イブラヒム・アフェレイ

オランダのサッカー選手

イブラヒム・アフェレイIbrahim Afellay, 1986年4月2日 - )は、オランダ出身のサッカー選手ストーク・シティFC所属。オランダとモロッコの二重国籍を持ち、オランダ代表としてプレーする。ポジションはミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィールダーまたはウイング)。

イブラヒム・アフェレイ Football pictogram.svg
Ibrahim Afellay Oranje.jpg
オランダ代表でのアフェレイ(2011年)
名前
ラテン文字 Ibrahim AFELLAY
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
モロッコの旗 モロッコ
生年月日 (1986-04-02) 1986年4月2日(31歳)
出身地 ユトレヒト
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク・シティFC
ポジション MF
背番号 14
利き足 右足
ユース
1990-1995 オランダの旗 エリンクワイク
1996-2003 オランダの旗 PSV
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2010 オランダの旗 PSV 159 (35)
2011-2015 スペインの旗 バルセロナ 21 (1)
2012-2013 ドイツの旗 シャルケ (loan) 10 (2)
2014-2015 ギリシャの旗 オリンピアコス (loan) 19 (4)
2015- イングランドの旗 ストーク・シティ 31 (2)
代表歴2
2007- オランダの旗 オランダ 53 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年8月1日現在。
2. 2016年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

PSVアイントホーフェン所属時には中盤の底を務める事もあった。スピードあふれるドリブルとミドルシュートが得意で、攻撃的な選手である。

目次

クラブ経歴編集

PSVアイントホーフェン編集

 
PSV時代のアフェライ

ユトレヒトにあるUSVエリンクワイクというアマチュアクラブでサッカーを始め、2003年にPSVアイントホーフェンの下部組織に入団すると、2004年2月4日のKNVBカップNACブレダ戦でデビューした。10日後の2月14日、FCトゥウェンテ戦でエールディヴィジデビューし、2003-04シーズンはもう1試合に出場して公式戦3試合に出場した。2004-05シーズンは7試合に出場し、2005年5月15日のフェイエノールト戦では大きな衝撃を与える2得点を記録した。

2005-06シーズンはダマルカス・ビーズリーミカ・ヴァイリネンの欠場にともなって先発出場メンバーに名を連ねるようになった。2005年9月13日、1-0で勝利したシャルケ04戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たした。ヨハン・フォーゲルマルク・ファン・ボメルが移籍したためにレギュラーに定着し、はじめての二桁試合数となるリーグ戦23試合に出場して2得点した。2006-07シーズンはヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞し、副賞として与えられる権利でモロッコに人工芝のピッチを設置した。

FCバルセロナ編集

2010年11月16日、2011年1月にリーガ・エスパニョーラFCバルセロナに移籍することが内定し、12月23日にバルセロナを訪れメディカルチェックをパス、移籍が完全に決定した。移籍金は約300万ユーロと報道されている[1][2]。FCバルセロナとは2015年までの契約を結び、背番号は20に決定した[3]。2011年1月5日のコパ・デル・レイアスレティック・ビルバオ戦のロスタイムにFWダビド・ビジャとの途中交代で出場してデビューし、1月19日のコパ・デル・レイ、レアル・ベティス戦セカンドレグ (1-3) で初めて先発出場した。同大会のUDアルメリア戦で初得点を決めている。

FCシャルケ04編集

2012年8月31日に出場機会を求めてFCシャルケ04へ1年間の期限付移籍をした[4]

オリンピアコスFC編集

2014年8月10日、オリンピアコスFCへの1年間の期限付移籍をした[5]。なお、このレンタル終了後に、バルセロナとの契約も満了した。

ストーク・シティFC編集

2015年7月27日、ストーク・シティFCへ2017年6月までの2年契約で完全移籍した[6]

代表経歴編集

2005年のFIFAワールドユース選手権ではライアン・バベルクインシー・オウス・アベイエと共にU-20オランダ代表の前線を支える存在であった。

2005年10月8日、マルコ・ファン・バステン監督によってチェコ戦とマケドニア共和国戦のためのオランダ代表に選出されたが、出場はしていない。世代別代表の頃からオランダ代表としてプレーしてきたが、モロッコにルーツを持つため、オランダA代表を選択するかモロッコA代表を選択するかジレンマに陥っていた。しかし、最終的にはオランダ代表を選択し、2007年3月28日のUEFA EURO 2008予選スロベニア戦で初出場を果たした。UEFA欧州選手権本大会のメンバーにも選出され、グループリーグのイタリア戦ではディルク・カイトとの途中交代で出場してクロスバーを叩く惜しいボレーシュートを放った。グループリーグ最終戦のルーマニア戦では先発出場し、アリエン・ロッベンロビン・ファン・ペルシーとともに攻撃陣を構成した。なお、同大会で着用したユニフォームはAffellayという背文字が施されていたが、これはfが1つ多い誤表記である。オランダが準優勝した2010 FIFAワールドカップでは3試合に途中出場し、日本戦ではスピードのある飛び出しを見せ、川島永嗣にセーブされたものの決定機を作った。2010年10月12日、UEFA EURO 2012予選スウェーデン戦で代表初得点を含む2得点を挙げた。

個人成績編集

クラブ編集

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
PSV 2003-04 2 0 1 0 3 0
2004-05 7 2 2 0 9 2
2005-06 23 2 2 0 8 0 1 0 34 2
2006-07 27 6 2 0 5 0 34 6
2007-08 24 2 0 0 8 0 1 0 33 2
2008-09 28 13 1 0 4 0 1 0 34 13
2009-10 29 4 4 1 11 1 44 6
2010-11 19 6 1 0 6 1 26 7
通算 159 36 13 1 42 2 3 0 217 39
FCバルセロナ 2010-11 16 1 6 1 7 0 29 2
2011-12 4 0 0 0 1 0 5 0
通算 20 1 6 1 8 0 34 2
シャルケ 2012-13 10 2 1 1 3 1 13 4
通算 10 2 1 1 3 1 13 4
通算 189 38 20 3 53 3 3 0 264 44

代表編集

出典[7]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 1 0
2008 13 0
2009 5 0
2010 12 2
2011 5 1
2012 8 2
2013 0 0
2014 4 1
2015 3 0
2016 2 1
通算 53 7

代表での得点編集

タイトル編集

クラブ編集

PSVアイントホーフェン
FCバルセロナ
オリンピアコスFC

代表編集

オランダ代表

個人編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ Barcelona and PSV strike deal for Afellay”. UEFA.com (2010年11月16日). 2010年11月16日閲覧。
  2. ^ Agreement with PSV for Afellay signing”. fcbarcelona.com (2010年11月15日). 2010年11月16日閲覧。
  3. ^ number 20FC Barcelona News.com、2010年12月
  4. ^ S04 leiht Ibrahim Afellay vom FC Barcelona ausFCシャルケ04公式HP 2012年8月31日
  5. ^ [1]Goal.com(2014年8月10日)2014年9月17日閲覧
  6. ^ Ex-Barcelona man becomes latest new arrival at the Britannia Stadiumストーク・シティFC(2015年7月27日)2015年7月28日閲覧
  7. ^ Afellay, Ibrahim”. National-Football-Teams.com. 2017年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集