メインメニューを開く

イオネル・ペルレア(Ionel Perlea1900年12月13日 - 1970年7月29日[1][2]は、ルーマニア生まれの指揮者。名前については、ジョネル・ペルレア(Jonel Perlea)と表記されることも多い。

イオネル・ペルレア
Ionel Perlea.jpg
基本情報
生誕 (1900-12-13) 1900年12月13日
出身地  ルーマニアオグラタ
死没 (1970-07-29) 1970年7月29日(69歳没)
学歴 ライプツィヒ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

経歴編集

1990年、オグラタ生まれ。1918年ドイツに留学し、ミュンヘンアントン・ビーア=ヴァルブリュンに作曲を学んだあと、ライプツィヒ音楽院パウル・グレーナーとオットー・ローゼの薫陶を受けた。1922年にライプツィヒの歌劇場のコレペティトゥーアを務めた後、1924年ロストックの歌劇場に移り、1927年にはクルージュ=ナポカの歌劇場の指揮者として帰国した。1928年にはブカレスト歌劇場の首席指揮者となり、その翌年にはそこの音楽監督となり、1944年まで務めた。 1947年からミラノスカラ座に客演するようになり、1950年からはメトロポリタン歌劇場にも登場するようになった。1952年からマンハッタン音楽学校で教鞭をとるようになったものの、1957年には心臓発作脳卒中に倒れ、以後は左手だけで指揮するようになった。

1970年にニューヨークで死去。

脚注編集