イビサガール

イビサガール」(Ibiza girl)は日本女性アイドルグループNMB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、フジノタカフミにより作曲されている。当初は10作目のシングル楽曲として発売される予定だったが、配信限定でリリースされた。2回目の出場となった『第65回NHK紅白歌合戦』(2014年)の歌唱楽曲。楽曲のセンターポジションは山本彩が務めた。また、2014年8月13日に発売のNMB48の2作目のアルバム『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』にリード曲として収録されている[1]

イビサガール
NMB48シングル
初出アルバム『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
録音 2014年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
フジノタカフミ(作曲)
プロデュース 秋元康
NMB48 シングル 年表
高嶺の林檎
(2014年)
【配信限定】
イビサガール
(2014年)
らしくない
(2014年)
テンプレートを表示

目次

背景とリリース編集

前作「高嶺の林檎」から約3か月ぶりで、当楽曲はNMB48初の配信限定曲であり、iTunes Storeにより限定配信。タイトルの「イビサ」はイビサ島を意味する。

「イビサガール」は、2014年5月22日にオリックス劇場で開催された『NMB48リクエストアワー セットリストベスト50 2014』で初披露された。この曲を歌う選抜メンバーは、過去最多の22人。太田夢莉が初選抜。梅田彩佳柏木由紀高柳明音藤江れいな村重杏奈がNMB48名義で初選抜[2]門脇佳奈子は「カモネギックス」以来約8か月ぶりの選抜復帰。前作の選抜メンバーは、2014年4月16日付でAKB48チームBに移籍した小笠原茉由を除いた15人が本作でも選抜されている。

同年6月20日には、選抜メンバー22人がテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』に出演し、当楽曲をテレビ初披露した[注 1]

メディアでの使用編集

「イビサガール」には以下のタイアップが付いている。

配信曲編集

デジタル・ダウンロード
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「イビサガール」 秋元康 フジノタカフミ 生田真心

選抜メンバー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『ミュージックステーション』では、作曲者がフジノタカフミであることも明らかになった。

出典編集

  1. ^ NMB48 2ndアルバム 8月13日(水)発売決定!!”. NMB48公式サイト (2014年6月18日). 2014年6月18日閲覧。
  2. ^ NMB48 10thシングル 発売決定!!”. NMB48公式サイト (2014年5月22日). 2014年6月10日閲覧。

外部リンク編集