メインメニューを開く

イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター〜カーペンターズに捧ぐ

イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター〜カーペンターズに捧ぐ』(原題:If I Were a Carpenter)は、カーペンターズの作品の原盤権を持つA&Mレコードから1994年に発売された、14組のアーティストによるカーペンターズのトリビュート・アルバム

イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター〜カーペンターズに捧ぐ
トリビュート・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル A&Mレコード
プロデュース Matt Wallce、David Konjoyan
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 34位(ニュージーランド[1]
  • 70位(アメリカ[2]
  • 95位(日本[3]
  • テンプレートを表示

    解説編集

    オルタナティヴ・ロック系のアーティストがカーペンターズの楽曲をカヴァーした内容。主にアメリカのアーティストが中心だが、日本の少年ナイフ、アイルランドのクランベリーズ、オランダのベティー・サーヴァートも参加している。A&MレコードのA&R、Larry Hambyは、カーペンターズとは音楽性の異なるアーティスト達が参加したことに関して「カレンの声には、たとえ極めてハッピーでアップ・テンポの歌であっても、常に悲しく感傷的な特色があった。(本作に参加した)オルタナティヴ系のアーティスト達の多くは、そのことを理解していたと思う」とコメントしている[4]

    マシュー・スウィートによる「あなたの影になりたい」のカヴァーには、リチャード・カーペンターエレクトリックピアノコーラスで参加した[5]

    音楽評論家のStephen Cookは、allmusic.comにおいて本作を「実に幅広くオリジナリティのある解釈が印象的である一方、聴き手は ポール・ウィリアムズロジャー・ニコルズレオン・ラッセルニール・セダカ、そしてリチャード・カーペンターの見過ごされていた作曲能力を再発見することだろう」「ポスト・パンクに理解のあるカーペンターズ・ファンは必携」と評している[6]

    収録曲編集

    1. 愛にさようならを - Goodbye to Loveアメリカン・ミュージック・クラブ) - 3:12
    2. トップ・オブ・ザ・ワールド - Top of the World少年ナイフ) - 3:55
    3. スーパースター - Superstarソニック・ユース) - 4:06
    4. 遙かなる影 - (They Long to Be) Close to Youクランベリーズ) - 2:40
    5. ふたりの誓い - For All We Knowベティー・サーヴァート) - 3:27
    6. 小さな愛の願い - It's Going to Take Some Timeディッシュワラ) -4:16
    7. ソリテアー - Solitaireシェリル・クロウ) - 4:43
    8. ハーティング・イーチ・アザー - Hurting Each Otherジョネット・ナポリターノ & マーク・モアランド) - 4:09
    9. イエスタデイ・ワンス・モア - Yesterday Once Moreレッド・クロス) - 3:58
    10. 星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ) - Calling Occupants of Interplanetary Craftベイブズ・イン・トイランド) - 4:06
    11. 雨の日と月曜日は - Rainy Days and Mondaysクラッカー) - 3:44
    12. あなたの影になりたい - Let Me Be the Oneマシュー・スウィート) - 3:26
    13. 動物と子供たちの詩 - Bless the Beasts and Children4ノン・ブロンズ) - 4:17
    14. 愛のプレリュード We've Only Just Begunグラント・リー・バッファロー) - 3:51

    他メディアでの使用例編集

    脚注編集