メインメニューを開く

イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員

ウィキメディアの一覧記事

イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員は、イリノイ州から選出されたアメリカ合衆国上院議員。6年毎に改選される。

イリノイ州は1818年12月3日に連邦に加わり、以後第2部及び第3部に属する47人が上院議員となった。上院は汚職を理由に、フランク・L・スミスの就任を2度にわたり拒否した(1926年12月及び1927年3月)が、スミス自身及び州知事はスミスが約2年間上院議員であったと見做したので、本項では彼を一覧に含めることとする。リコンストラクションの時代から上院に議席を有した4人のアフリカ系アメリカ人のうち3人は、イリノイ州第3部の議席を占めた。残る1名(エドワード・ブルック)は、マサチューセッツ州から選出された。

第2部編集

氏名 所属政党 就任 退任 退任理由 備考
ジェシー・B・トマス   民主共和党 1818年12月3日 1829年3月4日 引退
ジョン・マクリーン   民主党 1829年3月4日 1830年10月14日 死亡 イリノイ州下院議長(1820年 - 1822年、1826年 - 1830年)
かつては第3部の上院議員を務めた
デイヴィッド・J・ベイカー   民主党 1830年11月12日 1830年12月11日 引退
ジョン・マクラッケン・ロビンソン   民主党 1830年12月11日 1841年3月4日 引退
サミュエル・マクロバーツ   民主党 1841年3月4日 1843年3月27日 死亡
ジェームズ・センプル   民主党 1843年12月4日 1847年3月4日 引退 イリノイ州下院議長(1834年 - 1838年)
スティーヴン・A・ダグラス   民主党 1847年3月4日 1861年6月3日 死亡 民主党大統領候補者(1860年)
オーヴィル・ヒックマン・ブラウニング   共和党 1861年6月26日 1863年1月12日 引退 内務長官(1866年 - 1869年)
ウィリアム・アレグザンダー・リチャードソン   民主党 1863年1月30日 1865年3月4日 引退 ネブラスカ準州知事
リチャード・イェーツ   共和党 1865年3月4日 1871年3月4日 引退 イリノイ州知事(1861年 - 1865年)
ジョン・A・ローガン   共和党 1871年3月4日 1877年3月4日 再選に失敗 アンドルー・ジョンソンに対する上院での弾劾裁判における、下院の弾劾責任者。
のち、イリノイ州第3部の議席を占めた
デイヴィッド・デイヴィス   無所属 1877年3月4日 1883年3月4日 引退 アメリカ合衆国最高裁判所判事(1862年 - 1877年)
上院仮議長(1881年 - 1883年)
シェルビー・ムーア・カロン   共和党 1883年3月4日 1913年3月4日 イリノイ州知事(1877年 - 1883年)
J・ハミルトン・ルイス   民主党 1913年3月26日 1919年3月4日 再選に失敗 イリノイ州下院議長(1861年 - 1863年、1873年 - 1875年)
上院多数党院内幹事(1913年 - 1919年、1933年 - 1939年)
ジョーゼフ・M・マコーミック   共和党 1919年3月4日 1925年2月25日 死亡[1]
チャールズ・S・デネーン   共和党 1925年2月26日 1931年3月4日 再指名獲得に失敗 イリノイ州知事(1905年 - 1913年)
J・ハミルトン・ルイス   民主党 1931年3月4日 1939年4月9日 死亡 上院多数党院内幹事(1913年 - 1919年、1933年 - 1939年)
ジェームズ・M・スラットリー 民主党 1939年4月14日 1940年11月21日 補欠選挙で敗北
チャールズ・W・ブルックス 共和党 1940年11月22日 1949年1月3日 再選に失敗
ポール・ダグラス   民主党 1949年1月3日 1967年1月3日 再選に失敗
チャールズ・H・パーシー   共和党 1967年1月3日 1985年1月3日 再選に失敗
ポール・マーティン・サイモン 民主党 1985年1月3日 1997年1月3日 引退 イリノイ州副知事
ディック・ダービン   民主党 1997年1月3日 現職 上院民主党院内幹事(2003年 - )
上院多数党院内幹事(2007年 - )

第3部編集

氏名 所属政党 就任 退任 退任理由 備考
ニニアン・エドワーズ   民主共和党 1818年12月3日 1824年3月4日 辞任 ケンタッキー州最高裁判所長官(1808年)
イリノイ準州知事(1809年 - 1818年)
イリノイ州知事(1826年 - 1830年)
ジョン・マクリーン   民主党 1824年11月24日 1825年3月4日 引退 イリノイ州下院議長(1820年 - 1822年、1826年 - 1830年)
イライアス・ケイン 民主党 1825年3月4日 1835年12月12日 死亡
ウィリアム・リー・D・ユーイング   民主党 1835年12月30日 1837年3月4日 引退 イリノイ州下院議長(1830年 - 1832年)
イリノイ州知事(1834年)
リチャード・M・ヤング   民主党 1837年3月4日 1843年3月4日 引退
シドニー・ブリーズ   民主党 1843年3月4日 1849年3月4日 再指名獲得に失敗 イリノイ州下院議長(1851年 - 1853年)
イリノイ州最高裁判所長官(1867年 - 1870年、1873年 - 1874年)
ジェイムズ・シールズ   民主党 1849年10月27日 1855年3月4日 再選に失敗 のち、ミネソタ州及びミズーリ州選出上院議員
ライマン・トランバル   共和党 1855年3月4日 1873年3月4日
リチャード・ジェイムズ・オグレスビー   共和党 1873年3月4日 1879年3月4日 引退 イリノイ州知事(1865年 - 1869年、1873年)
ジョン・A・ローガン   共和党 1879年3月4日 1886年12月26日 死亡 アンドルー・ジョンソンに対する上院での弾劾裁判における、下院の弾劾責任者。
イリノイ州第2部の議席をも占めた
チャールズ・B・ファーウェル   共和党 1887年1月19日 1891年3月4日 引退
ジョン・M・パーマー   民主党 1891年3月4日 1897年3月4日 引退
ウィリアム・E・メイソン   共和党 1897年3月4日 1903年3月4日
アルバート・J・ホプキンズ   共和党 1903年3月4日 1909年3月4日 再選に失敗
ウィリアム・ロリマー   共和党 1909年6月18日 1912年7月13日 選挙無効 汚職により、上院は選挙を無効とした
ローレンス・イェーツ・シャーマン   共和党 1913年3月26日 1921年3月4日 イリノイ州下院議長(1899年 - 1903年)
イリノイ州副知事(1905年 - 1909年)
ウィリアム・B・マッキンリー 共和党 1921年3月4日 1926年12月7日 再指名獲得に失敗 イリノイ州下院議長(1913年 - 1915年)
フランク・L・スミス   共和党 1926年12月7日 1928年12月3日 着任せず、辞任
オーティス・F・グレン 共和党 1928年12月3日 1933年3月4日 再選に失敗
ウィリアム・H・ディーテリック   民主党 1933年3月4日 1939年1月3日 引退
スコット・W・ルーカス 民主党 1939年1月3日 1951年1月3日 再選に失敗 上院少数党院内幹事(1947年 - 1949年)
上院多数党院内総務(1949年 - 1951年)
エヴァレット・ダークセン   共和党 1951年1月3日 1969年9月17日 死亡 上院少数党院内総務(1959年 - 1969年)
ラルフ・タイラー・スミス   共和党 1969年9月17日 1970年11月3日 補欠選挙で敗北 イリノイ州下院議長(1967年 - 1969年)
アドレイ・スティーヴンソン3世   民主党 1970年11月17日 1981年1月3日 引退
アラン・J・ディクソン   民主党 1981年1月3日 1993年1月3日 再指名獲得に失敗
キャロル・モーズリー・ブラウン   民主党 1993年1月3日 1999年1月3日 再選に失敗 上院初の黒人女性議員にして、イリノイ州選出上院議員として初の黒人議員
ピーター・フィッツジェラルド   共和党 1999年1月3日 2005年1月3日 引退
バラク・オバマ   民主党 2005年1月3日 2008年11月16日 辞任 大統領(2009年 - )
ローランド・バリス   民主党 2008年12月31日 [2] 2010年11月29日 出馬せず イリノイ州司法長官(1991年 - 1995年)
イリノイ州会計監査官(1979年 - 1991年)
マーク・カーク   共和党 2010年11月29日 2017年1月3日 再選に失敗 イリノイ州下院議員 (2001年 - 2010年)
タミー・ダックワース   民主党 2017年1月3日 現職 イリノイ州退役軍人局長(2006年 - 2009年)
退役軍人省次官補(2009年 - 2011年)
イリノイ州下院議員(2013年 - 2017年)

編集

  1. ^ マコーミックは再指名を受けられなかったため、生存していたとしても2期目を務めることはできなかった。
  2. ^ 12月31日に指名されたが、就任宣誓をしたのは翌年1月15日である。これは、彼を指名したロッド・ブラゴジェヴィッチ知事が、指名の見返りに金銭を得ようとしたとの疑惑が生じたためである。「『議員資格ない』オバマ氏後任の上院議員、議場入り拒まれる」(読売新聞、2009年1月7日)。「オバマ次期大統領の後任上院議員が就任 州汚職知事指名のバリス氏」(産経新聞、2009年1月16日)。

関連項目編集