イラッド・オルティス・ジュニア

イラッド・オルティス・ジュニアIrad Ortiz Jr.1992年8月11日 - )はアメリカ合衆国ニューヨークを拠点とする騎手である。実弟は同じく騎手のホセ・オルティス

イラッド・オルティス・ジュニア
Irad Ortiz Jr.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
生年月日 (1992-08-11) 1992年8月11日(30歳)
騎手情報
初免許年 2011年プエルトリコの旗 プエルトリコ
免許区分 平地競走
経歴
所属 2011年1月 - 2011年6月 プエルトリコ
2011年6月 - アメリカ合衆国
テンプレートを表示

来歴編集

プエルトリコトルヒージョ・アルト英語版で生まれる。元騎手の祖父の影響で幼い頃から騎手に憧れを抱き、騎手養成学校を経て2011年にプエルトリコで騎手デビュー。同年6月にアメリカ合衆国へ渡り、ベルモントパーク競馬場で騎乗を開始し、1年目から151勝を記録した[1]

3年目の2013年に224勝を挙げ、全米リーディング(勝利数)で10位にランクインする。2014年には290まで勝ち星を伸ばしてベスト3に入り、トップジョッキーの仲間入りを果たす。2015年にはステファニーズキトゥンブリーダーズカップ・フィリー&メアターフを制するなど年間300勝の大台に乗せた[1]

2018年9月15日、ベルモントパーク競馬場の第6レースに騎乗して1着となり、通算2000勝を達成した[2]。同年は自己最多の346勝を挙げ、2年連続での北米最多勝と初の最多賞金獲得騎手に輝いた[3]

2019年、2020年シーズンも北米最多勝および最多賞金獲得騎手を獲得している[4]

弟のホセよりもを短くして、高い位置で騎乗するスタイルである[5]

主な勝ち鞍編集

※太字は米国クラシック競走およびブリーダーズカップ競走

脚注編集

  1. ^ a b 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.40】イラッド・オルティスJr. UMA-JiN(2016年7月7日付). 2018年10月27日閲覧
  2. ^ Irad Ortiz Jr. rides 2,000th career winner at Belmont Park. USA TODAY(September 15, 2018). 2018年10月27日閲覧
  3. ^ Frank Angst. Ortiz Jr. Tops Riders in North American Earnings, Wins. Bloodhorse(January 3, 2019). 2019年2月5日閲覧
  4. ^ 北米における2020年のリーディング・ホースマン - 合田直弘 | 競馬コラム” (日本語). netkeiba.com. 2021年1月6日閲覧。
  5. ^ John Seabrook. Puerto Rico’s Ortiz Brothers Light Up Horse Racing. The New Yorker(December 4, 2017). 2018年10月27日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集