メインメニューを開く

イラク特殊作戦部隊( قوات العمليات الخاصة العراقية,Iraqi Special Operation Forces,ISOF)は2003年のイラク戦争以降、多国籍軍により再編されたイラク軍に存在する特殊部隊。10,000人の人員で構成されている。

イラク特殊作戦部隊
قوات العمليات الخاصة العراقية
Special Operations Iraq SSI.svg
ISOFのSSI
創設 2003年
国籍 イラクの旗 イラク
軍種 イラク陸軍
兵科 特殊部隊
規模 10,000人
上級部隊 Flag of the Iraqi Counter Terrorism Bureau.svg イラク・テロ対策局
主な戦歴 イラク戦争
ISIL戦争
識別
ICTBの旗 Flag of the Iraqi Counter Terrorism Bureau.svg
ISOFの旗 Special Operations Iraq Flag.svg

目次

歴史編集

2003年のイラク戦争以降、親アメリカ合衆国政権誕生後のイラクに設立された。初期の隊員はイスラム教シーア派教徒とクルド人を中心に少数のイスラム教スンニ派教徒が入り、設立時よりヨルダンの訓練キャンプにてアメリカとヨルダンの特殊部隊員から訓練を受けた。

当初はコマンド部隊だけだったが、2008年時点ではイラク対テロ大隊(Iraqi Counter-Terrorism Force,ICTF)と,コマンド部隊3個大隊、支援部隊および偵察部隊で構成される1個旅団となった。[1]

編成編集

第1特殊作戦旅団はバグダッドに拠点を持ち、第1大隊(イラク第36コマンド大隊)、第2大隊、第5大隊、支援大隊、訓練大隊、イラク特殊戦学校センターが存在する。第1特殊作戦旅団は黄金旅団(Golden Brigade)といわれている[2]

第2特殊作戦旅団はバスラモスルディアラに拠点を持ち、4個コマンド大隊を保有している。

第3旅団は、アル・アサード航空基地に拠点を持ち、地域コマンド大隊、偵察大隊、支援大隊などがある[3]

装備編集

他のイラク軍の一般部隊に比べM4カービンミニミ軽機関銃H&K MP5Mk19 自動擲弾銃といった欧米製の装備を多用しているが、PKMRPG-7など旧来の装備も使用している。

また、車軸としてハンヴィーを使用する他、空軍にてMi-17暗視ゴーグルを運用した対テロ作戦パイロット(CT Pilot)の養成も行われている[1]

ギャラリー編集

出典編集

関連項目 編集