イリヤ・ムーシン

イリヤ・アレクサンドロヴィチ・ムーシンロシア語: Илья Александрович Мусин、Ilya Musin、1904年1月6日(当時ロシアで用いられていたユリウス暦では1903年12月24日)、コストロマ - 1999年6月6日サンクトペテルブルク)は、ロシアの音楽教育者、クラシック音楽の指揮者。

イリヤ アレクサンドロヴィチ ムーシン
生誕 (1904-01-06) 1904年1月6日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国コストロマ
死没 (1999-06-06) 1999年6月6日(95歳没)
ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

人物編集

指揮法の理論家としてフィンランドヨルマ・パヌラオーストリアハンス・スワロフスキーカール・エスターライヒャーイタリアフランコ・フェラーラなどと並ぶ卓越した存在であり、「サンクトペテルブルク指揮楽派」「レニングラード指揮楽派」[1]の創始者である。

ムーシンは1919年にサンクトペテルブルク音楽院に入学し、最初はピアニストとしてニコライ・ダバソフ((Дубасов Николай Александрович)とサマリー・サフシスキー(Савшинский Самарий Ильич)の下で学んだ。彼は1925年から指揮法を伝説的な巨匠であるニコライ・マルコアレクサンドル・ガウクに学んだ。1934年にレニングラート・フィルハーモニー交響楽団フリッツ・シュティードリーの副指揮者となった。その後ソビエト連邦政府の指示によりミンスクに移り、ベラルーシ国立管弦楽団を指導した。

戦時中にはタシュケントに疎開し、1942年6月22日に同地でショスタコーヴィチ交響曲第7番を演奏した。これはクイビシェフ(現サマーラ)でのサムイル・サモスードの指揮による初演に続く、同曲の二度目の演奏だった[2]

教育活動編集

しかしムーシンの指揮者としての経歴は必ずしも華々しいものではなかった。彼は本質的には教育者だった。彼は指揮法の詳細な体系、指揮法の「科学」とでもいうべきものを究明した。その試みは1967年発表の主著、『指揮法の技術』(Техника дирижирования) に総括されている。ムーシンは自身が打ち立てた体系の基本原則を次のように公式化した。

指揮者は自らのジェスチャーによって音楽を表現しなくてはならない。指揮には音楽に生き生きとした豊かな表情を与えることと、アンサンブルの技術的な側面との二つの要素がある。これらは互いに弁証法的に対立する関係にあり、指揮者は両者を融合させる方策を見出さなければならない。

彼はすでに1932年にはレニングラート音楽院で教育活動を始めており、教育者としての経歴は60年以上にも亙る。教え子には次のような著名な指揮者がいる。コンスタンチン・シメオノフオディッセイ・ディミトリアディアルノリト・カッツヴラディスラフ・チェルヌシェンコユーリ・テミルカーノフヴァシリー・シナイスキーヴィクトル・フェドートフレオニート・シュリマンアンドレイ・チスチャコフルドルフ・バルシャイラヴィル・マルティノフヴァレリー・ゲルギエフエマニュエル・ルデュック=バロムショーン・エドワーズエンニオ・ニコトゥラセミヨン・ビシュコフトゥガン・ソヒエフミハイル・スニトコワシーリー・ペトレンコなど。彼の教育体系は世代を越えて、直接の弟子から若い指揮者へと受け継がれている。なお、彼自身の指揮者のキャリアも長く、94歳まで演奏会で指揮をした。

1998年[3]に来日し、京都市交響楽団を指揮した。既に高齢であったムーシンは演奏できるかどうか直前まで確定していなかったが、当日には元気な姿で演奏した。ムーシンはその翌年に死去したため、生涯で唯一の来日演奏会となった。

顕彰編集

著書編集

関連文献編集

  • English Translation by Oleg Proskurnya, The Techniques of Orchestral Conducting by Ilia Musin[8], Lewiston, N.Y. : The Edwin Mellen Press, 2014. ISBN 978-0-7734-0051-1
  • Ennio Nicotra, Introduction to the orchestral conducting Technique in accordance with the orchestral conducting school of Ilya Musin. Book + DVD, English, Italian, German and Spanish text. Edizioni Curci Milano, Italy 2007 ISBN 978-8-8639-5061-8[9][10]

脚注編集

  1. ^ Ilya Musin, Russian Conductor and Mentor, Dies at 95”. www.nytimes.com. www.nytimes.com. 2020年9月20日閲覧。
  2. ^ Последний из могикан”. www.proarte.ru. 2018年12月15日閲覧。
  3. ^ 98年デビューコンサート”. www.deaf.or.jp. 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ musin-tehnika-dirizhirovanija”. dirigent.ru. 2018年12月15日閲覧。
  5. ^ musinovospitaniidirigera”. dirigent.ru. 2018年12月15日閲覧。
  6. ^ Уроки жизни”. search.rsl.ru. 2018年12月15日閲覧。
  7. ^ musin-jazyk-zhestapamyanka1”. dirigent.ru. 2018年12月15日閲覧。
  8. ^ Techniques-of-Orchestral-Conducting-by-Ilia-Musin”. mellenpress.com. 2018年12月15日閲覧。
  9. ^ book e dvd”. www.musinsociety.com. 2018年12月15日閲覧。
  10. ^ Introduzione alla tecnica della direzione d'orchestra”. Edizioni Curci Milano. 2018年12月15日閲覧。

外部リンク編集