メインメニューを開く

イブン・シャーティル

14世紀ダマスクスの天文学者。
イブン・シャーティルの惑星の運行モデル

イブン・シャーティルIbn al-Shāṭir; 1305年頃 - 1375年頃)は、14世紀のムスリムの天文学者である[1]。長年ダマスクスの大モスク(ウマイヤ・モスク)のムワッキト(時守。アザーンムアッズィンの項参照。)を務め、計時に関する著作、宇宙構造論に関する著作がある[1]。イブン・シャーティルの宇宙構造論は『アルマゲスト』の宇宙モデルに独創的な創見を付け加えたものであるが、天動説の一種ではある[1]。イブン・シャーティルの理論が16世紀のコペルニクスに影響を与えたか否か、影響を与えたとしたらどのような点においてかといった議論が、科学史研究上のトピックの一つになっている[2]

生涯編集

イブン・シャーティルの生涯についての研究は、King (2008) や Charette (2003) によると、Wiedeman (1928) が最も詳しく[3][4]、世に出ている概説本はみな Wiedeman (1928) を根拠にしている[4]

イブン・シャーティルは、1305年前後にダマスクスで生まれ、1375年前後に同地で没した[1]。ヒジュラ暦704年第1ラビー月13日(西暦1304年10月13日)に生まれたとするのが多数説であるが、サファディー英語版という同時代の年代記作家がイブン・シャーティル本人から生年月日をヒジュラ暦705年シャアバーン月15日(1306年3月1日)と聞いたと書いている[4]

イブン・シャーティル(イブヌッシャーティル)のナサブでもっぱら知られるが[1][2]、本名はアリー、父の名はイブラーヒーム、祖父の名はムハンマド、曾祖父の名はヒマーム・アビー・ムハンマド、高祖父の名はイブラーヒーム・アンサーリーといい、アラーウッディーンの尊号、ムワッキトの職名があった[1][4]。それらを繋げた名前は、例えば、イブヌッシャーティル,アラーウッディーン・アリー・ブン・イブラーヒーム,アル・ムワッキト(アラビア語: علاء الدين علي بن ابراهيم ابن الشاطر الموقّت‎, ラテン文字転写: ‘Alā' al-Dīn ‘Alī b. Ibrāhīm, Ibn al-Shāṭir, al-Muwaqqit)である[1]。また、クンヤとしてアブル・ハサンも知られている[2][4]

イブン・シャーティルは6歳のときに父が亡くなり、祖父に育てられたと伝わる[3]。祖父は孫に象牙細工を教えた[3]。イブン・シャーティルには象牙細工師を意味するムタッイムという尊号もある[4]。イブン・シャーティルは10歳の頃にエジプトのアレクサンドリアカイロへ行き、天文学を学んだ[3]ズーター英語版 (1900) は、イブン・シャーティルのエジプト遊学の動機を、アブー・アリー・ハサン・ムッラークシー英語版が1280年ごろにカイロですぐれた天文表英語版と観測器具を制作していたことにあったのではないかと推測する[3]

その後、イブン・シャーティルは、ムワッキト(al-muwaqqit)の職名が示すように、ダマスクスの大モスク(ウマイヤ・モスク)のムワッキトを務めるようになった[3]。同僚にシャムスッディーン・アブー・アブドゥッラー・ハリーリー英語版がいる[1]

著作編集

 
イブン・シャーティルの月の運行モデル

イブン・シャーティルは、大きく分けて、計時の学(ʿilm al-mīqāt)、計時のための観測器械、天文理論の3分野にわたり、多数のキターブ(本)とリサーラ(論文)を著し、また、ズィージ(天文表)英語版を作成した[3]。このうち、計時の学に関する著作は、同僚のハリーリー英語版の同分野の著作に比べると、重要性が低い[1]

他方で、計時のための観測器械に関する著作については、15世紀から18世紀にかけての約300年間、イスラーム圏における天体観測に関する学術の中心地であったシリア、エジプト、トルコで広く読み継がれた[3]。イブン・シャーティルの観測器具、特にアストロラーブは、球面天文学における標準的な問題をすべて解決しており、中世イスラーム圏の精密科学発展の到達点を示すものであるという評(『ブリタニカ百科事典』)もある[5]

計時のための観測器具の著作の受容とは対照的に、天文理論に関する論文は、イブン・シャーティルの没後、シリアでもエジプトでもほとんど受容されなかったようである[3]。ところが、16世紀のコペルニクスの天文理論や天文常数の一部がイブン・シャーティルのものと同じであることが、20世紀に入ってから判明し、注目されるようになった[3]。イブン・シャーティルの天文理論に関する研究は1950年代に端緒についた[3]

イブン・シャーティルは、最初、プトレマイオスが『アルマゲスト』等で示した宇宙モデルに忠実にしたがった天文表を作成しようとしたようである[1]。しかしこれは写本が伝世していない[1]。その後イブン・シャーティルは、プトレマイオスが提供した天文常数とは異なるパラメータを用いて『天文観測についての注釈の書』(Taʿlīq al‐arṣād)を書いたが、これも現代に伝わる写本が存在しない[1]

その後に書かれた『原理の修正における究極の探求の書』(Nihāyat al‐suʾl fī taṣḥīḥ al‐uṣūl, 根本を確かにすることの最高の願いの書[6])は前著の解説であり、前著で開示したパラメータに理論的背景を与える内容である[1]。これは写本が現代に伝わった[1]。さらに、その後に書かれた『新天文表』(al‐Zīj al‐jadīd , シャーティル天文表[6])はイブン・シャーティル最後の著作であり、これも写本が現代に伝世した[1]。『新天文表』に記載の数値は、イブン・シャーティルの新理論と新しい天文常数に適合する数値である[1]。なお、現存する著書には、日没から夜明けまでの時間の長さやマグリブの礼拝の時刻が書かれているが、これらの数値や時刻はすべて、北緯34度の地点(ダマスクスより20キロメートルほど北)における数値や時刻である[1]

計時器具編集

 
イブン・シャーティルの日時計が設置されているウマイヤ・モスクの「花嫁のミナレット」(写真右上の塔)

「花嫁のミナレット」という通称があるダマスクスの大モスクの北壁に付設されたミナレットには、イブン・シャーティルが制作した日時計が設置されている[1]。21世紀現在、そこに置かれている物は19世紀末に設置された精密なレプリカであるが、オリジナルはダマスクス国立博物館英語版の中庭にある[1]。イブン・シャーティルがウマイヤ・モスクのミナレットにこれを設置したのは、1371年のことだと伝わっている[7]

イブン・シャーティルの日時計は、幅2メートル、奥行1メートルの方形の大理石であり、複数の曲線が大理石表面に彫られている[1]。中央に設置されたグノーモンは、ダマスクスにおいて天の極英語版の方向と平行になるような角度がつけられており、その影が指す位置をムワッキトが上記曲線を頼りに読むことによって、定時法で時刻を知ることが可能になっている[1]。かつて、グノーモンが天の極英語版を指す日時計はヨーロッパ人の発明であると信じられていた時代があったが、イブン・シャーティルの日時計は、そのようなヨーロッパ優越史観をくつがえす客観的証拠の一つになっている[1]

また、アレッポには「宝石箱」(ṣandūq al‐yawāqīt)という通称を持つ、イブン・シャーティルによって制作されたもう一つの日時計が保管されている[1]。この日時計は、12センチメートル角の大きさで、シリア地方における、おおよそのズフルとアスルの礼拝(午前と正午過ぎの礼拝)の時間を示す[1]。さらに、方位磁針を有し、シリア地方における大まかなキブラもわかるようになっている[1]

中東地域の天文学史の専門家、デイヴィッド・A・キング英語版によると、サファディー英語版という同時代の年代記作家が、イブン・シャーティルの制作した「アストロラーブ」について記述している[3][8]。キングによるとサファディーの記述は曖昧かつ難解であるが、おおむね次のようなことが書かれている[3]。「サファディーがイブン・シャーティルの家を訪ねたところ、ムワッキトは自分が制作した『アストロラーブ』を見せてくれた。それはアーチ状の長さ35センチメートル程度のもので、壁に設置されており、可動部が1日で一周する。さらに、定時法不定時法の両方で時を報せる。おそらく機構部は壁の裏にあると思われる」[3]。アストロラーブというよりは時計と思われるこの機械は現存せず、この機械に関するサファディーの難解な記述以上の情報は存在しない[3]

天文理論編集

 
青い破線がイブン・シャーティルの惑星の運行モデル。黒い実線はプトレマイオスのモデル。

イブン・シャーティルが『原理の修正における究極の探求の書』で示した諸天体の年周運動の説明モデルは、クニドスのエウドクソスの周転円モデルをさらに高次にしたものである[6]。不動の原点を中心にして等速円運動する点Pを中心にして等速円運動する点Qを措定する[6]。地球は不動の原点にある[6]。ここで点Q上に惑星があると考えるとエウドクソスのモデルであるが、イブン・シャーティルは点Qを中心に等速円運動する点Rを考えた[6]。つまり周転円の周りをさらに回る小周転円を措定し、さらに必要であれば、小周転円上の点を中心とする第3次、第4次の小周転円を措定する[6]

イブン・シャーティルは、外惑星の運行は周転円4つまでで説明できるとした[6]。内惑星になるとさらに必要になり、水星の運行の説明には従円と周転円をあわせて6つを要している[6]

上記イブン・シャーティルの天文理論には、離心円説と擬心(エカント)説、どちらも採用されていない[6]。イブン・シャーティルの天文理論は非プトレマイオス型の(non-Ptolemaic)ジオセントリック・モデルである[1]。プトレマイオスの天文理論は、特にの運行に関して観測結果との不整合が大きいことが、約1000年の間、多くの学者を悩ませてきたが、2次周転円を用いるイブン・シャーティルの説明モデル(上掲の写本の写真参照)には、見かけ上、この弱点がなかった[3]

Kitāb Nihāyat al-Su'ūl fī Tashīl al-Uṣūl の西洋近代語への翻訳は、1950年代に Kennedy, Roberts et al. により初めてなされた[1]。これにより、コペルニクスCommentariolus における惑星の運行モデルがイブン・シャーティルのものと類似しており(コペルニクスはヘリオセントリック・モデル)、天文常数が一致していることがわかった[1]。精密科学知(天文常数のような数値)の異同は知識の伝播を実証する[9]。14世紀シリアの天文学知の16世紀ヨーロッパへの西漸については、1950年代から1980年代にかけて、Otto Neugebauer, Edward Kennedy, Willy Hartner, Noel Swerdlow, George Saliba といった科学史の専門家が活発に議論したが[10]、イブン・シャーティルの著作のみでは結論が出せないという結論を見るに至った[1]。ただし、コペルニクスが水星の軌道を説明するのに、6個の円(5個の周転円と1個の従円)を描くイブン・シャーティルの説明モデルと同一のモデルをよく理解できていないまま、Commentariolus に書き写していることは確かである[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad King, David K. (1997). “Ibn al-Shāṭir”. In Selin, Helaine. Encyclopaedia of the History of Science, Technology, and Medicine in Non-Western Cultures. Springer. ISBN 978-0-7923-4066-9. https://books.google.com/books?id=raKRY3KQspsC&pg=PAPA412. 
  2. ^ a b c Roberts, Victor (1966). “The Planetary Theory of Ibn al-Shāṭir”. Isis 57 (2): 208-219. JSTOR 227960. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p King, David A. (2008). “Ibn Al-Shatir, ‘Ala’ Al-Din Abu’l-Hasan ‘Ali Ibn Ibrahim”. Complete Dictionary of Scientific Biography. . Encyclopedia.com.. http://www.encyclopedia.com/science/dictionaries-thesauruses-pictures-and-press-releases/ibn-al-shatir-ala-al-din-abul-hasan-ali-ibn-ibrahim 2018年9月20日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Charette, François (2003), Mathematical instrumentation in fourteenth-century Egypt and Syria: the illustrated treatise of Najm al-Dīn al-Mīṣrī, BRILL, ISBN 978-90-04-13015-9, https://books.google.com/books?id=dgQNMNJe6B4C  p.16
  5. ^ O'Connor, John J.; Robertson, Edmund F., “Arabic mathematics : forgotten brilliance?”, MacTutor History of Mathematics archive, University of St Andrews, http://www-history.mcs.st-andrews.ac.uk/Biographies/Arabic_mathematics.html 2018年10月2日閲覧。 .
  6. ^ a b c d e f g h i j 矢島, 祐利『アラビア科学史序説』岩波書店、1977年3月25日。 pp.214-215
  7. ^ Jenner, Greg (2016). Neues von vorgestern: Die ganze Geschichte der alltäglichen Dinge. BASTEI LÜBBE. ISBN 9783732523238. https://books.google.com/books?id=c-3kCgAAQBAJ&pg=PAPT20.  p.20
  8. ^ King, David A. (1983). “The Astronomy of the Mamluks”. Isis 74 (4): 531–555 [545–546]. doi:10.1086/353360. 
  9. ^ ノイゲバウアー, オットー『古代の精密科学』矢野道雄, 斎藤潔訳、恒星社厚生閣〈科学史選書〉、1984年1月。ISBN 978-4769906803 序文
  10. ^ Saliba, George (1999年). “Whose Science is Arabic Science in Renaissance Europe?”. 2018年10月2日閲覧。

発展資料編集

  • Wiedemann, E.“Ibn al-Shâṭir, ein arabischer Astronom aus dem 14. Jahrhundert,” in Sitzungsberichte der physikalisch medizinischen Sozietät in Erlangen 60 (1928), 317–326, repr in his Aufätze arabischen Wissenschaftsgeschichte II (Hildesheim, 1970), 729–738. (ドイツ語)