メインメニューを開く

Rud. イバッハ・ゾーン(Rud. Ibach Sohn)は、ドイツ・シュヴェルム英語版のピアノ製造業者であり、2007年までは世界で最も古い製造を続けている会社であった。1794年に創業されたイバッハはアップライトピアノグランドピアノの大手製造業者の一つであった。1904年まではオルガンも生産していた。イバッハは最後まで創業家によって率いられてきた。21世紀の初めには、第7世代目が会社に加わった。2007年12月、シュヴェルムでのピアノ生産は打ち切られた[2]。今日は、イバッハ製ピアノのサポートを扱っている[3]

RUD. IBACH SOHN GmbH & Co. KG
企業形態 GmbH & Co. KG
設立 1794年
本社 ドイツデュッセルドルフ[1]
所有者 Julia Sabine Falke(旧姓Ibach)
ウェブサイト www.ibach.de
テンプレートを表示

目次

歴史編集

 
1900年頃のシュヴェルムの2番目の工場
 
1898年にブルーノ・シュミッツ英語版によってデザインされた「イバッハ・ピアノ」のポスター。背景のオークの木に商標 R I S が描かれている。

ヨハネス・アドルフ・イバッハドイツ語版は1794年にバイエンブルク英語版(1929年以降はヴッパータール市)で最初のスクエア・ピアノを製造した。1795年、ヨハネスはこの地の十字軍修道院(Kreuzherren-Klosters)のオルガンを修復した。18世紀が終わる前に、ヨハネスは生産拠点をまずリッタースハウゼン(オーバーバルメンドイツ語版)の貸し工房に、次にバルメンのヴッパーフェルトに移した。1817年、居住と工場のための建物を建設し、ここでピアノとオルガンを生産した(中心はピアノ製造)。1839年、息子のカール・ルドルフ・イバッハとその兄弟のリヒャルト・イバッハがAd. Ibach Söhne(アドルフ・イバッハの息子達)という名前で会社を引き継いだ。最初の営業所はデュッセルドルフ、ボンエッセンに設立された。1850年代初頭まで、イバッハはケルンのピアノメーカーEckとプロイセンで最大のピアノメーカーであるケーニヒスベルクGebauhrドイツ語版に所有されていた。イバッハはとりわけオランダに向けた輸出を推し進めた。1869年、オルガン製造は独立会社となった。1873年のウィーン万国博覧会においてイバッハ社はメダルを獲得した。会社は拡大し、ケルンに作業場を持つ営業所とシュヴェルムに新工場が加わった。

 
イバッハのヴェルテ=ミニョン英語版(自動演奏)グランドピアノ(1924年)

さらに、公立楽器博物館と初のヴッパータール音楽ライブラリーが開かれた。1892年、ペーター・アドルフ・ルドルフの未亡人フルダ・イバッハが会社を引き継いだ。彼女は20年間会社を率いて、数百人を雇用した。この時期に、ベルリンに3番目の工場が建設された。さらに会社は拡大し、中米、南米、バルト諸国、ロシア、アジア、アフリカ、オセアニアでも販売を行った。この時に、移調グランドピアノや放射型鍵盤、Ibachord(コンサート・チェンバロ)、指揮台ピアノ、イバッハ=ヴェルテ・グランドピアノ、イバッハ=ヴェルテ・アップライトピアノといった様々な革新や新たな進歩が取り入れられた。第一次世界大戦後は会社にとって試練の時期だった。

 
シュヴェルム工場

輸出市場の消失に加えて、ラジオ蓄音機の発明によってピアノ市場は縮小した。自動車がステータスシンボルとしてのグランドピアノの取って代わった。変化した顧客の要求、特に狭い集合住宅のため、小型ピアノが開発された。第二次世界大戦はバルメンの本社にも破壊をもたらした。したがって、1945年にシュヴェルム工場が新本社となった。しかしながら、生産は1950年にようやく再開できた。1960年代と1970年代の好景気は会社に取って良い時期であった。

1980年代、韓国大宇財閥との合弁事業の一環として大宇楽器が韓国で作られ、製造される全ての楽器はイバッハから出された。韓国での製品には「K」が加えられた。部外者からの意見では、このブランド名の「希釈」が深刻な経済問題を引き起こした。2004年から取締役を務めていたユリア・ザビーネ・ファルケ(旧姓イバッハ)はイバッハに対する競合他社のキャンペーンを一番の問題と見た。2007年には、5人強のピアノ職人がイバッハで働いていた。2007年12月、ピアノ生産は打ち切られた[4]。それ以後、イギリスのジョン・ブロードウッド・アンド・サンズが世界で最も古い途切れることなく生産を行っているピアノ製造業者である。

所有者編集

  • ヨハネス・アドルフ・イバッハ(1766年–1848年)、創業者、1794年–1839年
  • カール・ルドルフ・イバッハ(1804年–1863年)、一時的に兄弟のリヒャルト・イバッハおよびグスタフ・アドルフ・イバッハと経営、1839年–1863年
  • 暫定: リヒャルト・イバッハ(1813年–1889年)、オルガン職人、カール・ルドルフ・イバッハの未亡人レギーネ・エミリエ・イバッハ(旧姓ブルッケンハウス)と共同経営、1863年–1869年
  • ペーター・アドルフ・ルドルフ・イバッハドイツ語版(1843年–1889年)、1869年からは社名を「Rud. Ibach Sohn」とした、1869年–1892年
  • フルダ・イバッハ(旧姓Reyscher、1845年–1921年)、ペーター・アドルフ・ルドルフ・イバッハの未亡人、義理の兄弟のヴァルター・イバッと共同経営、1892年–1904年
  • アルベルト・ルドルフ・イバッハドイツ語版(1873年–1940年)、一時的に兄弟のマックス・イバッハとハンス・イバッハと共同経営、1905年–1940年
  • ヨハン・アドルフ・イバッハ(1911年–1999年)、1940年–1980年
  • ロルフ・イバッハ(1940年生)、1980年–2006年
  • ユリア・サビーネ・ファルケ(1972年生、旧姓イバッハ)、2005年–

重要な製品編集

万国博覧会への出展編集

御用達の称号[6]編集

イギリス

出典編集

  1. ^ Webpräsenz der RUD. IBACH SOHN GmbH & Co. KG, Impressum, 28. September 2010.
  2. ^ Sieg der billigen Ware – Klavierfabrik Ibach gibt auf. In: Frankfurter Allgemeine Zeitung. 8. Dezember 2007.
  3. ^ Andreas Fasel: Klavierbauer Ibach gibt nach über 200 Jahren auf. In: Welt am Sonntag. 13. Januar 2008.
  4. ^ Johannes Schmitz: Ein Schlussakkord mit Wehmut. In: Kölner Stadt-Anzeiger. 28. Dezember 2007.
  5. ^ Florian Speer: Ibach-Museum – virtuelle Ausstellung historischer Tasteninstrumente, 1997–2002.
  6. ^ Florian Speer: Ibach und die Anderen. Rheinisch-Bergischer Klavierbau im 19. Jahrhundert. Wuppertal 2002, ISBN 3-87707-587-8, S. 315.

参考文献編集

  • Walter Ibach: Das Haus Rud. Ibach Sohn, Barmen - Köln, 1794 - 1894. Ein Rückblick beim Eintritt in das zweite Jahrhundert seines Bestehens. Fischer & Wittig in Leipzig, Barmen 1894 Digitalisat
  • Gisela Beer: Orgelbau Ibach Barmen (1794–1904). (= Beiträge zur Rheinischen Musikgeschichte. Band 107). Köln 1975,   この記事はパブリックドメインの辞典本文を含む: Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900..
  • Florian Speer: Klaviere und Flügel aus dem Wupperthale. Instrumentenbau in der Wupperregion und am Niederrhein während des 19. Jahrhunderts am Beispiel der Orgel- und Klavierbauerfamilie Ibach. Dissertation. Bergische Universität Wuppertal, 2000 (Volltext). (= Bergischer Geschichtsverein, Abteilung Wuppertal (Hrsg.): Ibach und die Anderen. Rheinisch-Bergischer Klavierbau im 19. Jahrhundert. (= Beiträge zur Geschichte und Heimatkunde des Wuppertals. Band 39). Wuppertal 2002, ISBN 3-87707-587-8)
  • Florian Speer: Rud. Ibach Sohn. Weltälteste Klaviermanufaktur seit 1794. Sutton Verlag, Erfurt 2006, ISBN 3-89702-941-3.
  • Ingrid Haslinger: Kunde – Kaiser. Die Geschichte der ehemaligen k. u. k. Hoflieferanten. Schroll, Wien 1996, ISBN 3-85202-129-4.

外部リンク編集