メインメニューを開く

イブ・ミュアヘッドEve Muirhead1990年4月22日[1] - )は、イギリススコットランド)の女子カーリング選手。ミューアヘッド、ミューヘッドとも。2007、2008、2009年の世界ジュニアカーリング選手権チャンピオン。スコットランドのパース北部にあるダンケルド (Dunkeld・カーリング・クラブでプレーしている[2]

Bronze medal.svg イブ・ミュアヘッド Curling pictogram.svg
Eve Muirhead
Eve Muirhead - cropped from Flickr image 4375889785.jpg
基本情報
出生国 イギリスの旗 イギリス
出身地 スコットランドの旗 スコットランドパース
生年月日 (1990-04-22) 1990年4月22日(28歳)
オリンピック
4人制
出場回数 3回
出場大会
最高成績 33位 銅メダル
世界選手権
4人制
出場回数 8回
出場大会
最高成績 11位 金メダル
 
獲得メダル
イギリスの旗 英国
オリンピック
2014 ソチ
スコットランドの旗 スコットランド
世界選手権
2013 リーガ
2010 スウィフトカレント
2017 北京
オリンピック 金 0 銀 0 銅 1
世界選手権 金 1 銀 1 銅 1
欧州選手権 金 2 銀 4 銅 2
欧州混合 金 1 銀 0 銅 0
世界ジュニア 金 4 銀 0 銅 0
2018年2月27日現在
テンプレートを表示

目次

経歴編集

初めてカーリングの国際的な舞台に登場したのはエベレス(en:Eveleth, Minnesota)で行われた2007年の世界ジュニアカーリング選手権であった。サラ・ライドがスキップを務めたチームのサードとして金メダルに輝いた。

2008年のスコットランドのジュニア選手権で、スキップとしてチームを率いて全勝し世界ジュニアカーリング選手権への出場権を獲得した[3]エステルスンドで行われた世界ジュニアカーリング選手権ではスコットランドチームのスキップを務め、決勝でスウェーデン(スキップはセシリア・エストルンド)を12-3で破って優勝した[4]

バンクーバーで行われた2009年の世界ジュニアカーリング選手権にも出場した。会場は2010年バンクーバーオリンピックのカーリング会場予定地であるバンクーバー・オリンピック・センターであった。決勝でケイトリン・ローズ(en:Kaitlyn Lawes)が率いるホームのカナダチームを8-6で破った。こうして3連覇を、スキップとしては2連覇を達成した。

バンクーバーオリンピックのイギリスチームのスキップに選ばれた。バンクーバーオリンピックでは日本代表と好勝負を繰り広げるも敗れる。しかしこの一戦が日本のテレビで実況生中継された結果、一躍日本で注目を集めることとなった。

人物編集

ミュアヘッド一族はカーリング一家で、父のゴードン・ミュアヘッド英語版は1999年の男子カーリング世界選手権の金メダリストで1992年アルベールビルオリンピックにも参加している。また兄のグレン英語版と弟のトーマス英語版もカーリング選手で、イブは2世カーラーである。

イブ自身はカーリングのほかにもバグパイプでも世界選手権に4度の出場経験があり、またゴルフハンディキャップ2を持つシングルプレーヤーである[5]

髪の色は元々黒であるが、ファッションのために金髪に染めており、バンクーバーオリンピックでは黒と金のツートンカラーで参戦していた。

主な戦歴編集

ワールドカーリングツアー編集

グランドスラム編集

略語の説明
C 優勝
F 準優勝
SF ベスト4
QF ベスト8
R16 ベスト16
Q 予選敗退
T2 ティア2(2部)出場
DNP 大会不参加
N/A 開催せず
大会 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015-16 2016–17 2017–18 2018–19
エリート10 N/A DNP
マスターズ N/A SF F Q Q Q SF Q
ツアーチャレンジ N/A QF DNP SF DNP
ナショナル N/A DNP Q DNP QF
カナディアン・オープン N/A C SF DNP DNP SF
プレーヤーズ選手権 SF Q C QF C C QF QF
チャンピオンズカップ N/A Q Q SF

旧グランドスラム編集

大会 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015-16
ソベイスラム SF N/A
ウェイデン・トランス N/A
マニトバ・ロト DNP DNP DNP Q N/A
オータムゴールド Q Q DNP C DNP N/A
コロニアルスクエア N/A DNP R16 DNP C N/A

脚注編集

  1. ^ EVE MUIRHEAD CURLING”. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ British Curling - Eve Muirhead Profile”. 2010年2月8日閲覧。
  3. ^ "Junior women's final"Curling Today (Sunday, 10 February 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  4. ^ "World Champions welcomed home!"Curling Today (Monday, 10 March 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  5. ^ 多才な美女、「金」へ自信…イブ・ミュアヘッド”. YOMIURI ONLINE (2014年2月6日). 2018年2月20日閲覧。

外部リンク編集