メインメニューを開く

イブラーヒーム(? - 1749年)は、アフシャール朝の第3代君主(在位:1748年)。

アーディル・シャー
ابراهیم‌شاه‎
アフシャール朝3代シャー
Coin of Ebrahim Shah, struck at the Qazvin mint.jpg
イブラーヒーム時代の貨幣
在位 1748年

死去 1749年
王朝 アフシャール朝
父親 ムハンマド・イブラーヒーム・ハーン
テンプレートを表示

来歴編集

第2代君主のアーディル・シャーの実弟。兄が即位すると、その命令でイスファハーンの治安安定のために派遣された。しかしここで力を得た彼は、兄に対して謀反を起こし、1748年に兄を盲目にして廃位して、自らが即位した。

だが、ホラーサーンの有力者らは彼の即位を認めず、初代のナーディル・シャーの直系の孫であるシャー・ルフを擁立した。このため彼も退位となり、1749年に兄同様にナーディル・シャーの妻の命令で処刑された。

参考文献編集

  • 『ムガル帝国歴代誌』(創元社