メインメニューを開く

イリス号ラテン語: Iris)は、ベルギー王国首都ブリュッセルスイス連邦バーゼル=シュタット準州バーゼルを結ぶユーロシティEC)列車である。ベルギー国鉄ルクセンブルク国鉄フランス国鉄及びスイス連邦鉄道によって共同運行されている。

EuroCity.png イリス
Iris
SNCB 2001 EC Iris.jpg
ルクセンブルク駅停車中のブリュッセル行きイリス号(2010年)
概要
種類 TEE(1974–1981)
インターシティ(1981–1987)
ユーロシティ(1987–)
現況 運行中
地域 ベルギーの旗 ベルギー
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
運行開始 1974年5月28日 (1974-05-28)
運営者 ベルギーの旗 ベルギー国鉄
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク国鉄
フランスの旗 フランス国鉄
スイスの旗 スイス連邦鉄道
路線
起点 ブリュッセル南駅
終点 バーゼルSNCF駅
営業距離 592km
平均所要時間 6時間29分(バーゼル行き)
6時間33分(ブリュッセル行き)
運行間隔 毎日運行
列車番号 EC96/97
車内サービス
クラス 1等車
2等車
技術
軌間 1,435mm
電化 15kV16⅔Hz交流電化(スイス)
路線図

TEE Edelweiss 1974 summer.svg

テンプレートを表示

目次

概要編集

1974年に運行を開始した。列車名の由来はツェンネ川英語版流域に広く群生するキショウブ(黄菖蒲)で、1991年からブリュッセル首都圏地域を象徴するとなっている。イリス号の運行開始当初の種別は全車一等車TEEであったが、1981年からインターシティとなり、1987年5月31日からはユーロシティとなった。2011年ジャン・モネ号英語版が廃止されたことにより、イリス号はヴォーバン号英語版とともに毎日ブリュッセルとスイスを結ぶユーロシティ列車のひとつとなった。

歴史編集

TEE編集

 
チューリッヒ中央駅を発車するイリス号(1979年)

イリス号は、1974年5月26日エーデルヴァイス号とペアとなるTEE(Trans Europ Express)として、ブリュッセル - チューリッヒ間運行を開始した。これはヨーロッパの三大権力機構が存在するブリュッセル(欧州連合理事会)、ルクセンブルク(欧州司法裁判所)とストラスブール(欧州議会)を行き来する需要が高まったためで、イリス号はにブリュッセルを発車し、午後チューリッヒから折り返すダイヤであった。

イリス号は運行開始時の1974年5月から1981年5月までは、スイス国鉄RAe TEE II形電車が使用されていた。これはスイス連邦鉄道が1961年からTEEに投入していた電車で、4種類の電化方式に対応していた(1500V/3000V直流電化、25kV50Hz/25KV16⅔交流電化)。車輛は固定編成で、動力車は編成中ほどの4号車に設けられた動力集中式列車であった。列車の最高速度は時速160kmで、車体はスイスの軽量型車輛設計が採用された[1]

1974年5月28日、TEEイリス号はエーデルヴァイス号をペアとして運行を開始した。2つの列車は90から93までの連続した列車番号を使用し、TEE91(エーデルヴァイス号)列車がチューリッヒに到着した後、すぐにTEE92(イリス号)列車としてブリュッセルへ折り返した。

TEE93 停車駅 TEE92
運行距離 時刻 時刻 運行距離
0 16:13   ブリュッセル南 22:34 683
5   ブリュッセル北 678
12   ブリュッセル=リュクサンブール 671
68   ナミュール 616
206   アルロンフランス語版 478
233   ルクセンブルク 451
266   ティオンヴィル英語版 418
296   メス=ヴィル(英語版) 388
455   ストラスブール英語版 225
520   コルマール英語版 164
561   ミュルーズ英語版 123
595   バーゼル 88
683 23:11   チューリッヒ中央 15:37 0

1979年5月27日より、イリス号の停車駅にアールガウ州バーデンが追加された。

インターシティ編集

1981年5月30日より、イリス号に初めて2等車が連結され、再びTEEとしての条件を満たすことができなくなったため、イリス号はインターシティに降格された。列車番号はIC394/395が使用され、客車はスイス連邦鉄道のEurofima型客車英語版が使用された。

ユーロシティ編集

 
チューリッヒ中央駅行きイリス号の行先票(2011年)

1987年5月31日ダイヤ改正でユーロシティが発足した。イリス号は新設されたユーロシティに編入され、同時にイリス号のスイス側起終点駅がグラウビュンデン州クールまで延長された。

ユーロシティ編入後、イリス号の列車番号はEC94/95となったが、インターシティ時代と運行路線に変化はなかった。その後、イリス号の列車番号はEC96/97に改められた。2013年12月にダイヤ改正が行われ、イリス号の運行区間が往復ともブリュッセル - バーゼル間に短縮された。

2015年時点でスイス国鉄所属の車輛で運行され、列車の編成は7両編成で、食堂車の連結は無かった。

2016年4月3日ダイヤ改正により、前日の4月2日にイリス号及びヴォーバン号の運行終了。

時刻表編集

以下に2014年夏季の時刻表を示す[2]。なお、各国の間に時差はない。

EC97
(バーゼル行き)
停車駅 EC96
(ブリュッセル行き)
運行距離 時刻 時刻 運行距離
0 13:09   ブリュッセル南 22:51 592
2 13:13   ブリュッセル中央 22:47 590
4 13:18   ブリュッセル北 22:41 588
9 13:27   ブリュッセル=シューマン(英語版) 22:33 583
10 13:29   ブリュッセル=リュクサンブール 22:29 582
68 14:14   ナミュール 21:48 524
155 15:13   リブラモン英語版 437
201 15:42   アルロンフランス語版 20:20 391
229 16:15   ルクセンブルク 20:00 363
263 16:36   ティオンヴィル英語版 19:29 329
293 16:57   メス=ヴィル(英語版) 19:10 299
407   サヴェルヌ英語版 18:13 185
452 18:19   ストラスブール英語版 17:50 140
495 18:41   セレスタフランス語版 17:19 97
517 18:53   コルマール英語版 17:07 75
558 19:16   ミュルーズ英語版 16:46 34
592 19:38   バーゼルSNCF 16:18 0

脚註編集

  1. ^ 窪田 pp25-27
  2. ^ 『ヨーロッパ鉄道時刻表 日本語解説版 2014年夏号』p69, p248, pp232-233

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集