メインメニューを開く

イラン・エア・ツアーズペルシア語: هواپیمایی ایران ایرتورز‎; Havāpeimā'ī-ye Īrān Eyrtūrz)は、イランテヘランに本拠を持つ航空会社イラン航空の子会社である。イラン航空を補完して国内線を運航するほか、中東域内の国際線およびヨーロッパへのチャーター便の運航もおこなう。拠点空港はマシュハド国際空港[1]

イラン・エアツアーズ
هواپیمایی ایران ایرتور
IATA
B9
ICAO
IRB
コールサイン
設立 1973年
ハブ空港 マシュハド国際空港
保有機材数 8機(21機発注中)
就航地 16都市
親会社 イラン航空
本拠地 Flag of Iran.svg テヘランイラン
代表者 マフディー・サーデギー会長
外部リンク http://www.iranairtours.ir/
テンプレートを表示
イラン・エアツアーズ航空Tu154M型機(EP-MCG)

概略編集

1973年に会社が設立されたが、本格的に活動を開始したのは1990年のことであった。

沿革編集

イラン・エア・ツアーズは1973年イラン航空によって設立された。1990年に定期航空路線としてイラン国内の観光路線での運航を開始した[1]

就航都市編集

サービス編集

イラン・エアツアーズのチケットはイラン航空のシステムを通じて予約でき、これはイランにおける予約システムにおいて唯一といえるもので大変に便利である。イラン・エアツアーズはテヘランを経由しない国内主要都市間、たとえばマシュハドシーラーズ間の路線を運航している。またイラン・エアツアーズはイラン北東部の都市で、シーア派イスラーム聖廟都市であるマシュハドを拠点とした航空ネットワーク拡大を責務としている。

事故編集

運航年数と規模の割には重大事故を度々おこしている。

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在

イラン・エア・ツアーズ 運航機材一覧
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
エアバス A300-600 2 1 280 発注中の機体はマーハーン航空からの転籍待ち
エアバスA320-200 1 173
マクドネル・ダグラスMD-82 4 158/161
マクドネル・ダグラスMD‐83 1 163
スホーイ・スーパージェット100 20
合計 8 21

2019年8月現在、イラン・エア・ツアーズの機材の平均機齢は約26.5年であり、機体の老朽化が非常に激しい。これはアメリカによるイランへの経済制裁により、航空機の購入が制限されているためである。仮にイランの航空会社が航空機を購入する場合、制裁の規定によって機齢7年以上の中古機体の購入しかできない。これはボーイング社など、アメリカ製の航空機に限らず、アメリカ製の部品を一定の割合以上使うエアバス社の機体にも適用されている。さらに現在発注中のスーパージェット100にも機体の約10%にアメリカ製部品が使われているため、制裁が適用される可能性が高い。

退役済機材一覧編集

関連事項編集

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ a b “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 94. (2007年4月3日) 
  2. ^ テヘラン空中衝突事故」『Wikipedia』2019年2月3日。
  3. ^ イランエアツアーズ945便着陸失敗事故」『Wikipedia』2019年7月6日。