メインメニューを開く

イブ・ミュアヘッドEve Muirhead1990年4月22日[1] - )は、イギリススコットランド)の女子カーリング選手。ミューアヘッド、ミューヘッドとも。2007、2008、2009年の世界ジュニアカーリング選手権チャンピオン。スコットランドのパース北部にあるダンケルド (Dunkeld・カーリング・クラブでプレーしている[2]

Bronze medal.svg イブ・ミュアヘッド Curling pictogram.svg
Eve Muirhead
Eve Muirhead - cropped from Flickr image 4375889785.jpg
基本情報
出生国 イギリスの旗 イギリス
出身地 スコットランドの旗 スコットランドパース
生年月日 (1990-04-22) 1990年4月22日(29歳)
オリンピック
4人制
出場大会
最高成績 33位 銅メダル
世界選手権
4人制
出場大会  
最高成績 11位 金メダル
 
獲得メダル
イギリスの旗 英国
オリンピック
2014 ソチ
スコットランドの旗 スコットランド
世界選手権
2013 リーガ
2010 スウィフトカレント
2017 北京
オリンピック 金 0 銀 0 銅 1
世界選手権 金 1 銀 1 銅 1
欧州選手権 金 2 銀 4 銅 2
欧州混合 金 1 銀 0 銅 0
世界ジュニア 金 4 銀 0 銅 0
2018年2月27日現在
テンプレートを表示

目次

経歴編集

初めてカーリングの国際的な舞台に登場したのはエベレス(en:Eveleth, Minnesota)で行われた2007年の世界ジュニアカーリング選手権であった。サラ・ライドがスキップを務めたチームのサードとして金メダルに輝いた。

2008年のスコットランドのジュニア選手権で、スキップとしてチームを率いて全勝し世界ジュニアカーリング選手権への出場権を獲得した[3]エステルスンドで行われた世界ジュニアカーリング選手権ではスコットランドチームのスキップを務め、決勝でスウェーデン(スキップはセシリア・エストルンド)を12-3で破って優勝した[4]

バンクーバーで行われた2009年の世界ジュニアカーリング選手権にも出場した。会場は2010年バンクーバーオリンピックのカーリング会場予定地であるバンクーバー・オリンピック・センターであった。決勝でケイトリン・ローズ(en:Kaitlyn Lawes)が率いるホームのカナダチームを8-6で破った。こうして3連覇を、スキップとしては2連覇を達成した。

バンクーバーオリンピックのイギリスチームのスキップに選ばれた。バンクーバーオリンピックでは日本代表と好勝負を繰り広げるも敗れる。しかしこの一戦が日本のテレビで実況生中継された結果、一躍日本で注目を集めることとなった。

人物編集

ミュアヘッド一族はカーリング一家で、父のゴードン・ミュアヘッド英語版は1999年の男子カーリング世界選手権の金メダリストで1992年アルベールビルオリンピックにも参加している。また兄のグレン英語版と弟のトーマス英語版もカーリング選手で、イブは2世カーラーである。

イブ自身はカーリングのほかにもバグパイプでも世界選手権に4度の出場経験があり、またゴルフハンディキャップ2を持つシングルプレーヤーである[5]

髪の色は元々黒であるが、ファッションのために金髪に染めており、バンクーバーオリンピックでは黒と金のツートンカラーで参戦していた。

主な戦歴編集

ワールドカーリングツアー編集

グランドスラム編集

略語の説明
C 優勝
F 準優勝
SF ベスト4
QF ベスト8
R16 ベスト16
Q 予選敗退
T2 ティア2(2部)出場
DNP 大会不参加
N/A 開催せず
大会 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015-16 2016–17 2017–18 2018–19
エリート10 N/A DNP
マスターズ N/A SF F Q Q Q SF Q
ツアーチャレンジ N/A QF DNP SF DNP
ナショナル N/A DNP Q DNP QF
カナディアン・オープン N/A C SF DNP DNP SF
プレーヤーズ選手権 SF Q C QF C C QF QF
チャンピオンズカップ N/A Q Q SF

旧グランドスラム編集

大会 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015-16
ソベイスラム SF N/A
ウェイデン・トランス N/A
マニトバ・ロト DNP DNP DNP Q N/A
オータムゴールド Q Q DNP C DNP N/A
コロニアルスクエア N/A DNP R16 DNP C N/A

脚注編集

  1. ^ EVE MUIRHEAD CURLING”. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ British Curling - Eve Muirhead Profile”. 2010年2月8日閲覧。
  3. ^ "Junior women's final"Curling Today (Sunday, 10 February 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  4. ^ "World Champions welcomed home!"Curling Today (Monday, 10 March 2008) (Retrieved on 21 March 2008)
  5. ^ 多才な美女、「金」へ自信…イブ・ミュアヘッド”. YOMIURI ONLINE (2014年2月6日). 2018年2月20日閲覧。

外部リンク編集