 大知慶一郎博多正寿
  • 石井舞
  • 猿波聖加
池田裕治8月17日
第21話バラバラのイレブン 加藤陽一宮崎なぎさ柳瀬雄之
  • 服部憲之
  • 酒井強至
  • Park Myong hwan
  • Song Hyun ju
  • Lee Kawan woo
中野繭子8月24日
第22話伝説のキャプテン 日野晃博中川翔山口頼房
  • 金田栄二
  • 二宮奈那子
井ノ上ユウ子8月31日
第23話伝説を乗り越えろ! 大知慶一郎清水聡島崎奈々子
  • 加藤壮
  • 横山隆
池田裕治9月7日
第24話野坂の宣戦布告 日野晃博岩崎知子近藤一英
  • 石動仁
  • 小宮山由美子
  • Lee Sang jin
  • Jung Chul Gyo
中野繭子9月14日
第25話激突するサッカー!! 矢野博之吉本穀
  • 湯山純
  • 元廣和恵
  • あべみゆき
  • 酒井強至
  • 宍戸久美子
池田裕治9月21日
第26話てっぺんへダッシュ!
  • 博多正寿
  • 宮崎なぎさ
平向智子
  • 服部憲之
  • 早乙女啓
  • 関本美穂
井ノ上ユウ子9月28日

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[42]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [43] 備考
2018年4月6日 - 9月28日 金曜 17:55 - 18:25[注 6] テレビ東京 関東広域圏 製作局 / リピート放送あり
テレビ北海道 北海道
テレビ愛知 愛知県 リピート放送あり
テレビ大阪 大阪府 リピート放送あり
テレビせとうち 岡山県・香川県
TVQ九州放送 福岡県
2018年4月12日 - 10月4日 木曜 17:00 - 17:30 BSジャパン[注 8] 日本全域 BS放送
2018年4月22日 - 10月28日 日曜 5:20 - 5:50 新潟テレビ21 新潟県
2018年4月22日 - 11月4日 日曜 5:30 - 6:00 仙台放送 宮城県
テレビ静岡 静岡県
2018年5月3日 - 10月25日 木曜 17:30 - 18:00 テレビ和歌山 和歌山県
2018年5月3日 - 9月20日
2018年9月28日 - 11月2日
木曜 19:25 - 19:53[注 9]
金曜 3:30 - 4:00(木曜深夜)
奈良テレビ 奈良県
2018年5月6日 - 11月11日 日曜 5:40 - 6:10 テレビ金沢 石川県
日曜 5:50 - 6:20 広島ホームテレビ 広島県
2018年5月6日 - 10月28日 日曜 6:00 - 6:30 熊本放送 熊本県
2018年7月15日 - 2019年1月13日 日曜 7:30 - 8:00 キッズステーション[44] 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
テレビ東京系列の地上波6局・キッズステーションは字幕放送実施。テレビ東京系列の地上波6局のみ連動データ放送対応。
日本国内 インターネット配信 / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年4月6日 - 9月28日 金曜 18:30 更新 あにてれ[45]
2018年4月13日 - 8月10日
2018年8月15日 - 10月3日
金曜 12:00 更新(第18話まで)
水曜 12:00 更新(第19話以降)
2018年4月16日 - 10月8日 月曜 12:00更新 YouTube
(コロコロチャンネル[47]・タカラトミーチャンネル)
2018年5月4日 - 8月17日
2018年8月22日 - 10月10日
土曜 12:00 更新(第18話まで)
水曜 12:00 更新(第19話以降)
GYAO![48]
2019年2月14日 - 3月31日 一挙配信 YouTube
(テレビ東京公式YouTubeチャンネル)
不明 不明

再放送編集

東名阪のみ放送。なお、初回1時間スペシャルで放送しなかったため、第2話のみ7日遅れの放送になったが、第3話以降は遅れが解消された[注 10]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[42]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [43] 備考
2018年4月7日 - 9月29日 土曜 1:23 - 1:53(金曜深夜) テレビ東京 関東広域圏 製作局
土曜 2:05 - 2:35(金曜深夜) テレビ愛知 愛知県
土曜 2:10 - 2:40(金曜深夜) テレビ大阪 大阪府

BD / DVD BOX編集

発売日[49] 収録話 規格品番 映像特典
BD DVD
1 2018年11月28日 第1話 - 第10話 ZMAZ-12421 ZMSZ-12431 イナズマイレブン Reloaded
『イナズマイレブン アウターコード』第1・2話 他
2 2019年1月30日 第11話 - 第18話 ZMAZ-12422 ZMSZ-12432 『イナズマイレブン アウターコード』第3・4話 他
3 2019年3月27日 第19話 - 第26話 ZMAZ-12423 ZMSZ-12433 『イナズマイレブン アウターコード』第5・6話

CD編集

発売日 タイトル 規格品番
CD+DVD盤 CD盤
2018年6月20日 てっぺんへダッシュ! AVCD-55178/B AVCD-55179
恋する乙女は雨模様 AVCD-55180/B AVCD-55181
2018年12月12日 イナズマ爆OPソングス AVCD-55184/B AVCD-55185
イナズマ爆EDソングス AVCD-55186/B AVCD-55187
2019年12月25日 イナズマイレブン アレスの天秤/オリオンの刻印 -ORIGINAL SOUNDTRACK & MUSIC BEST- AVCD-55206

Web番組編集

週刊イナズマウォーカー』(しゅうかんイナズマウォーカー)のタイトルでニコニコ生放送YouTube Liveにてテレビアニメ放送日に配信された。MCは日野晃博レベルファイブ代表取締役社長/CEO)、もーちゃん(レベルファイブ社員)[50]。公式ハッシュタグは「#イナズマイレブン[50]。当初は19:00配信であったが、5月25日配信分以降は22:30より配信[50]。8月24日配信分はイベント『イナズマイレブンフェス2018+日本代表発表会』の準備のため休止[51]

2018年6月23日・24日に『次世代ワールドホビーフェア '18 Summer』内にて『出張イナズマウォーカー』が開催された[52]。23日・24日両日のゲストは寺崎裕香(日和正勝 役)、23日のゲストは花江夏樹(奥入祐 役)、村瀬歩(稲森明日人 役)、24日のゲストはおおばあつし(漫画版作者)[52]

主題歌
「燃えてきたぜ!」
pugcat'sによるエンディングテーマ。作詞は高木真司、作曲・編曲は菊谷知樹による。

小説編集

小説 イナズマイレブン アレスの天秤』のタイトルで小学館ジュニア文庫より2018年5月30日から10月26日まで発売。作者は江橋よしのり、総監督/原案・シリーズ構成は日野晃博、原作はレベルファイブ。内容はテレビアニメ版のノベライズ[53]

  • 江橋よしのり(著者)・日野晃博(総監督/原案・シリーズ構成)・レベルファイブ(原作) 『小説 イナズマイレブン アレスの天秤』 小学館〈小学館ジュニア文庫〉、全4巻
    1. 2018年6月4日発行(2018年5月30日発売[54])、ISBN 9784092312333
    2. 2018年8月1日発行(2018年7月27日発売[55])、ISBN 9784092312470
    3. 2018年8月29日発行(2018年8月24日発売[56])、ISBN 9784092312593
    4. 2018年10月31日発行(2018年10月26日発売[57])、ISBN 9784092312661

舞台編集

『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE〜疾風迅雷〜』のタイトルで2020年5月1日から5月31日までMixalive TOKYO Theater Mixaで公演予定だったが[58][59]新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、公演中止となった[60]。Mixalive TOKYO Theater Mixaで行われるこけら落とし公演3演目の一つとなる予定だった[58]。略称は「イナステ[61]。脚本・演出は三浦香[59]、スーパーリベロとして加古臨王河合龍之介瀬戸祐介、和久井大城がそれぞれ担当・出演予定だった[59]

関連書籍編集

  • イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド(2018年4月7日発売[62]小学館

コラボレーション編集

  • キデイランド - 2018年6月30日から7月13日まで11店舗にて開催され、限定商品や先行販売される新商品が販売された[63]
  • 妖怪ウォッチ ぷにぷに - 2018年7月1日から7月16日までコラボイベントを開催し、本作の一部のキャラクターが登場した[64]。また、10月16日から10月31日までに同作の3周年を記念したイベント『3周年記念イベント〜レベルファイブオールスターズ〜』で本作からは野坂悠馬が登場した[65]
  • nicocafe - 2018年7月5日から7月26日までコラボカフェを開催し、コラボメニューやオリジナルグッズが販売された[66]
  • カラオケの鉄人 - 2018年7月23日から9月2日まで首都圏6店舗にてコラボキャンペーンが開催され、コラボドリンクの販売や楽曲キャンペーンが実施された[67]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1時間スペシャルのみで、再放送版および第1話・第2話分割放送ではナレーションはなし。なお、有本はゲーム1作目を除く旧作で響木正剛役を演じていたが、本作では金尾哲夫が演じており、有本が2019年に死去したため、金尾がそのまま後任となった。
  2. ^ ただし、第26話の直後というわけではなく、その間に世界大会などはパラレルワールドのため別の展開ではあるものの行われていることが『イナズマイレブン Reloaded』で描写されている。
  3. ^ 1時間スペシャルでは第2話の格言は紹介されず、地上波再放送および第1話・第2話分割放送とBSジャパンでの放送分で紹介された。
  4. ^ イナズマイレブン オリオンの刻印』では本大会とは別に、FFI終了後にサッカーオータムトーナメントが開催されている[27]
  5. ^ 第26話のみサブタイトルの読み上げなしで、本編と被る形でサブタイトルが表示されている。
  6. ^ a b 初回は「待望のキックオフ!爆熱1時間スペシャル」と題して2話連続で放送。
  7. ^ a b c アクション作監
  8. ^ 2018年10月より社名変更するため、最終話のみBSテレ東名義で放送。
  9. ^ 2018年9月20日は18:55 - 19:50に2話連続で放送。
  10. ^ 2018年4月13日の本放送が『妖怪ウォッチ シャドウサイド』初回1時間スペシャルで休止になったため。

出典編集

  1. ^ a b 新着情報”. イナズマイレブン アレスの天秤. テレビ東京・あにてれ. 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ イナズマイレブン アレスの天秤”. テレビ東京アニメ公式. 2018年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 川井久恵, 編纂.「日野社長に訊くQ&A」『アニメージュ』2018年11月号、徳間書店、2018年11月10日、 86頁。
  4. ^ a b c 『イナズマイレブン アレスの天秤』始動! テレビアニメは2017年夏より放送開始、公式リリースが到着”. ファミ通.com. Gzブレイン (2016年7月27日). 2016年10月2日閲覧。
  5. ^ a b 『イナズマイレブン』新作「アレスの天秤」が17年始動 新作アニメは夏、主人公は3人”. ORICON NEWS. オリコン (2016年7月27日). 2016年10月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『イナズマイレブン』復活宣言に会場が沸いた“大復活祭”をレポート”. PASH! PLUS. 主婦と生活社 (2018年1月29日). 2019年1月17日閲覧。
  7. ^ たけのこ (2016年11月4日). “『イナズマイレブン アレスの天秤』染岡さんが白恋中の強化委員として登場。吹雪兄弟は年の差1歳に”. 電撃オンライン. カドカワ. 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  8. ^ たけのこ (2016年12月9日). “『イナズマイレブン アレスの天秤』基山ヒロトの本名はタツヤ。アフロディのイラストや開発中のゲーム画面が公開”. 電撃オンライン. カドカワ. 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  9. ^ たけのこ (2016年9月30日). “『イナイレ』第27話のアナザーバージョンと新作アニメ『アウターコード』が制作決定。吉良ヒロト生存情報も”. 電撃オンライン. カドカワ. 2016年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  10. ^ a b c 馬渕悠, 編纂.「総監督 日野晃博 Long Interview『イナズマイレブン』は誰が観ても元気になれる物語です」『アニメディアDELUXE+』Vol.5、学研プラス、2018年4月3日、 6頁。
  11. ^ a b c d 「日野晃博氏ロングインタビュー「Monologue of INAZUMA ELEVEN」」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 15頁。
  12. ^ 「日野晃博氏ロングインタビュー「Monologue of INAZUMA ELEVEN」」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 16頁。
  13. ^ イナズマイレブン アレスの天秤 第1話”. バンダイチャンネル. バンダイナムコライツマーケティング. 2019年11月17日閲覧。
  14. ^ TVアニメ「イナズマイレブン アレスの天秤」の物語を15分で理解できる特別映像が公開”. 4Gamer.net. Aetas (2018年6月26日). 2019年7月21日閲覧。
  15. ^ 川地誠 (2018年8月26日). “『イナズマイレブン』10周年記念! 円堂 守役の竹内順子さん、日野晃博社長、長野拓造さんにインタビュー!!”. PASH PLUS!. 主婦と生活社. 2019年2月14日閲覧。
  16. ^ 川井久恵, 編纂.「てっぺんの軌跡」『アニメージュ』2018年10月号、徳間書店、2018年10月10日、 81頁。
  17. ^ 『イナズマイレブン アレスの天秤』アニメは10月より放送開始! 第1話を先行上映する“大復活祭”も開催決定”. ファミ通.com. Gzブレイン (2017年3月27日). 2018年11月25日閲覧。
  18. ^ TVアニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』2018年春に放送開始予定 「イナズマイレブン大復活祭」は2018年1月下旬に開催予定 10月21日(土)には「超豪華イナズマウォーカーSP」の配信も!”. レベルファイブ (2017年8月19日). 2017年8月20日閲覧。
  19. ^ 「イナズマイレブン アレスの天秤」は4月放送。キービジュアル公開”. おた☆スケ. にゅーあきば (2018年1月22日). 2019年3月17日閲覧。
  20. ^ オールスター集結の“イナズマジャパン”結成! テレビアニメ新シリーズ『イナズマイレブン オリオンの刻印』、10月よりスタート!”. ファミ通.com. Gzブレイン (2018年8月26日). 2018年10月28日閲覧。
  21. ^ アサミリナ (2018年8月27日). “日本代表は意外なメンバー!ツイッターで好きなキャラが代表入り!?「イナイレフェス2018」の模様をお届け”. Gamer. ixll. 2019年4月28日閲覧。
  22. ^ a b c 『イナズマイレブン アレスの天秤』のキャラクターとコミュニケーション!バンド型デバイス「イレブンバンド」が発売決定!”. 電撃ホビーウェブ. カドカワ (2018年1月21日). 2019年2月28日閲覧。
  23. ^ a b あそび方”. イナズマイレブン アレスの天秤. タカラトミー. 2019年3月17日閲覧。
  24. ^ a b アニメ映像も使った”超次元サッカー”を楽しめる,アーケードゲーム「イナズマイレブンAC ドリームバトル」が9月27日より稼働”. 4Gamer.net. Aetas (2018年8月22日). 2018年8月26日閲覧。
  25. ^ 川井久恵, 編纂.「日野社長に訊くQ&A」『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 29頁。
  26. ^ 川井久恵, 編纂.「日野社長に訊くQ&A」『アニメージュ』2018年11月号、徳間書店、2018年11月10日、 85頁。
  27. ^ 川井久恵, 編纂.「フリースペース『イナズマイレブン』シリーズ」『アニメージュ』2019年12月号、徳間書店、2019年12月10日、 131頁。
  28. ^ 『週刊イナズマウォーカー』、 2018年9月14日配信。[出典無効]
  29. ^ a b c d 川井久恵, 編纂.「最後まであきらめない雷門の精神」『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 27頁。
  30. ^ a b c d e f g 「日野晃博氏ロングインタビュー「Monologue of INAZUMA ELEVEN」」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 14頁。
  31. ^ 「日野晃博氏ロングインタビュー「Monologue of INAZUMA ELEVEN」」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 14-15頁。
  32. ^ 川井久恵, 編纂.「最後まであきらめない雷門の精神」『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 29頁。
  33. ^ 川井久恵, 編纂.「みんなに必殺技を叫んでほしい」『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 37頁。
  34. ^ a b c 「長野拓造インタビュー」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 54頁。
  35. ^ a b 川地誠 (2018年8月26日). “『イナズマイレブン』10周年記念! 円堂 守役の竹内順子さん、日野晃博社長、長野拓造さんにインタビュー!!”. PASH PLUS!. 主婦と生活社. 2019年2月14日閲覧。
  36. ^ 川井久恵, 編纂.「みんなに必殺技を叫んでほしい」『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 36頁。
  37. ^ a b c d e 「長野拓造インタビュー」『イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド』、小学館、2018年4月7日、 55頁。
  38. ^ イナズマイレブン 新シリーズ『アレスの天秤』放送開始!主題歌は注目の新人pugcat'sとalomに!”. avex management Web. エイベックス・エンタテインメント (2018年4月6日). 2019年8月11日閲覧。
  39. ^ 川井久恵, 編纂.「てっぺんの軌跡」『アニメージュ』2018年10月号、徳間書店、2018年10月10日、 80頁。
  40. ^ alom、つんく曲でデビュー 目標は紅白と武道館”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年1月22日). 2018年1月23日閲覧。
  41. ^ 川井久恵, 編纂.『アニメージュ』2018年6月号、徳間書店、2018年6月10日、 29頁。
  42. ^ a b 放送局情報”. イナズマイレブン アレスの天秤. テレビ東京アニメ公式. 2018年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。
  43. ^ a b テレビ放送対象地域の出典:
  44. ^ イナズマイレブン アレスの天秤”. キッズステーション. 2019年11月10日閲覧。
  45. ^ イナズマイレブン アレスの天秤”. あにてれ. テレビ東京. 2019年4月4日閲覧。
  46. ^ イナズマイレブン アレスの天秤”. ニコニコチャンネル. ドワンゴ. 2019年4月4日閲覧。
  47. ^ コロコロチャンネルで春アニメがゾクゾク爆開始! 激推しアニメ『レゴ ニンジャゴー』独占配信中!!”. コロコロオンライン. 小学館 (2018年4月1日). 2019年10月24日閲覧。
  48. ^ イナズマイレブン アレスの天秤”. GYAO!ストア. ヤフー.GYAO!. 2019年11月10日閲覧。
  49. ^ セルDVD/Blu-rayBOX”. イナズマイレブン アレスの天秤. KADOKAWA. 2018年10月28日閲覧。
  50. ^ a b c TVアニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』第8話の場面カット&あらすじが到着! 監督不在の中、雷門VS御影専農戦はキックオフを迎える”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2018年5月24日). 2019年3月24日閲覧。
  51. ^ inazuma_projectの2018年8月20日のツイート2018年8月23日閲覧。
  52. ^ a b 『イナズマイレブン アレスの天秤』爆熱ステージ開催決定!「出張イナズマウォーカー」や豪華景品が当たる「大クイズ大会」も実施!!”. イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード. レベルファイブ (2018年6月21日). 2019年12月25日閲覧。
  53. ^ 「CD・書籍情報」『イナズマイレブン アレスの天秤×スナックワールド特別号』朝日新聞社、2018年7月1日、14面。
  54. ^ 小説 イナズマイレブン アレスの天秤 1”. 小学館コミック. 小学館. 2018年10月28日閲覧。
  55. ^ 小説 イナズマイレブン アレスの天秤 2”. 小学館コミック. 小学館. 2018年10月28日閲覧。
  56. ^ 小説 イナズマイレブン アレスの天秤 3”. 小学館コミック. 小学館. 2018年10月28日閲覧。
  57. ^ 小説 イナズマイレブン アレスの天秤 4”. 小学館コミック. 小学館. 2018年10月28日閲覧。
  58. ^ a b 「DEAR BOYS」「イナイレ」「錆色のアーマ外伝」上演決定!哀川和彦役は長妻怜央”. ステージナタリー. ナタリー (2020年1月20日). 2020年1月20日閲覧。
  59. ^ a b c 舞台版「イナズマイレブン」新作に杉山真宏・畠山紫音ら、脚本・演出は三浦香”. ステージナタリー. ナタリー (2020年3月6日). 2020年3月8日閲覧。
  60. ^ 『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE~疾風迅雷~全公演中止のお知らせ 払い戻しのご案内”. 『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE~疾風迅雷~ オフィシャルホームページ (2020年4月18日). 2020年4月30日閲覧。
  61. ^ inazuma_projectの2020年1月20日のツイート2020年1月20日閲覧。
  62. ^ イナズマイレブン アレスの天秤 公式ワールドガイド”. 小学館. 2018年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月14日閲覧。
  63. ^ 「イナイレ」フェア、キデイランドで初開催 限定商品・先行販売...非売品のお買い上げ特典も!”. アニメ!アニメ!. イード (2018年6月18日). 2019年4月4日閲覧。
  64. ^ 「妖怪ウォッチ ぷにぷに」で「イナズマイレブン アレスの天秤」が7月1日に開幕”. 4Gamer.net. Aetas (2018年6月29日). 2019年4月4日閲覧。
  65. ^ 「妖怪ウォッチぷにぷに」,“3周年記念イベント~レベルファイブオールスターズ~”が本日開催”. 4Gamer.net. Aetas (2018年10月16日). 2019年4月4日閲覧。
  66. ^ nicocafe,「イナズマイレブンアレスの天秤」とのコラボを7月5日から開催”. 4Gamer.net. Aetas (2018年6月25日). 2019年4月4日閲覧。
  67. ^ カラオケの鉄人でTVアニメ「イナズマイレブン アレスの天秤」コラボが開始”. 4Gamer.net. Aetas (2018年7月23日). 2019年4月4日閲覧。

外部リンク編集

映像外部リンク
  【イナズマイレブン アレスの天秤】第1話予告編 - YouTube(LEVEL5chが2017年10月21日にアップロード)
テレビ東京系列 金曜17:55 - 18:25枠
前番組 番組名 次番組
リルリルフェアリル 〜魔法の鏡〜
(2017年4月7日 - 2018年3月30日)
イナズマイレブン アレスの天秤
(2018年4月6日 - 9月28日)
イナズマイレブン オリオンの刻印
(2018年10月5日 - 2019年9月27日)